日本の占い界を牽引した佐藤六龍師の著書100余冊を好評販売中!

師の膨大な知識を、占いを研究するみなさまへ

わかりやすく伝達する【占い教室】は、

東京(渋谷区)で開講中!
 


【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

座山

『羅経』(1尺2寸)入荷いたしました!

【占術の特色】《風水・六壬・奇門推命・座山・紫薇家訓・火珠林》


【 占術の特色 】

《風水・六壬・奇門推命・座山・紫薇家訓・火珠林》

- 季刊「五術」・平成6年9月号掲載文から抜粋 -


佐藤六龍著




占術の特色という事について考えてみましょう。というのは、毎年新講習を開講するたび、
科目(占術)の違いを質問されるからです。もっとも、当方側の言い分を述べさせても
らえば、広告カタログに、きちんとその占術の特色や違いが記されているのですが、皆さん
はまったく読まないで、「どうちがう?」 の一点張りです。

書籍でも、四柱推命の書が何十冊とあるがどうちがうか?という愚問を発する人が多い
のには困ってしまいます。

名称がちがえば、内容がちがうのは当然で、どうちがうかは、その本一冊読まないことには
説明がつかないのですが、こうした常識的な点がわからない人が占術を研究するため、
占術全体がおかしくなってしまうのです。

本誌前号に田宮規雄先生が「当たるという事はどういうことか」を書かれていますが、
この占術上の常識からはずれた占断を当たったように考えている非常識さをいましめた
原こうです。

さて、大阪教室では十月から新規開講されますが、その中で「風水龍穴科・遁甲座山
科・六壬占卜科・紫薇家訓科・遁甲推命料・断易火珠林科」 の六科目は、まったく
初めて公開する科目または数年ぶりの科目です。五年・十年来ている人でも、「どんな
内容ですか?」とたずねるのには、まいってしまいます。

占術には大別して、命・卜・相の三大別があり、さらにその中で占術原理が同じで
あっても、その占術特有の特色や長所があるのです。そこで、これを上手に応用すること
により、世間の人間が巻き起こす吉凶現象が的確にとらえられるのです。

けっして同じ内容でもなければ、研究して損をしたという事は絶対にないのです。

「奇門遁甲推命術」は、占トの遁甲原理を使用した推命術です。命には、子平と紫薇
の二大推命がありますが、それ以外にも、この遁甲推命、さらに六壬推命・河洛推命が
あります。

この 「遁甲推命」 の特色を一言でいいますと、その人の運命の特徴・特有の事象が大
きくはっきりと推命できるという点です。もともと 「遁甲」という五術(命卜相医山)すべ
ては、他占術とちがって、あらゆる事がら(命でもトでも)を平均的にみないで、特色を
しぼり出し、そこに焦点をあてて判断していく占術です。

遁甲術ではこれを吉凶の現象の整理として「奇門四十格」としてあります。つまり、ある
物事をはかる基準を四十格という物差しに当てはめてみるわけです。もちろん人間社会
は複雑で多端ですから、四十で割り切れるものではありませんが、物差し・特徴と考えた
場合に、他の命の占術よりも判断しやすい、運勢傾向がわかる、人生処世方針として
活用できる、という有利な点が出てきます。

結論的にいいますと、子平の用神、紫薇の身宮、河洛の世爻、六壬の第一課、に当た
るもので、その人の

運勢の傾向特徴
吉凶現象の特色
人生航路の傾向
職業選択の参考

が、他占術よりもより的確にみられるという事でしょう。


運勢傾向の特色を中心にした 「奇門推命」 に対して 「開運紫薇家訓」は、まったくち
がった観点に立った推命術です。本来、紫薇推命はごく一般的な人間の命の吉凶を平均
的にみていく推命術なのですが、これはむしろ占トの遁甲のような考え、つまり選吉避凶を
中心にした推命術です。そこから開運・家訓という言葉が出てきたのです。

「紫薇推命術」は、人間の運勢を十二の項目に分けてそれぞれ推命しています。これは
先天的な命を断定したものです。吉なり凶なりの宿命的な事象が判断する方法がとられ
ていますが、人間ですからそれらの事象を行動によって多少改められます。それを応用した
のがこの家訓推命術です。

疾厄宮に貪狼という凶星があり、腎系の疾病にかかりやすい、これが一般の紫薇推命。
家訓はそれに対して、利水作用のある食品を食べて、たえず腎臓を守り、寝る寸前に風
呂に入り腎を補しておけば、貪狼の凶兆が出ない、と説く推命術です。

実に合理的であり、かつ実用性のある開運推命術です。

そこには占術というより、高度の処世術が常識的に展開されています。夫妻宮に羊刃陀
羅の凶星が入っていて、夫妻分飛(離婚)の凶運がある命には、妻のお化粧を手つだ
ってやれ、神仏に手を合わせる事を今日からやめ、夫に手を合わせろ!というほほえまし
い避凶法が説かれているのです。


【注】 子平・遁甲・六壬の各典故がありますが、この紫薇家訓推命術は、別名を紫薇
典故ともいうもので、この十二宮の避凶選吉の具体的事象を、中国の典故によって記述、
中国学をやる者にとっては無上の宝となるものです。
 


先日、NHKが九十分番組「風水」をとりあげ、京都に焦点をしぼり、香港の風水師を招聘
しての放映でした。またまた否定になるので、六龍の悪口が!といわれそうですが、真実は
一つですからあえて記しておきます。


そもそも、風水は、墓相地相を云云するもので、そこに家相をつけたものをいいます。です
から、五術すべてに「風水」はあります。つまり子平・紫薇・遁甲・六壬・河洛のすべてに
この風水があります。


しかし、一般に「風水」という場合は、奇門遁甲の風水をいいます。この奇門遁甲といって
も、非常に多くの種類や各流派があります。大別しますと、


神殺派の遁甲・風水
三合派の遁甲・風水
三元派の遁甲・風水


に分けられます。もちろん正式の奇門遁甲術の原理からいえば、この最後の三元派の遁
甲風水が正しく学問的な占術なのです。諸葛孔明伝、劉伯温完成というのはこの三元
派の遁甲をいうのであり、小生の透派の奇門遁甲術もこれに当たります。

先日のNHKの風水はこの三元派ではなく、三合派の風水です。羅経(羅盤と放映し
ていましたが磁石の一種)は派によってそれぞれちがいます。三合派と神殺派は同じ羅
経を使用することもあります。


正しい三元派の風水は、羅経を使用して方位を定め、さらに「龍穴砂水」をみ、さらに
遁甲陽盤・遁甲陰盤をつくり、それから吉凶をみるのが正しい風水遁甲術です。先日
のNHKの風水は単に神殺派の羅経で方位をみて、吉凶を云云していましたが、風水
はあんな簡単なものではありません。


今回、大阪でやる「風水龍穴」は、この三元派の正しい風水を公開します。龍穴砂水
によって、家運と個人運の吉兆を求める秘法です。
これを遁甲の座山盤に応用したのが「奇門遁甲座山科」です。これまで、奇門遁甲の
高等科で座山としてとりあげていたのですが、科目を新しく設け、座山の効果的な使用
法を説いたもので、立向方位の動に対して、座山の動かなくても使える方位という観点
から開運を説いたものです。


 「六壬占卜」 は、「ト」 の占術では王者といわれるもので、その判断の範囲の幅の広
さ、象意のくわしさと細かさは、他占術の追随を許さないすばらしさをもったものです。

よく、五行易とどうちがうか、と問われるのですが、最初にも書きましたように、まったく
違う占卜ですと答えるのが一番正しいでしょう。 特色としては、事件(占的占事)
が複数(少し変な言いまわしですが?)にわたるもの、人事関係の占卜、の点を
鑑定するのにぴったりの占術です。


六壬は占術の構成が、断易に比べて単純ではありません。断易は、占的に対して
用神というある一つの焦点しか設定できないのに対し、六壬は実に多く焦点を設定
します。つまり、それだけ占時(占的)に対して広範囲な見方ができるという事に
なるわけで、これが六壬の特色といえましょう。


六壬は、三伝といって占事の時間経過をみるものを設定し、きらに四課といって占事
に対する焦点を四つ設定するのです。

結婚であったら、一課が男性、二課がこの男性やこの結婚に一番影響をあたえている
もの、三課が女性、四課がこの女性やこの結婚に一番影響をあたえているもの、という
設定です。


ですから、男のかげの女性や反対者も、女のかげの男性や反対者もみられることにな
り、さらに、そもそもの結婚話の発端から経過結論まで三伝でわかるわけです。
前述の特色として、複数の事という意味は、こうしたことです。それから二番目の対人
関係というのは、六壬の構成が二課と三課という設定ですから、あらゆる対人関係が
ずばりわかる占術ということになります。

男と女、夫と妻、彼と我、原告と被告、病人と医師、母と嫁のような対人関係です。

五行易の世爻と同じではないか、といわれる人がありますが、前述しましたように、五
行易には出ない、彼我の二者にさらに影響をあたえている二点がわかる、という点です。

また、対人関係以外でも、この原則(影響をあたえているという二点)を応用します
から、占卜としては象意がくわしくみられることになるわけです。


例えば、脱サラで飲食店をやるという占事の場合、 


第一課が脱サラの本人
第二課が助ける妻なり資金援助者
第三課が商売そのもの
第四課が商売に影響をあたえるもの(お客・商売敵・官庁)


というふうに、断易にはみられない広範囲な占事判断が可能です。


さらに、六壬には二種類の象意判断の極め手となる虚星が使用されます。自己を中心と
した立場の象意として六親星、万人の立場からの象意として十二天将星 ― です。

害をあたえる凶星という場合に、官鬼(六親星)なら自己にとっての凶兆で、監督官
庁、税務署といえます。それが白虎(十二天将星)なら万人にとっての凶兆で、迷惑
をかける客、暴力団、商談そのものにとっての凶兆で欠陥商品とか食あたり、といえましょう。
このように六壬占卜は非常に特徴の多いものです。


「断易火珠林」は、五行易の原点ともいえるものですが、書が非常に少なく、まず中国
の大きな図書館でもいかなければみられない奇書稀書です。


かつて、「漢易の研究」 という大論文で博士号をとった鈴木由次郎氏がその中でこの
火珠林を周易の書としてとりあげていました。つまり巷間にないので読まないで論文を
書いたため、こうしたまちがいが起こるのです。


内容は五行易の根本原則を的確にとらえたものです。中でも他の五行易とまったく考
えを異にしたものとして、「公私用事・財官輔助」という説です。


これは、子平とまったく同じ考え方で、子平では、財と官で子平が構成されているという
のに対し、火珠林は、官鬼爻の輔が父母爻、妻財爻の輔が子孫爻という考えです。

また、公的占事と私的占事を分けてとる用神の取り方なども独得の取り方です。

その外、「独発乱動、世応相剋・出現伏蔵・出現重畳・覆射物色……」など独得の
見方があり、占術研究家にとっては非常に興味のある占術といえましょう。



( 季刊「五術」・平成6年9月号掲載文から抜粋 )







4月新開講!【奇門遁甲高等科】のおすすめ



【奇門遁甲高等科】のおすすめ!


《東京教室》 土曜Bクラス(月1回・1年間)


立向方位と座山方位の体用二大方位盤と命式による開運活用法





・開講日:4月25日(土)

・時 間:10:50〜12:00

・講 師:陽 政道先生

・受講資格:奇門遁甲初等科修了者。または、今回同時受講者






命式の凶兆をおさえ、吉兆を倍加する開運の術!

奇門遁甲の初等科では、吉方位に動いて開運する方法を勉強しますが、
高等科では、移動をしないで、家に居ながらにして吉方使用ができる方法
(座山遁甲方位)を学びます。
また、個人差と目的別の使用法を詳しく説きます。




■遁甲術全般の応用活断の密伝までを公開。

■四柱推命術の命式に合わせて、命式の凶兆をおさえ、命式の吉兆を
倍加させる、奇門遁甲の最高密儀の地盤干の用い方を公開。

■命式の凶兆がおさえられます。









★奇門遁甲高等科・テキストのご紹介★


tisyo

『奇門遁甲地書評註』 


座山盤という”静”の方位使用法の盤作りと遁甲の秘伝、遁甲応用の推命術が書いてあります。











★平成27年1月〜3月の造作吉方位のご案内★


遁甲造作で開運を!



動かずに、居ながらにして方位の吉兆が得られる!




【遁甲造作とは】

「羅経」と他の資材を地面に埋めることをいいます。
吉方位には、次のようなものがあります。


・求財(財を求める。商売繁盛。取引先拡大。)
・求智(学力、知恵の増強を求める。受験合格。)
・求安(家庭安泰、安定したもめ事のない暮らしを求める。健康長寿。)
・求官(昇進、地位向上、目上の引き立てを求める)
・求信(取引先からの信用を得る。)
・求勝(裁判や入札などで勝利を得る)
・求情(男女間の良い縁や出会いを求める。人気を得る。)




1-3 造作薬草一覧




rakei55-1



それぞれの吉方位は、毎月定期的にあるものではないので、その機会を逃さずに
行う必要があります。
造作をしてから効果が出る時期までの期間も考える必要があります。


                          

「五術運命学」を、開運の道具として上手に使ってください。
正しく使えば、運勢を自分の希望に近づけるための、すばらしい道具です。





※1月の造作でご利用になる羅経や造作資材をお求めの方は、お早めにご注文ください。
年末年始休暇もあり、ご注文から、納品まで、少々日数を要します。















遁甲造作のおすすめ


遁甲造作で開運を!


動かずに、居ながらにして方位の吉兆が得られる!




【遁甲造作とは】

「羅経」と他の資材を地面に埋めることをいいます。
吉方位には、次のようなものがあります。




・求財(財を求める。商売繁盛。取引先拡大。)

・求智(学力、知恵の増強を求める。受験合格。)

・求安(家庭安泰、安定したもめ事のない暮らしを求める。健康長寿。)

・求官(昇進、地位向上、目上の引き立てを求める)

・求信(取引先からの信用を得る。)

・求勝(裁判や入札などで勝利を得る)

・求情(男女間の良い縁や出会いを求める。人気を得る。)





四柱推命や紫薇推命(運勢を鑑る運命学)で運勢をみて、運勢があまりよくない場合、
奇門遁甲(方位の運命学)で、よくない運勢を引き上げる「開運」もできるのです。




H10-12kippoi2





それぞれの吉方位は、毎月定期的にあるものではないので、その機会を
逃さずに行う必要があります。

造作をしてから効果が出る時期までの期間も考える必要があります。

                          

「五術運命学」の奇門遁甲を、開運の道具として上手に使ってください。


正しく使えば、運勢を自分の希望に近づけるための、すばらしい道具です。






zousa2


















9月17日入荷予定 『平成27年版 遁甲ポケット便覧』


『平成27年版 遁甲ポケット便覧』






胸ポケットにスッポリ入るサイズ。

携帯に便利で、毎年大好評!





poke-syo



poke2



※写真は、参考写真です。表紙の色は毎年変わります。
※平成26年9月17日入荷予定です。 





四柱・五行易・気学にも使用できます 〔サイズ 117×65澄



★価値ある携帯用遁甲ポケット便覧★





遁甲ポケット便覧 見本




移転・座山造作他開運吉方位


遁甲を知らなくても月盤(立向・座山)の吉凶がわかる





立向座山の月盤の遁甲盤と方位別吉凶一覧・奇門四十格(吉格・凶格)入り

立向座山の日盤の局数(九宮の中宮)

立向時盤の節気表

旬首六儀表、節気・九星・八門の定位

二十四節気、日の干支、七曜、六曜

立向月盤の九宮の中宮数表・立向時盤の九宮の中宮数表・干支応期表(陽遁・陰遁)

四柱変通星・十二運表、支合・支冲・三合・方局、干合、十二支の根としての作用
 
時の干支早見表。六十干支表(空亡付)

五行易便覧(十二運・八卦納甲一覧)

気学の日の九星も入っています

平成27年の年齢早見表(大正6年〜平成27年)






 《香草社オンライン書店》 で、販売中!

※発送は、平成26年9月17日以降(入荷後)となります。












遁甲造作で開運を!《開運造作吉方位のご案内》


遁甲造作で開運を!


動かずに、居ながらにして方位の吉兆が得られる!




【遁甲造作とは】

「羅経」と他の資材を地面に埋めることをいいます。
吉方位には、次のようなものがあります。



・求財 (財を求める。商売繁盛。取引先拡大。)
・求智 (学力、知恵の増強を求める。受験合格。)
・求安 (家庭安泰、安定したもめ事のない暮らしを求める。健康長寿。)
・求官 (昇進、地位向上、目上の引き立てを求める)
・求信 (取引先からの信用を得る。)
・求勝 (裁判や入札などで勝利を得る)
・求情 (男女間の良い縁や出会いを求める。人気を得る。)





9-10





それぞれの吉方位は、毎月定期的にあるものではないので、その機会を逃さず
に行う必要があります。

造作をしてから効果が出る時期までの期間も考える必要があります。







zousa2






四柱推命や紫薇推命(運勢を鑑る運命学)で運勢をみて、運勢があまりよくない場合、
奇門遁甲(方位の運命学)でよくない運勢を引き上げる「開運」もできるからです。
                          

「五術運命学」を、開運の道具として上手に使ってください。
正しく使えば、運勢を自分の希望に近づけるための、すばらしい道具です。










平成25年1月〜4月の【遁甲造作吉方位のご案内】

【遁甲造作吉方位のご案内】



奇門遁甲を使って、吉を呼び込んでください!



遁甲造作の応期(効果が出る時期)を逆算して、早めに造作することが大切です。



たとえば。。。

受験生には、「求智」の造作をして、学力向上・学習意欲増大・受験合格を!

大きな取引の予定がある事業主さんは、その日に向けて、「求財」や「求信」の造作を!

ご家族の健康や安定がなにより。とにかく、家族みんなで波風なく穏やかに暮らしたいと
いう方は、「求安」の造作を!


会社での昇進を目指す方は、上司からの引き立てを得られるように、「求官」の造作を!

趣味・芸事などで向上し、上級を目指したい方は、「求道」の造作を! 








1-4































【東京教室】吉運を呼びよせる《特別一日講習》

【東京教室】 吉運を呼びよせる 《特別一日講習》


   どなたでも受講できます!


     最強の方位占術

【開運占術・遁甲方位活用法】 


11〜12月の目的別吉方位(立向・座山)を詳しく解説
よりよい人生を歩くための方法
                         
運に作用する奇門遁甲で開運してください

★11月には、大大吉の吉方位があります!★



◇動の方位と静の方位
    動(立向)自らが動く場合の方位のみかた
    静(座山)動かずに方位作用を起こす方法


◇目的による方位の使い方
    商売繁盛、財運向上、受験合格・学力向上・
      資格試験、縁談、就職、対人関係向上


◇11月の立向座山月盤実例
      求智(受験合格・学力向上・資格試験)
    求財(商売繁盛、財運向上)
  求官(地位向上、名声発揚)




  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 


【日  時】平成23年11月23日(水・祝) 13:30〜15:30


【受講料】 一般:16,800円  季刊五術購読者:12,800円
       特別会員:10,500円  現講習生 : 8,400円


【講 師】 内野 昇先生


【会 場】 東京・渋谷 香草社3階講習室


【教 材】 遁甲ポケット便覧 H24年版 1,350円(受講者割引)
            ※教材は必ず事前にご購入の上、持参ください。


【参考書籍】 『奇門遁甲天書評註』と『増補・五術万年暦』
をお持ちの方はご持参ください。


【申込方法】11月18日(金)までに、電話・FAX・Eメールにてお申し込みください。 
     ※最少催行人数に満たない場合は中止する場合がございます。


【納入締切日】11月18日(金) 午後5時までに、香草社6階事務所にてご納入ください。
              ご送金の場合は、11月18日(金)必着にてご送金ください。
                                   

   



月別アーカイブ
お知らせ


6月の新刊!

『続・占いを愛した人たち』


― 五術家列伝・珍談奇談 ―

明治大正昭和に活躍した名物易者の話




定価 2,800円(税込)


7/31まで発刊記念割引
2,520円(税込)








★復刊★


体質を常態と病態に分けて
食物を効率的に摂る法


『五行別食事療法』



(定価 3,240円)







★10月開講★

【占い教室】(後期)

《H30.10月〜H31.3月》

五行易高等科 (月2回)
紫薇推命高等科(月2回)
四柱推命高等科(月1回)
四柱推命中等科(月2回)
奇門遁甲高等科(月2回)
二十八宿生日推命科(月1回)
※二十八宿生日推命科のみ
どなたでも受講可。








※詳細はお問合せください。
フリーダイヤル
0120-289-850






livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード