日本の占い界を牽引した佐藤六龍師の著書100余冊を好評販売中!

師の膨大な知識を、占いを研究するみなさまへ

わかりやすく伝達する【占い教室】は、

東京(渋谷区)で開講中!
 


【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

卜筮正宗

お待たせいたしました!『これで身につく五行易』再版!









ご要望にお応えして再版!
並製本にし、お求めやすい価格に!


《これで身につくシリーズ》四柱・紫薇に次ぐ第3弾


これで五行易が自由自在に使いこなせるようになります!

世に言う五行易の聖典『卜筮正宗』『増刪卜易』を超えた、
真に、今、使える五行易占術!





占的別五行易判断法秘伝

【これで身につく五行易】




佐藤六龍著
(A5判・並製・308ページ)

定価 10,800円(税込)






五行易の原則は、五行の生剋という非常に単純なものです。
ただ、占時占的によって、この判断原則 ― 月建日晨、空亡、動爻化爻、原神忌神、進神退神、六合六冲卦、反吟伏吟 ― 
の中のどれを優先的に見るか、優先順位が多少変わってきます。

この占時占的の違いによる判断のコツを、占時的に整理して説いてあります。



◆占時(占う事柄)別に用神の取り方・判断のコツが整理してあります。

◆占時別に「見る優先順位」が明確に述べてありますから、吉凶入り交じった卦でも迷わず判断できます。

◆占例58例をあげ、具体的にわかりやすく述べてありますから、どなたでも納得がいき、五行易が身につきます。



狆鐚鵜瓩郎や、この言葉自体が凡庸と同様にみられ、日陰に追いやられている感がありますが、これはとんでもないことで、占術、特に五行易では、もっとも大事なことです。用神の取り方でも、判断の細部においても、現実の今の社会状況や常識がわかっていないと、間違いを犯す事になります。

病気占で同じ吉の卦が出ても、「怪我の治療中だが治るか?」という場合と、ガンの人とでは、答え方が違ってきます。怪我の人には「治るでしょう。」と答えても、多くの場合ガンの人に「完治するでしょう」とは言えません。しかし、これも早期の乳ガンなら、今では「治るでしょう」と言ってよいかもしれません。こうした常識が、実際の判断では大きくものを言うのです。

五行易の書は数多くありますが、ちょっと考えると、頭をひねってしまうものがほとんどです。理論が整理されていない、常識がない、というのが因です。これは、ある部分、五行易の聖典とされる野鶴老人の『増刪卜易』(香草社刊『五行易最奥秘儀(正続)』)や『卜筮正宗』(香草社刊『断易十八問答秘解』)についても言えることです。こうした点から、本書では、『五行易最奥秘儀(正続)』『断易十八問答秘解』に出ている占例をあえて数例取りあげ、断の正しい点、間違った点を明示し、解説を加えました。先のことが十分納得いただけると思います。










割引期間終了間近!最新刊 『光山流秘伝 五行易の真髄』

割引期間終了間近!



読者様から、絶賛のお声が続々!


最新刊 『光山流秘伝 五行易の真髄』



 

【割引特価・送料サービス期間:平成26年11月30日まで】

定価 21,600円(税込) → 割引特価 19,440円(税込)  送料サービス




go-sinzui

大熊光山口述・佐藤六龍著

A5判・上製函入り・342ページ



五行の用神・判断がすぐできるようになります


■師直伝の光山流五行易の大秘伝
■長年にわたる大熊光山先生講義ノートの公開
■光山流五行易・六龍五行易の集大成
■五行易の素晴らしさ・面白さを再確認させられる書


中国の五行易(断易)の二大聖典と称される『増刪卜易』・『卜筮正宗』は、
五行易理論の基礎となるものであり、この二書が果たした役割には大きな
功績があります。一方、理論を述べた章では明快に理論が整理されていな
がら、実占例の章では、その理論に反するような断が成されている、という
ように、功罪相い混じる点があります。

本書は、先に述べたような、中国書特有の占断に疑問の残る占例を抜き出
し、正しい五行易の理論と光山流の易解釈で、再検討した書です。

佐藤六龍先生が、大熊光山師から長年にわたり、個人的に講義を受けられ
たものです。そこには、重要な光山流秘伝や、五行易の大原則に則した真
の五行易の用い方が述べられており、五行易の真髄を著した書です。


― 用神多現の場合の用神の決め方秘伝・空亡の見方秘伝・三合会局の見
方秘伝・月破の見方秘伝・寿命占の見方特別秘伝 ― などが、占例の断の
随所に述べられています。

本書の後半には「光山流五行易のすべて」と題し、光山流五行易の基本理
念や秘伝が整理されています。



◎秘伝・占的と六親の官鬼・子孫
◎秘伝・『卜筮正宗』の誤り
◎忌殺帯身は正しいか?
◎不応卦について
◎光山流五行易十二条




『光山流秘伝 五行易の真髄』  本書の《はしがき》より

本書は中国の『増刪卜易』(野鶴老人著)の中から、占例を出し、それを解釈し
たものです。この 『増刪卜易』はすでに発刊されていますが、(香草社刊行『

行易最奥秘儀
続五行易最奥秘儀』)、その中から、問題を多く含んだ占例と易
卦を出し、それを正しい五行易理と光山流の易解釈で説いたものです。


この原稿は、大熊光山先生から小生が個人的に、野鶴の占例講義として長年
かかって講義を受けたノートを基にして書き上げたものです。小生が光山師の
説をまとめたものと解していただいて結構です。小生の独自の訳などは一点も
ありません。

光山師は、中国の占術で独自に解釈できたり、新解釈などは、まずない。自己
が発見したように考えていても、必ずどこかにあるものだ。 ― と言われてい
ました。

すでに野鶴の訳書が二冊出版されているのに、いまさらと、小生はノートをか
かえて逡巡していたのです。この話しを田淵英宗先生にふともらした時、「どん
な形でもよい。ぜひ出版して我々に見せてほしい。野鶴の書をすでに読んだ人、
という条件をつけてもよいではないか。ともかく、光山師の五行易の説を埋もら
せておくのは、先生(六龍)の罪である。一刻も早く、どんな形でもよいから公開
してほしい」という要望がありました。

そこで小生は田淵先生の言を入れ、ノートの整理にかかったのです。やり出し
てみると、五行易のおもしろさが一段と増しました。と同時に、子平術と同じく、
中国人のいい加減さ、正しい理をあげながら、それに反する矛盾を平気で書
いているズルさに閉口しました。

光山師は、そこを上手に整理してあるのです。本書によって、日本における五
行易の正しい卦の読み方が、どなたにも習得できるはずです。

野鶴の占例と卦を出し、占断文をあげて、それを縦横に解してあります。
また、その卦に応用した五行易の理を、占例とは別に、こと細かに説いてあり
ます。

ゆえに占例を読みながら、易卦の読み方をどうするか? 
原理をどう応用するか? がわかるはずです。 (後略)





   * * * * * * * * * * * * * * * * * *



※本書の前に、五行易の入門書 『五行易活用秘儀』 をお読みになることをおすすめいたします。



※おすすめの書: 『五行易用神集』 ・ 『五行易秘訣実占例集



※内容見本リーフレット、無料呈。



※『五行易の真髄』もくじ(PDF)












平成26年9月初旬刊行予定!『光山流秘伝 五行易の真髄』


★平成26年9月初旬刊行予定★

ご注文はお受けしておりますが、発送は、9月初旬に商品が入荷後となります。
あらかじめご了承の上で、ご注文ください。 


【刊行記念割引サービス(平成26年11月30日まで)】

・割引特価(10%引):19,440円(税込)
・送料サービス(本書と一緒に他の書籍をご購入の場合にも適用)



            *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *




★平成26年9月初旬刊行予定★

 光山流秘伝 五行易の真髄 』 

― 光山師直伝・五行易秘伝の集大成 ―





go-sinzui




大熊光山口述・佐藤六龍 著

A5判・上製函入り・300ページ超

定価 21,600円(税込)

【平成26年11月30日までの期間限定割引特価 :19,440円(税込) 】



〜 五行易の用神・判断がすぐできるようになります 〜


■師直伝の光山流五行易の大秘伝
■長年にわたる大熊光山先生講義ノートの公開
■光山流五行易・六龍五行易の集大成
■五行易の素晴らしさ・面白さを再確認させられる書




中国の五行易(断易)の二大聖典と称される『増刪卜易』・『卜筮正宗』は、五行易
理論の基礎となるものであり、この二書が果たした役割には大きな功績があります。

一方、理論を述べた章では明快に理論が整理されていながら、実占例の章では、
その理論に反するような断が成されている、というように、功罪相い混じる点があり
ます。

本書は、先に述べたような、中国書特有の占断に疑問の残る占例を抜き出し、正
しい五行易の理論と光山流の易解釈で、再検討した書です。

佐藤六龍先生が、大熊光山師から長年にわたり、個人的に講義を受けられたも
のです。そこには、重要な光山流秘伝や、五行易の大原則に則した真の五行易
の用い方が述べられており、五行易の真髄を著した書です。

本書の後半には「光山流五行易のすべて」と題し、光山流五行易の基本理念や
秘伝が整理されています。


◎秘伝・占的と六親の官鬼・子孫
◎秘伝・『卜筮正宗』の誤り
◎忌殺帯身は正しいか?
◎不応卦について
◎光山流五行易十二条





『光山流秘伝 五行易の真髄』  本書の《はしがき》より


 本書は中国の『増刪卜易』(野鶴老人著)の中から、占例を出し、それを解釈し
たものです。この 『増刪卜易』はすでに発刊されていますが、(香草社刊行
五行易最奥秘儀続五行易最奥秘儀』)、その中から、問題を多く含んだ占例
と易卦を出し、それを正しい五行易理と光山流の易解釈で説いたものです。


 この原稿は、大熊光山先生から小生が個人的に、野鶴の占例講義として長年
かかって講義を受けたノートを基にして書き上げたものです。小生が光山師の説
をまとめたものと解していただいて結構です。小生の独自の訳などは一点もあり
ません。

 光山師は、中国の占術で独自に解釈できたり、新解釈などは、まずない。自己
が発見したように考えていても、必ずどこかにあるものだ。― と言われていました。


 すでに野鶴の訳書が二冊出版されているのに、いまさらと、小生はノートをかか
えて逡巡していたのです。この話しを田淵英宗先生にふともらした時、「どんな形
でもよい。ぜひ出版して我々に見せてほしい。野鶴の書をすでに読んだ人、という
条件をつけてもよいではないか。ともかく、光山師の五行易の説を埋もらせてお
くのは、先生(六龍)の罪である。一刻も早く、どんな形でもよいから公開してほし
い」という要望がありました。

 そこで小生は田淵先生の言を入れ、ノートの整理にかかったのです。やり出し
てみると、五行易のおもしろさが一段と増しました。と同時に、子平術と同じく、中
国人のいい加減さ、正しい理をあげながら、それに反する矛盾を平気で書いて
いるズルさに閉口しました。


 光山師は、そこを上手に整理してあるのです。本書によって、日本における五
行易の正しい卦の読み方が、どなたにも習得できるはずです。

 野鶴の占例と卦を出し、占断文をあげて、それを縦横に解してあります。

 また、その卦に応用した五行易の理を、占例とは別に、こと細かに説いてあり
ます。ゆえに占例を読みながら、易卦の読み方をどうするか? 原理をどう応用
するか? がわかるはずです。

 (後略)




※本書の前に、必ず、五行易の入門書『五行易活用秘儀』 をお読みください。






『五行易の真髄』 はじめに PDF


『五行易の真髄』 もくじ PDF









★五行易・上級書のご紹介★『断易・「黄金策」訳解』

『断易・「黄金策」訳解』

― 五行易の整理と判断法の原典 ―


佐藤六龍著     価格 21,000円(税込)


(A5版・函入り・213頁)




ougonsaku





正統五行易の一番まとまったものが、この「卜筮正宗」書の中の『黄金策』
(本書)なのです。

それは、五行易の理論と原則を上手に、短文でもってまとめてあるためです。

本書では、本文(原文もあり)を中心に「註・解」で、誰にもわかるようにやさし
く解説してあります。


さらに、「解」の項目をもうけてくわしく説いてあります。

この「解」が本書の眼目です。佐藤六龍が、大熊光山先生から秘授された
五行易の理論と応用法をもって、本書「黄金策」の解釈をしたものです。

単なる訳本や解釈書ではありません。

一、理論が整理されたのが「黄金策」です。
一、やさしい訳です。
一、「解」の項目が秘伝です。
一、「解」は誰でもわかるように、六龍がやさしく説いてあります。





◆本書「はじめに」より◆

 
本書は中国の『卜筮正宗』(王維徳洪緒著)の中に記載されている「黄金策
總断千金賦」を訳し、それをくわしく解説したものです。

「黄金策」は五術の大家である明の劉伯温の著作とされています。短文で
もって非常に要領よく五行易の原則をまとめてあります。(中略)

本書は五行易を学ぶ者が読んですぐ応用できるように、やさしく訳し、さらに
解説を加えました。しかもその解説には大熊光山師の六十年の五行易研究
の秘伝を公開してあります。


光山師は「卜筮正宗」書のうち、この「黄金策」と「十八問答」を五行易の精髄
としています。ただ「十八問答」にくらべ「黄金策」は短文なため、省略された
部分を補って読まねばならぬ、といましめていました。浅学非才ではありますが、
光山師に教えていただいた秘伝をもって、この省略された部分を補って書い
てみました。





【本書の内容】


(もくじ抜粋)


動 静 篇
万 象 篇
生 扶 篇
長 生 篇
日 晨 篇
最 悪 篇
世 己 篇
応 位 篇
世 応 篇
交 重 篇
用 神 篇
有 傷 篇
動 合 篇
衰 旺 篇
併 冲 篇
令 星 篇
提 抜 篇
日 傷 篇
徳 忌 篇
凶 星 篇
養 墓 篇
回 頭 篇
発 動 篇
殺 生 篇
刑 害 篇
速 緩 篇
父 亡 篇
虎 興 篇
知 前 篇
六親変化歌
















★五行易・中級書のご紹介★ 『断易十八問答秘解』


 『断易十八問答秘解』



  大熊光山述 佐藤六龍著 


― 五行易・卜筮正宗占験録 ―





daneki-hyousi






daneki2




(A5版 上製本 376頁)


五行易は非常に的中するから学びたいが、その判断の原則が多すぎて
難しい ― とこれまで手を染めなかった人々のための秘伝書。


五行易のすばらしい秘伝や口訣を公開した書。
判断の要領そのコツをこと細かに説いた書。
五行易の原理原則をわかりやすく整理した書。



本書は、「五行易」(断易)の原理原則を実占上において、どのように
応用活用し、その易卦の吉凶成敗得失可否を、いかにしてはっきりと
断定するか、という点をことこまかに説いたものです。

 

非常に数多くある五行易の判断上の原理原則を、誰にもわかるように
簡明に整理し、その易卦における判断のコツを説いたものです。

「五行易」が注目されてくるにつけ、本来の「五行易」の原理法則から
はみ出した、神殺を用いる見方、周易と混同した用い方をするもの、
用神未定の見方 ―― など、非常に誤った五行易が百鬼夜行しています。

そうした中にあって、十二支五行の生剋と正しい六親の見方をする正統
な「五行易」(断易)の真髄を説いたものが本書なのです。

本書は、中国の「五行易」の聖典ともいうべき『卜筮正宗』の中の「十八問
答附占験」(巻十三の項目)に解説を加えたものです。この解説が本文中
にある「光山註」というもので、これが本書の秘伝です。

もともと「五行易」は原則が非常に多くあり、むずかしいということで周易に
比べて研究する人があまりおりませんでした。

しかし、それは大きな誤解です。一見したところ「五行易」には、数多くの
原理原則があるようにみえるだけであって、これまでの「五行易書」には、
そうした点がきちんと整理されてなかったからなのです。

本書の「五行易」は、そうした点に留意し、不世出の易学者といわれた
天下の大熊光山師が二十年の歳月をかけて説きつくした秘伝の公開書
です。





【断易十八問答秘解 内容】


五行易の判断原則は、大きく分けますと「相生・相剋」の大原則がたった
一つあるだけです。これに日月(事を占った月の十二支と日の十二支)
の関係が加わるだけです。


つまり、五行易で吉凶成敗得失可否の断を決める原則は、


月の支と日の支の生剋
易卦の十二支の生と剋


の二点につきるのです。


この五行易の二大原則を要領よく整理したものに『卜筮正宗』の巻十三に
述べてある「十八問答」があります。


近世の五行易の大家・大熊光山先生は、この「十八問答」が五行易の断理
の原則をあらわしたものであり、これより五行易の原則は一歩も出ない。

また、この「十八問答」の記述の順序も五行易を見る上でのその判断法の
順序である、と力説しておられました。


たしかに、この「十八問答」をみますと、五行易の吉凶の原則を非常に要領
よく整理してあります。


さらにまた、その原則の重要さの順から並べた記述法をとってあり、それを
十八の項目に整理し、最後に五行易の締めくくりとして用神選定上の注意を
述べて終っています。


ただ、『卜筮正宗』の「十八問答」の難点は、中国原本特有の秘伝ともいう
べきものが、文字と文字との間に秘してあることです。

この点を理解しないことには、せっかくの「十八問答」の整理も、何にもなら
ないわけです。



この大切な秘伝を解説したのが本書の中の『光山註』とあるところです。
つまり、本書の圧巻はこの「註」にあるのです。この「註」を会得することに
より、あらゆる五行易の判断の応用秘奥に到達することができます。


つまり本書は、


・断易の応用秘伝は、本文中の「光山註」にあること
・本書の特色圧巻は、本文中の「光山註」にあること


以上のような理由により、本書の「十八問答」の整理原則をよみ、その
占験をよみ、その裏にかくされた五行易の秘伝を「光山註」で理解され
ますと、あらゆる人事百般の吉凶得失は、掌をさすがごとく明確に判断
できます。




【本書の内容】

第一章 三伝の生剋の見方――占例五例


第二章 回頭の生剋の見方――占例十一例


第三章 原神の生剋の見方――占例四例


第四章 三合会局の生剋の見方――占例十二例


第五章 反吟の凶の軽重の見方――占例五例


第六章 伏吟の凶の軽重の見方――占例四例


第七章 旬空の見方――占例十四例


第八章 月破の見方――占例七例


第九章 用神不現の見方――占例六例


第十章 進神退神の見方――占例五例


第十一章 冲中逢合・合処逢冲の見方――占例八例


第十二章 四生墓絶の吉凶の見方――占例十三例


第十三章 六冲六合の見方――占例十一例


第十四章 三刑六害の凶の軽重の見方――占例四例


第十五章 独静独発の見方――占例六例


第十六章 尽静尽発の見方――占例四例


第十七章 用神多現の見方――占例五例


第十八章 卜者誠心断者精明も不験なることありについて ―― 占例六例


附録 光山五行易口訣集

附録 正統五行易について







〔ご注意〕
占術にまったく初歩の方、十干十二支について未知の方は、本書の前に
「五行・十干十二支・相生相剋」などの占術の基本知識を、『五行易活用秘儀』
(五行易の入門書・価格 5,040円)から習得してから本書にお入りください。











『断易十八問答秘解』


月別アーカイブ
お知らせ


6月の新刊!

『続・占いを愛した人たち』


― 五術家列伝・珍談奇談 ―

明治大正昭和に活躍した名物易者の話




定価 2,800円(税込)


7/31まで発刊記念割引
2,520円(税込)








★7/23入荷!★

- 再版 -


『これで身につく五行易』




これで五行易が自由自在に使いこなせるようになります!
世に言う五行易の聖典『卜筮正宗』『増刪卜易』を超えた、真に、今、使える五行易占術!


定価 10,800円
(特価 9,720円)9/30まで







★10月開講★

【占い教室】(後期)

《H30.10月〜H31.3月》

五行易高等科 (月2回)
紫薇推命高等科(月2回)
四柱推命高等科(月1回)
四柱推命中等科(月2回)
奇門遁甲高等科(月2回)
二十八宿生日推命科(月1回)
※二十八宿生日推命科のみ
どなたでも受講可。








※詳細はお問合せください。
フリーダイヤル
0120-289-850






livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード