日本の占い界を牽引した佐藤六龍師の著書100余冊を好評販売中!

師の膨大な知識を、占いを研究するみなさまへ

わかりやすく伝達する【占い教室】は、

東京(渋谷区)で開講中!
 


【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

十干

四柱は「十干」で八割が決まる 割り切れば人生は楽


【四柱は「十干」で八割が決まる 割り切れば人生は楽】


- 季刊「五術」・平成7年2月号掲載文から抜粋 -


佐藤六龍著







運命学を長くやってき、年齢もだいぶ重ねてまいりましたが、今年になってある結論
に達しました。

特に、四柱についてです。四柱というのは、「十干」だけでできあがっているのではな
いかと思い出したのです。

昨日も、四柱を長年習ってきている方から、「庚が癸を生じるか生じないかというこ
とと、十干関係との兼ね合いがむずかしい」と言われました。

「四柱は全部十干関係でできあがっているのだから、奥伝科以上に来ているような
人は、もう五行の相生相剋など考えるのはおよしなさい」と。

四柱の考え方から言うと生日の十干で八割は決まっていますね。印・財・官という
のが、四柱の原則です。金儲けの財、仕事の官、頭脳の印です。

甲を例に取れば、財は己です。「財」とは何かというと、日干に有意義な作用をす
る財干か、日干が有意義な作用をする財干かを言います。

甲にとっての財は己です。官は庚、印は癸です。甲という日主は、己か庚か癸しか
作用をしない、逆に言えば、甲の人は財(己)、官(庚)、印(癸)の三つだけが作
用をするということです。そして、この三つがまた喜ぶか忌むかに分かれます。甲の人
が、財が持てるか持てないか、出世するかしないか、パッと分かれるわけです。

もう、生ずるだの生じないだの考えることはないのです。「十干」というのはよくできて
いるなと、この頃つくづく考えるようになりました。極端な言い方をすれば、生日の
十干で八割は運が決まっています。決まっているのなら、楽しくすごそうではありま
せんか。割り切った人生を送ろうではありませんか。官財印がどうなっているかをみて ― 。

辛は官が丙、印が戊、財はまずないのですから、辛の人は財を得ようとさえしなけ
れば楽に人生を送れるわけです。それを辛の人も一様に財を得ようとするからひど
い目に遭うのです。開き直った人生が僕はいいと思います。

家に帰って甲から癸まで財官印でやってみてください。これからは皆さん、「十干」
でやっていきましょう。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




【香草社の四柱推命書シリーズ】 リーフレット(PDF)




DSC_0651
(参照:『四柱推命の真理シリーズ』)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ただいま、会員様限定・四柱推命書(指定書籍のみ・2015/9/30まで)の特別割引販売実施中!
詳細は、 《こちら》 のリーフレットをご参照ください!





◆季刊「五術」のお申込みは、 《こちら》からどうぞ。


gojutu2









運勢を占う 生時不要の推命【遁甲日盤命理科】開講!


運勢を占う 生時不要の推命 


【遁甲日盤命理科】




東京教室(日曜Aクラス)で開講!

・開講日:4月19日(日)
・時 間:14:45〜16:00
・講 師:陽 政道先生
・受講資格:奇門遁甲初等科修了者。または、今回同時受講者





「生まれた時間」がわからなくても占えます!

誕生日を知らない人はいません。

突然の鑑定でもすぐ占えます!

実占鑑定家必須!



◆生時がわからない人でも推命判断ができる、実占家にはまたとない占術。



◇遁甲日盤を用いて占う推命術です。

◇遁甲日盤の吉格凶格・十干配合・星門宮神の吉凶を中心に、
その「命」(めい)の特色と運勢の傾向をさぐります。

◇金銭運・職業運・結婚運・結婚生活の様子・子どもとの関係・交友関係・
順風な人生か・・・など、人生のあらゆる事が手に取るにわかります。



◎やさしい推命術です。すぐに応用活断ができます。

◎こと細かにわかります。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




◆佐藤六龍・占い教室 《平成27年4月新開講》説明会◆



★強制的なご入会の勧めはいたしません★

数ある占い教室の中で「香草社がお教えする正統の五術運命学」を
ご理解いただき、開講科目それぞれの内容をご案内するための楽し
い会です。

お気軽にご参加ください。


趣味や実用として身につけたい方
ゆくゆくは職業にしたいとお考えの方
本業をやりながら、占いを副業にしたいとお考えの方
悩み多い人々の役に立っていきたいとお考えの方

知っているといないとでは、人生の明るさに大きな違いが出る!
「五術運命学」という先達の知恵。




・・・・・・・・・・・・・・・・・




【東京教室・日程】

◆日 時:平成27年3月7日(土)13:00〜14:00
◆講 師:陽 政道先生
◆参加費:500円(税込)当日会場でご納入ください。
※入会者にはご返金します(受講費用に充当します)
◆会 場:東京・渋谷 香草社3階講習室
◆内 容:占い教室・説明会(「五術運命学」という占い)
◆贈 呈:古代中国の大予言書『「推背図」開封』(佐藤六龍著・徳間書店刊)
定価1680円・『開運五術暦 平成27年版』定価810円




◆《東京教室・説明会・リーフレットPDF・ダウンロード》


◆《東京教室・説明会・会場地図PDF・ダウンロード》




【大阪教室・日程】

◆日 時:平成27年3月14日(土)10:30〜11:30
◆講 師:田淵英宗先生
◆参加費:500円(税込)当日会場でご納入ください。
※入会者にはご返金します(受講費用に充当します)
◆会 場:大阪市中央区淡路町  AAホール7階
◆内 容:占い教室・説明会(「五術運命学」という占い)
◆贈 呈:古代中国の大予言書『「推背図」開封』(佐藤六龍著・徳間書店刊)
1680円・『開運五術暦 平成27年版』定価810円




◆《大阪教室・説明会・リーフレットPDF・ダウンロード》


◆《大阪教室・説明会・会場地図PDF・ダウンロード》




《占い教室・説明会》 申込フォーム




電話:03-3464-4405
fax:03-3461-1091
E-mail:info@kososha.com


※参加ご希望の方は、必ず、事前にお申し込みください。

※詳細は、お問い合わせください。

「資料請求フォーム」をご利用ください。














遁甲造作のおすすめ


遁甲造作で開運を!


動かずに、居ながらにして方位の吉兆が得られる!




【遁甲造作とは】

「羅経」と他の資材を地面に埋めることをいいます。
吉方位には、次のようなものがあります。




・求財(財を求める。商売繁盛。取引先拡大。)

・求智(学力、知恵の増強を求める。受験合格。)

・求安(家庭安泰、安定したもめ事のない暮らしを求める。健康長寿。)

・求官(昇進、地位向上、目上の引き立てを求める)

・求信(取引先からの信用を得る。)

・求勝(裁判や入札などで勝利を得る)

・求情(男女間の良い縁や出会いを求める。人気を得る。)





四柱推命や紫薇推命(運勢を鑑る運命学)で運勢をみて、運勢があまりよくない場合、
奇門遁甲(方位の運命学)で、よくない運勢を引き上げる「開運」もできるのです。




H10-12kippoi2





それぞれの吉方位は、毎月定期的にあるものではないので、その機会を
逃さずに行う必要があります。

造作をしてから効果が出る時期までの期間も考える必要があります。

                          

「五術運命学」の奇門遁甲を、開運の道具として上手に使ってください。


正しく使えば、運勢を自分の希望に近づけるための、すばらしい道具です。






zousa2


















方位極秘『奇門遁甲天書評註』・『奇門遁甲地書評註』のおすすめ

方位極秘 『奇門遁甲天書評註』





4559669

佐藤六龍・張燿文著 (A5判・並製本・216頁)




無から有を出し開運成功をもたらす正統占術。
かって御禁制の学問とされていた天下の奇書。
日本で初めてその全貌が公開される奇門遁甲。




■あなたは、これまでの「方位」について疑問を持ったことはありませんか?


■最大の吉方と称する方位を使用したのに、その効果が出なかったことはありませんか?


■凶方を犯したのに、少しも凶事が出なかったり、反対に大成功しているという例があり
ませんか?


■以上の疑問は、すべて方位学の最高奥義である本書の「天書・地書」にのべてある
「奇門遁甲方位術」に照らせばはっきりします。


■ここに紹介する二書は、中国に長く伝わる方位家相術の最高奥義「奇門遁甲術」の
「立向」と「座山」による方位術のすべてです。
奇門遁甲術は、毎年月日時の八方位に、「十干・九星・八門・九宮・八神」の五種類の
星をそれぞれ配佈し、そこに吉凶の度合いと目的別による方位撰定の法則を見るす
ばらしい方位術です。


■奇門遁甲術は、八方位に九星以外に他の四種類の星(十干・九宮・八門・八神)を
配佈して、方位の吉凶をみますから、五黄殺・暗剣殺・破の方位は必ずしも凶方とは
なりません。


■五黄殺・暗剣殺の大凶方位と称されるものでも、十干・八門・九星・八神が吉ならば、
害がないどころか、大吉方となり大発展します。


■奇門遁甲術は、方位撰定を「動」と「静」に区別し、八方位の方位盤が違います。
移動の時の方位盤は「天書」」により、動かないで方位を使用する静の時(改築・増築
・婚姻など)の方位盤は「地書」によります。





【奇門遁甲天書評註 内容】


■奇門遁甲術は、別名を八門遁甲ともいい、方位・家相・推命・雑占に用いられる
占術ですが、特に方位と家相の部門においては、他の占術の追随を許さぬすば
らしい内容を持つものです。さらに現実的な開運成功を願う、転禍為福、招吉防
凶の占術としてはこの「奇門遁甲術」が最高であり他に匹敵するものはありません。


■この「奇門遁甲術」は、毎年月日時の八方位に、「十干・九星・八門・九宮・八神」
の五種類の星をそれぞれ配布し、そこに吉凶の度合いと目的別による方位撰定
の法則を見るすばらしい方位術なのです。


■日本における気学九星術は、この奇門遁甲術の中のごく一部分、つまり「九星」
のみを取り出して八方位に配布し、それで吉凶をいうにすぎません。「奇門遁甲術」
における五種類の中の一種類を取り出したにすぎないわけで、五分の一の作用と
いうことになります。


■前述の吉方を使用しても効果が出ないという疑問は、五種類のうちの九星のみが
吉であり、他が凶だったからということになります。同様に、凶方や五黄殺や暗剣殺
を犯しても平気という疑問は、五種類のうち九星のみが大凶というにすぎず、他の
四種類が吉ならば害がないだけでなく、吉の作用をするのは当然といえましょう。


■本書は以上のような「奇門遁甲術」のすべてを、目的別によって「天書」「地書」の
二冊とし、その八方位に配布する「遁甲術」の極め手となる「十干・八門・九星・九宮
・八神」の盤の作り方を、ことこまかに述べてあります。


■奇門遁甲術は、方位撰定の時に次の二つの大きな特別な用い方をします。その
一つは「目的別による星の使い分け」であり、もう一つは「方位使用別による方位盤
の使い分け」です。


■「目的別」の場合は、日本のこれまでのように、金運は西方とか、結婚は巽方とか
いうのではなく、あくまでも八方位に巡っている「十干・八門・九星・九宮・八神」に主眼
がおかれ、何を目的にして方位を使用するかによりそれらが決まるのです。遁甲術は、
この目的別による吉方位撰定がことこまかに、厳密に工夫されています。


■「方位使用別」の場合は、日本のこれまでのように移転の時も、動かないで家を改築
する時も、動かないで相手が当方に向かってくる(嫁取り・交渉などの時)ような時でも、
同じ方位盤で吉凶をみていました。遁甲術では、自己が動かない時の方位使用の盤は、
座山盤という方位盤で吉凶をみるのです。

また、相手がある彼我関係などの場合も、自己が座山盤の方位となり相手が立向盤
の方位となり、その強弱で吉凶がきまるのです。


■家相の増改築なども普通の方位盤ではみません。自己が動かないで家をいじるの
ですから、座山盤によって家の八方位をみなければなりません。

■奇門遁甲術には「遁甲造作法」という開運術があります。これは自己が吉方に動か
ないで、玉うめ、杭打ち、穴ほり ―――― などを行う秘法ですが、これらはすべて座
山盤の方位によって行います。




〔奇立向盤という「動」の方位使用法の盤作りとその方位使用法が書いてあります。

○年月日時の盤の定め方/天盤地盤/十干九星八門九宮八神の象意/天地の吉凶
/星門の吉凶/宮神の吉凶/奇門四十格とその活用/吉格と凶格/吉方の効果的
な応用法








方位極秘
『奇門遁甲地書評註』




tisyo


佐藤六龍・張燿文著 (A5判・函入り・224頁)




無から有を出し開運成功をもたらす正統占術。
かって御禁制の学問とされていた天下の奇書。
日本で初めてその全貌が公開される奇門遁甲。





【奇門遁甲地書内容】


座山盤という「静」の方位使用法の盤作りと遁甲の秘伝、遁甲応用の推命術が書い
てあります。


○座山の年月日時の盤の作り方/うるうのおき方/座山遁甲の用い方/奇門妙秘
/奇門総要/秘訣総賦/奇門総序/山向主客/総法天機/作法妙法/臨機応変
/遁甲神機/易数総断/遁甲推命術/遁甲雑占術







四柱推命の上級書『四柱推命術密儀』のおすすめ



『四柱推命術密儀』

    - 子平の哲理 -



mitugi-2



佐藤六龍・張燿文著 (A5判・並製本・224頁)



四柱推命術の象意についての応用活断のコツ。
変通星の喜忌による事相とその才能判断秘法。
十二運星の位置と喜忌による性格能力判断法。

高度の実占的な事象の判断法とその使いわけ。
十干推命術における理論構成のすべてを究明。
子平の奥義である五行体用の面から見る秘法。




【ご注意】
本書は四柱推命術の最高の奥義を公開したものです。初心者のかたは、 入門書『四柱推命活用秘儀』 から順番に
お読みになることお勧めいたします。



これまで四柱推命の特色は、吉凶の決め手の鋭さと行運の良悪の的確さに
あり、あらゆる事相(象意)判断やきめ細かい人事判断には弱いように誤解
されてきました。

本書ではこうした点の誤解を理論的に解き明かし、これまで秘伝とされてい
た四柱推命の事象判断法の奥義を公開しました。

すなわち、十干による気質の見方・十干の機能による整理の見方・変通星
による才能の見方・十干の作用による六親の見方・干と変通星による成敗
の見方・吉運と強運の区別 ――― など十干の特質とその変通星作用から
みる秘法のすべてです。

さらに、官殺の喜忌による吉凶の見方・財星の喜忌による寿夭の見方・有
情無情の財星による貧富の見方 ――― など命式の喜忌から見る秘法の
すべてです。




《 『四柱推命術密儀』内容 》

〔十干の相互関係〕

■干と干の生助剋洩の特殊関係を述べ、喜忌判断の応用法を説いていま
す。 ――― 甲は辛を剋して弱め、戊は丁を生じて強める。

■十種の変通星を作用別に四グループに分け、変通星の作用関係を説い
ています。 ――― 丁己の食神は吉作用のみであり、乙甲の劫は吉凶の両
作用があり、壬己の正官は凶作用のみある。

■十干別の変通星を干の作用によって象意別にくわしく述べてあります。
――― 庚庚の比肩は積極的な独立心であり、甲甲の比肩は他人の援助
を上手に利用する独立心である。



〔十二支の相互関係〕

■支と支の刑冲の特殊関係を述べ、夫婦生活の判断法を説いています。
――― 戌と未の関係の命式は、異性に対して感情を持つことが出来ない。

■十二運星の命式における位置とその喜忌別による事象判断を説いてい
ます。  ――― 喜神の病は親切で注意深く慎重であり、忌神の病はおせっ
かいで神経質である。



〔命式の見方〕

■十干をそれぞれ強弱の三作用にして用神の取り方を説いています。
――― 甲に対して強作用干は壬、弱作用干は戊、無作用干は辛である。

■十干をそれぞれ上注下固の二作用別にして用神の取り方を説いています。
 ――― 己の上注は乙、壬の下固は庚である。

■十干をそれぞれ真干と仮干の二大別にして変通星の作用を説いています。
 ――― 己の官殺は乙が仮、戊の食傷は庚が真。



〔十干による事象の見方〕

■十干別による変通星とその作用による性格気質判断法が説いてあります。
――― 日干が食傷を生ずる干作用は奉仕、その反対は犠牲となる。

■十干別と漢方的な実虚熱寒燥湿による生理判断法が説いてあります。
――― 丁は小腸であり吸収を司るが未月なら燥証となる。

■十干の作用別による六親の判断法を説いています。 ――― 日干を生ずる
干が母親、母親の干を干合する干が父母、日干と干合する財が妻である。

■十干の機能による体質の見方が説いてあります。 ――― 壬は生殖や腎を
司り、これを傷つけられると漢方でいう腎系の疾病に悩まされる。

■十干と十干との二組の特殊関係による疾病の判断法が説いてあります。
――― 庚が庚を剋せば大出血。壬が己を剋せば胃腸病。


〔変通星による事象の見方〕

■五種の変通星の強弱による適度と不適による才能の判断法が説いてあり
ます。 ――― 適度の食神傷官は、功名心があり温厚で表現力が豊かであ
る。不適の傷官偏財は引っ込み思案で非常に弱々しく忍耐力がない。

■変通星による夫婦生活の判断法が説いてあります。 ――― 男性は食神
が弱いほど配偶者を剋す作用が大きい。

■有情無情の変通星と十干の特殊作用との区別により、地位名声財利の判
断法が説いてあります。 ――― 甲日生まれの庚殺、戊日生まれの癸財、
辛日生まれの壬傷などは、それぞれ名声財利によって成功す。



〔体用による見方〕

■命式における喜忌の目的とその価値関係が説かれています。 ――― 体神
とは人生の諸目的である。


■官殺の喜忌の見方が説かれています。 ――― 官殺得所は吉、官殺不得所
は凶である。


■喜神忌神による体用の見方が説かれています。 ――― 命式の順は労半功
倍であり、悖は労倍功半である。また、喜忌の体用は難易に関係する。








希望別・目的別 【奇門遁甲開運印】のおすすめ


希望別・目的別
【奇門遁甲開運印】




入進学・就職・転職・結婚などのお祝いに最適です!

使うほどに運を開く実用品を贈りましょう!

日々の暮らしに、吉を招き入れる開運印です!




innsyo2




佐藤六龍先生が、一本一本責任をもって、奇門遁甲の奥義による
十干八門の目的達成の印面配字と、書道文字学に照らしての文字
の調整を十分に究明し、一流篆刻家により彫刻します。



■正統奇門遁甲術の印相学理によって、目的達成の芸術的な最高の印章を作製します。


■五術運命学に則り、透派の正式印相学の「奇門遁甲八門の印相鑑定書」を添付します。
一流書家の筆になる、一印ごとに新たな文面の鑑定書を差し上げます。


■印章はすべて、トカゲ皮ケース、桐箱に入れて、お送りします。


■奇門遁甲術の原理によって、目的の種類に応じた印章を調製しますから、目的に合わ
せて、一人何本でもお作りください。


■日本で初めて公開する奇門遁甲術による印相の印章です。


■日本では東洋五術運命学協会のみが作成している、日本唯一の正統開運印章です。





tuge-in2

(本柘印)






suigyu

(オランダ水牛印)





zouge2

(象牙印)




  *   * * * * * * * * * * * * * * * * *




《 印章は、このようにお使いください 》



その1
弁護士 個人七本・法人三本


弁護士として法律事務所を経営の方です。

実印は職業を主として考え、名声地位の吉祥を得るために甲尊求官印を、銀行印
は金銭物質の吉祥を得るために丙奇求財印を、職業上で一般的に用いる場合は、
知恵学術の吉祥を得るように丁奇求智印を、それぞれ用
います。


さらに弁護依頼者との契約には信用交際の吉祥を求めて戊儀求信印を、裁判所へ
の書類には勝訴を願って壬儀求勝印を、用います。


また、ロータリークラブや別荘などの雑事には、健康長寿の吉祥を得るように庚儀
求寿印を、俳画の落款には悟道趣味の吉祥を得るように辛儀求道印を、用います。


法律事務所では、金銭と信用の二目的の丙奇戊儀の事務所印、権威と安定の二
目的の甲尊癸儀の代表者印、和合と取引の二目的の乙奇戊儀の割印、の各々の
双修印を用います。





その2
美容師 個人五本


美容師として美容院経営の女性です。

実印は家庭を主として考え、和合避凶を得るために乙奇求安印を、銀行印は、信用
取引の吉祥を得るように戊儀求信印を、職業上で一般的に用いる場合は、金銭事
業の吉祥を得るために丙奇求財印を、それぞれ用います。


また、美容師組合関係の仕事には地位名声を得るように甲尊求官印を、その他の
雑事に用いるものには魅力愛情の吉祥を得るように己儀求情印を用います




  *   * * * * * * * * * * * * * * * * *




※ご注文から納品まで1ヶ月半〜2ヶ月かかります。
※お早めにご注文くださいますようお願いいたします。





   【 目 的 】

  求官(甲) 職業・地位・名声
  求安(乙) 家庭・和合・平和
  求財(丙) 金銭・物質・事業
  求智(丁) 智恵・学術・才能
  求信(戊) 信用・取引・交際
  求情(己) 魅力・婚姻・愛情
  求寿(庚) 健康・保身・長寿
  求道(辛) 悟道・安心・宗教
  求勝(壬) 勝負・裁判・競争
  求定(癸) 安定・立命・基礎






《奇門遁甲開運印・価格表》 PDF


《奇門遁甲開運印・申込書》 PDF




日と時間の占い【増補・干支秘法】のおすすめ☆転禍為福のたたき合わせの秘法を公開!☆


― 日と時間の占い ―

【増補・干支秘法】





kansihou



佐藤六龍著 (A5版 函入り 307頁)



☆転禍為福のたたき合わせの秘法を公開!☆





十干と十二支だけを用いるひじょうに簡便な占術です。

本書と「遁甲ポケット便覧」(香草社刊)があれば、どこでも、いつでも、だれでも、すぐに
手軽に占えるという独特の特色を持ちます。


ひじょうにやさしい占いです。


ゆえに、全くの初歩の人でも、本書を読んだそのときから占法が使用できます。占術の
原理法則が簡単です。
十干と十二支の相生と相剋だけが基本ですから、字がわかる人ならば誰でも覚えられ
る占術です。

手軽な占術です。日と時間の干支によりますから、誰でも平易に用いられます。

十干と十二支の象意がわかりやすく書かれていますので、中国五術運命学を学習する
すべての方(四柱推命や奇門遁甲などすべての運命学愛好者)におすすめの良書です。

この一冊で、運命学に欠かせない十干と十二支がたいへん身近に感じられるようになり
ます!

運命学の杖となる書です。






★ご注意(運命学入門者の方へ)★

弊社の占術関係の書籍には、干支暦がついておりません。
各占術で共通に使えるように、干支暦および各占術の図表などをまとめて、「増補・五術万年暦」 として別に出版して
おります。
各占術を学習される上で、万年暦は必ず必要になりますので、もし、干支万年暦をお持ちでないようでしたら、あわせ
「増補・五術万年暦」を購入されることをお勧めいたします。









《秘伝書のご紹介》【錦綉請験求効秘訣】



【錦綉請験求効秘訣】 (立向座山天盤活用密法) 


伝授料 63,000円 (税込)




kingyuseiken

《体裁》
○全二巻・大判・布表紙・和綴じ極上製本
○オフセット美術印刷
○和装美麗帙入り、外函ボール





◆お申し込み資格◆

『奇門遁甲造作法』に同じ

以下の書籍を当社から直接購入した方。

奇門遁甲活用秘儀      5,040円
奇門遁甲天書評註      5,040円
奇門遁甲地書評註      5,040円
奇門遁甲推命術          5,040円
奇門遁甲家相術奥義    5,250円
奇門大法心得              12,600円
奇門天地書別巻極奥秘訣 全五巻  各14,700円(73,500円)



これまでの「奇門遁甲」では、天盤十干に対してそれぞれ方位目的が
定まっていました。本秘伝書は、この従来の十干と方位目的との関連
の枠を広げ、ある一つの干であらゆる目的に方位を使用する方法を
説いたものです。凶方をいかに避けるかという除災秘法も十干別に
述べてあります。






◆ 伝授書の内容 ◆

【第一章 吉方十干応用秘法】 

これまでの「奇門遁甲」では、「天盤」の十干に対してそれぞれ方位目的が
定まっていました。即ち、甲尊は求官、乙奇は求安、丙奇は求財、丁奇は
求智、戊儀は求信、己儀は求情、庚儀は求寿、求道は辛儀、求勝は壬儀、
求定は癸儀と定まっています。

ところが、本章ではこの定まった十干と方位目的と全くちがった、自由に応
用できる方位密法が説いてあります。

一、「天盤」にどんな十干があっても、自由に方位が使用できる秘法です。

一、「天盤」と「八門」、「天盤」と「八神」と希望目的を合わせる秘法です。

一、ある種の「天盤」に対し、まったく効果のない方位が説かれてあります。

「甲尊」の「天盤」は求官ですが、求官以外に、求安・求財・求智・求信・求道
・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「乙奇」の「天盤」は求安ですが、求安以外に、求官・求財・求智・求信・求道
・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「丙奇」の「天盤」は求財ですが、求財以外に、求官・求安・求智・求信・求情
・求寿・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「丁奇」の「天盤」は求智ですが、求智以外に、求官・求安・求財・求信・求情
・求寿・求道の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「戊儀」の「天盤」は求信ですが、求信以外に、求官・求安・求財・求智・求情
・求寿・求道・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「己儀」の「天盤」は求情ですが、求情以外に、求安・求財・求智・求信・求寿
・求道・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「庚儀」の「天盤」は求寿ですが、求寿以外に、求財・求智・求信・求情・求道
・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「辛儀」の「天盤」は求道ですが、求道以外に、求官・求智・求信・求情・求寿
・求勝の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「壬儀」の「天盤」は求勝ですが、求勝以外に、求官・求安・求財・求信・求情
・求寿・求道の各目的に合わせた使用密法が説かれてあります。

「癸儀」は用法がむつかしく、利用範囲が狭まります。その点が詳しく説かれ
ています。




【第二章 凶方十干除災秘法】

「奇門遁甲」は、開運の術であると同時に保身の術でもあります。

つまり、いかに凶方位を使用しないか−というのが吉方位を用いる以上に
大切なのです。

本章では、この凶方をいかに避けるか − さらに、凶方を使用してしまっ
たら、その凶方をどのようにして避けるか − を事こまかに説いてあります。

つまり、

一、遁甲方位における凶方位の注意とそのさけ方が「天盤」の十干別に説
いてある秘法です。

一、「天盤」と「八門」、「天盤」と「八神」の凶方のさけ方が説いてある秘法です。

凶方といっても、「天盤」の十干によってそれぞれ凶方がちがいます。
それをいかに避けるかという除災秘法を、「甲尊・三奇・六儀」の「天盤」ごと
事こまかにのべた章です。

ただ、丁奇の凶方は除災方がむつかしく「丁奇造作法」によらねばなりません。




【第三章 吉方天盤選定秘法】

「奇門遁甲」が、他占術より優れている点は、より現実的な開運法を行うと
いうことにあります。つまり、我々の現実生活に密着した欲望(希望目的)
の達成にあります。いかに人より早く目的を成就し、希望がかなえられるか、
という事が開運成功につながります。

それには、その希望目的にあった「天盤」の吉方位を選び、それをいかに
上手に方位使用上で用いるか、にあるのです。

これを本章では事こまかに説いてあります。つまり、

一、目的別による「天盤」の方位使用の象意が説いてある秘法です。

一、目的別による方位使用上の「天盤」の選び方が説いてある秘法です。

求官方位・求安方位・求財方位・求智方位・求縁方位・求信方位・求情方位
・求寿方位・求道方位・求勝方位・求結方位 − について「天盤」の選び方
が詳しく説かれています。



◆天盤活用密法とは◆

本秘伝書は、、「奇門遁甲」をいかに効果的に使用するか、という点を
「天盤」の「甲尊・三奇・六儀」を中心にといた、実用と活用に一大秘伝
の書です。

「奇門遁甲」は、元々人間の欲望(目的や希望)を、完全に成就させる
非常に現実的な開運の占術です。そこには、その目的希望の正邪良
悪を問いません。ともかく、自己の希む目的をいかにして成就させるか、
という点のみに主眼がおかれているのです。

このため、「奇門遁甲術」では「天盤」にその目的希望をおいて方位を
使用します。他占術のように、漠然と開運とか吉方とかいうのではあり
ません。

つまり、ある目的なり希望なりをしぼり、それを「天盤」の「甲尊・三奇・
六儀」の十種類の目的項目にしぼって方位効果を上げるようにするの
です。

本秘伝書は、この目的希望のしぼり方、その天盤の求め方、目的希望
と天盤の関係−など誰にでも活用できるように述べてあります。

さらに、天盤の「甲尊・三奇・六儀」のこれまでの遁甲術にない、広範囲
な使用法の秘伝が公開されてあります。

また、凶方位をやむを得ず使用したとき、その凶方のさけ方とその対策
を公開した「奇門遁甲」の秘書です。




◆錦綉請験求効秘訣の特長◆

「奇門遁甲」といえば、方位を選ぶ事がすぐ頭に浮かんできます。

そして、方位を活用することが即ち「奇門遁甲」であると考えられています。
この考え方自体は、別に間違いありません。

立向盤といえば、すぐ方位を選んで旅行や移転をする事が考えられ、凶方
に絶対旅行や移転をしなければいいと考えられています。

座山盤といえば、すぐ吉方を選んで造作や修築をする事が考えられ、凶方
に絶対動きがなければいいと考えられています。

座山盤の場合、この考え方は現実的です。立向盤の場合、この考え方は
現実的ではありません。なぜならば、日常生活において私たちは、いつで
も好むときに好む方位へ動けるわけではないし、また、嫌なときに嫌な方位
へ行かざるを得ないことが多いのです。

さらに、同じ吉方でも、自分が願っている象意の吉方であるとは限りません。
たとえば、求財の吉方を望んでいるのに求安の吉方しかないとか、求道の
吉方を望んでいるのに求官の吉方しかないとか、− 我々が日常いつでも
経験することです。

本書はこうしたむずかしさに対応する「奇門遁甲の立向座山天盤活用」の
大秘伝を口訣式に説明したものです。本書の内容をよく理解することによ
って、吉方へいけば絶対に吉方  凶方へいけど絶対に凶方とはかぎらな
いといった境地に至ることができます。

さらにもう一歩、

甲尊以外の干からでも求官できる
乙奇以外の干からでも求安できる
丙奇以外の干からでも求財できる
丁奇以外の干からでも求智できる
戊儀以外の干からでも求信できる
己儀以外の干からでも求情できる
庚儀以外の干からでも求寿できる
辛儀以外の干からでも求道できる
壬儀以外の干からでも求勝できる
癸儀以外の干からでも求定できる

といった境地に至ることできます。




【ご注意】
本書は占術の最高秘伝書であり、一般の単なる書籍ではありません。
故に内容とその価値と伝授料とご自分の斯術に対する理解能力を、
十分に納得がいくまでご検討の上、お申し込み下さい。
また、頁数や他書との比較で伝授料を云々されることをご容赦下さい。
ご購入後の返本・お取りかえはお受けいたしません。








佐藤六龍・占い教室・平成26年4月新開講《大阪教室》科目のご紹介(3)


大阪教室 透派秘伝 【子平大法科掘


透派伝承十干推命の最高奥義集大成


・偶数月のみ(隔月)・全6回 4月12日開講
・土曜クラス 16時25分〜17時35分
・講師:田淵英宗先生



他に類を見ない命式究明法のかずかずの公開!!

透派五術大法の特徴は、家伝の五術秘伝を絶やさぬために、代々の当主に
家門の秘伝が確実に伝承されるように工夫された、占術の集大成ともいうべ
きものなのです。

◆整理されている     ◆理論的である     ◆体系的である
◆習得しやすい      ◆暗記しやすい     ◆やさしい

つまり、大法は学ぶ者の知能のいかんを問わず、習得可能なように工夫整理さ
れた秘伝のため、非常にやさしく、伝えやすく、覚えやすく、誰にでも応用可能な
実占的秘伝なのです。
子平をやった人は、この「大法」をぜひとも身につけなければなりません。





☆ ☆ ☆ 「子平大法」  内 容  ☆ ☆ ☆


格局篇…内外格局の取り方とその理論。

用神篇…体神・用神による格局とその喜忌の出し方。調候の用い方。

行運篇…透派極意の集大成。行運が命中の干に与える作用からあみ出した、
透派独自の行運観法。

以上は、「子平大法科機Ν供廚嚢峙曾了。



今年度は、
「推命篇」…人間のあらゆる吉凶成敗禍福を四柱八字から究明する秘法 ― を講義します。

◎形貌…目・耳・鼻・唇・歯・体格(肥痩・身長の高低)

◎性情…温厚・穏健・正直・偏屈・享楽的・ケチ・太っ腹・気が弱い……、などの性格

◎六親…父母からの慈愛・恩恵の度合い・父母への貢献の度合い・兄弟姉妹関係での損得

◎夫妻…配偶者のタイプ・配偶者との感情・配偶者からの恩恵や害の有無

◎子女…子供の寡多・子供との感情(親孝行するか、否か)

◎財禄…財が入るか? 早年に入るか? 晩年に入るか?

◎疾厄…健康か? 病気がちか? どんな病気をしやすいか?

◎福徳…長寿か否か? 人生の楽しみをもてるか?

の見方をくわしく、わかりやすく説きます。



◆受講資格:四柱推命高等科修了者。または、四柱変通星象意と十二運科を今回同時受講者。
(但し、四柱推命中等科修了者に限る)






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *





【占い教室・説明会のご案内】


(4月新開講「五術運命学」教室の受講を希望する方・五術運命学に興味がある方のために)

★強制的なご入会の勧めはいたしません★

数ある占い教室の中で、「香草社がお教えする正統の五術運命学」をご理解いただき、
開講科目それぞれの内容をご案内するための楽しい会です。
趣味や実用として身につけたい方

ゆくゆくは職業にしたいとお考えの方

本業をやりながら副業にしたいとお考えの方

悩み多い人々の役に立っていきたいとお考えの方

ぜひ、お気軽にご参加ください!

知っているといないとでは、
人生の明るさに大きな違いが出る!
「五術運命学」という先達の知恵




【大阪教室・説明会】

◆講 師:佐藤六龍先生

◆日 時:平成26年3月8日(土) 12時30分〜13時30分

◆内 容:占い教室・説明会(「五術運命学」という占い)
              ※どんなご質問もお受けいたします。

◆受講料:500円(税込)  ※当日会場でご納入ください

参加者(未入会の方に限ります)には、『開運五術暦 平成26年版』(定価¥750)を贈呈いたします。
さらなる特典として、《「推背図」開封》(佐藤六龍著・徳間書店刊・定価1,680円)を差し上げます!
佐藤六龍先生の幅広い著書をお楽しみください!

◆会 場:大阪市中央区淡路町  AAホール7階

◆【要申込】:前日までに、お申込ください。

フリーダイヤル : 0120-965-304
電話:03-3464-4405
fax:03-3461-1091
E-mail:info@kososha.com
※お早めにお申し込みください。



《大阪教室・説明会・お申込メールフォーム》








月別アーカイブ
お知らせ


6月の新刊!

『続・占いを愛した人たち』


― 五術家列伝・珍談奇談 ―

明治大正昭和に活躍した名物易者の話




定価 2,800円(税込)









★7/23入荷!★

- 再版 -


『これで身につく五行易』




これで五行易が自由自在に使いこなせるようになります!
世に言う五行易の聖典『卜筮正宗』『増刪卜易』を超えた、真に、今、使える五行易占術!


定価 10,800円
(特価 9,720円)9/30まで







★10月開講★

【占い教室】(後期)

《H30.10月〜H31.3月》

五行易高等科 (月2回)
紫薇推命高等科(月2回)
四柱推命高等科(月1回)
四柱推命中等科(月2回)
奇門遁甲高等科(月2回)
二十八宿生日推命科(月1回)
※二十八宿生日推命科のみ
どなたでも受講可。




【10月新開講・教室案内】








※詳細はお問合せください。
フリーダイヤル
0120-289-850






livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード