【閉店のお知らせ】
弊社は諸般の事情により、5/31をもって解散することになりました。
それに伴い、当オンライン書店は、4/30(火)午後5時をもちまして
閉店いたします。
長きにわたりご愛顧を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。







【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

佐藤六龍

在庫が少なく、再版予定がない書籍を ピックアップして、カテゴリー化!



オンライン書店に、
在庫が少なく、再版予定がない書籍を
ピックアップして、カテゴリー化しました!









購入ご希望の方は、どうぞ、お早めに!


※店頭販売もしております。このカテゴリー内にない本でも、
品切になる場合がございます。あらかじめご了承ください。






オンライン書店ロゴ








占いのキホンの書『中国正統・五術占い全書』割引販売のお知らせ



『中国正統・五術占い全書』

定価 15,750円(税込)



期間限定割引額
14,175円(10%引・税込)








香草社の占い《五術運命学》をご理解いただくため、
おすすめのこの一冊!

占いファンのみなさま、ぜひ、手にとってご一読ください。

期間限定で、10%引きで販売いたします。
【割引期間:平成29年3月31日まで】









『中国正統・五術占い全書』


B6判 654ページ(上製・箱入)

佐藤六龍・張耀文著


旧『中国正統五術占い全書』(二冊組)の本誌の方だけを復刊いたしました。
もう1冊の別冊図表は、すでに『増補・五術万年暦』の書名で、増補版(干支万年暦掲載)を刊行済です。



命・卜・相・医・山のすべて
人間の運命をよくするために、
中国先人が考え出した
叡智の結晶ともいうべき5つの方術を
やさしく、しかもすぐ応用できるように説いてあります!








正しい運命学を習得したいと願う人の必読書! 
中国正統の五術に関する入門書!




五術とは占術百般と漢方と仙道の総合開運術です。

人間の運命をよくするために、中国先人が考え出した叡智の結晶ともいうべき五つの方術を、やさしく、しかもすぐ応用できるように説いた五術の集大成の秘書です。 


本書は一般の人々に読んでいただくための、やさしい実用入門書です(まったくの初歩の人が読んでもわかります)。
と同時に相当研究された専門家のための秘伝書でもあります。(占術の奥義が説かれています)

本書の内容は、たんに占いだけの狭い分野を説いたものではありません。
「五術」のすべてを、やさしく説いたものです。五術とは「人間の運命のすべてをよくするための五つのわざ・方術」を言います。
つまり本書は「人間の幸福のために必要な五つの開運方術」を公開した類のない書です。


■本書は、執筆に三年有余、編集印刷出版(初版時)に一年有余をかけた、650頁を超える大著です。

■やさしく書いてありますから、初心者が読んでもすぐにわかります。

■これまでに斯学を研究されてきた方には、秘伝が満載されています。

■従来の書のように、たんに各占術の羅列ではありません。一つ一つの術の横と縦の関連を説いた五術の集大成の秘書です。


  
《本書の内容》 
 
■運命学・漢方・仙道に初歩の方は、ともかく本書をまず読んでから、各占術の入門書に入ってください。
■ベテランの方・相当に研究した方も、必ず本書をお読みください。本書を読まなければ、中国の正統五術(命・卜・相・医・山)を語る資格はありません。
■本書は、五術の初歩的な解説から、高度なその応用活断の秘伝までを、ことこまかに説いてあります。


〔命術〕生年月日時による宿命推命のすべて
四柱推命術・紫微斗数推命術の入門から奥義の判断法まで、その秘伝がくわしく説かれています。

〔卜術〕占卜による吉凶判断のすべて
五行易・六壬神課・奇門遁甲術の入門から、その占的別による雑占判断の秘伝までがくわしく説かれています。

〔相術〕印相・名相・人相・家相などの相術のすべて
奇門遁甲応用による印相・正しい姓名術・六壬応用の金面玉掌流の手相人相・奇門遁甲家相の判断法とその秘伝がくわしく説かれています。

〔医術〕漢方の方剤と鍼灸のすべて
傷寒論の医方である八綱六経による漢方方剤・六十四卦断易による鍼灸の活用方法がくわしく説かれています。

〔山術〕能力開発のための仙道のすべて
天丹による呼吸法・地丹による病気治療食餌法と保健食餌法・修密法などの仙道における秘伝が説かれています。




序章 正しい運命学
運命学と五術/透派の五術運命学

第一章 五術の基本思想
五術の基本的考え方/五術の内容と特徴

第二章 命による人間の理解(紫薇斗数推命)
紫薇斗数推命術入門/出生図のつくり方/紫薇斗数推命術判断法(命宮・父母宮・兄弟宮・夫妻宮・子女宮・財帛宮・疾厄宮・遷移宮・奴僕宮・官禄宮・田宅宮・福徳宮)

第三章 命による人間の理解(子平推命術)
子平(四柱推命)術入門/命式のつくり方 子平推命の基本(五行強弱・格局用神・喜神忌神・行運の吉凶・命式の吉凶)/子平推命術判断法(形性・健康・六親・成敗・寿夭)

第四章 卜による事態の予測と処置(六壬神課)
六壬神課入門/六壬課式のつくり方/十二支吉凶関係の見方/十二天将星の吉凶の見方/六親生剋星の吉凶の見方/六壬神課判断法(婚姻・胎産・疾病・願望・就職・求財・家出・訴訟・訪謁・旅行・失物・試験・交易・雇用)

第五章 卜による事態の予測と処置(奇門遁甲術)
奇門遁甲術入門/遁甲盤のつくり方/遁甲吉凶の原則/奇門遁甲判断法(縁談・求縁・結婚・妊娠・安産・療養・求医・交易・訴訟・貸借・試験・訪問・移転)

第六章 卜による事態の予測と処置(五行易)
五行易入門/五行易の基本(用神・強弱・応期)/五行易判断法(入試・就職・求財・婚姻・出産・訴訟・疾病)

第七章 相による物体の観察  
印相入門/名相入門(発音の吉凶・数理の吉凶・字形の吉凶)/人相手相〈金面玉掌〉入門(十二タイプ判断法・玉掌九干線判断・玉掌八門紋判断)/家相〈陽宅〉入門(屋外の見方・屋内の見方・屋外の条件・屋内の条件)

第八章 医による病気の治療  
方剤(方剤治療の根本原則の証・易卦と証・易卦と処方)/鍼灸

第九章 山による人間の完成
天丹法〈築基法〉(関所・静座・呼吸法・河車のまわし方・採薬の方法)/地丹法〈食餌法〉(治療式食餌法・保健式食餌法)/符呪法〈修密法〉 

第十章 五術占例集















【五術の吉凶とは?】(季刊「五術」平成19年6月号から抜粋)


【五術の吉凶とは?】

佐藤六龍著

(季刊「五術」平成19年6月号から抜粋)




小生が講習をしていて、たえず感じることは、皆さんが真の五術的意味の吉凶、運のよしあし、という事を十分に理解していない点です。

たびたび書きますように、この社会の吉と凶は、その大部分が偶発ということなのです。すべて、悪い事が起こると、凶運・凶事。よい事が起きると、吉運・吉事と勘ちがいするのです。

この吉凶は、自己が直接に起こした精神的作用と行動的作用を言うのです。ですから、宝くじも、馬券も、親の遺産も、吉運とはしないのです。

占術の吉凶は、当方(五術)の物差しで言っていることなのです。

学童の列に自動車がつっこむのも、暴力団の流れ弾に当たるのも、交通事故にあうのも、これを凶運とはしないのです。その人にとっては凶かもしれませんが、当方(五術)の五術の物差しでは凶とは言いません。

五術の非情な定義を書きましょう。「そんな!バカな?」 と言わないでください。たびたび言う当方の物差しです。

吉ということは、万人が望むことで、万人がなかなか得られにくいことが、自己の身につくことを言うのです。

一番よい例が金でしょう。金銭の嫌いな人、避ける人はいません。と言って、万人が得られるものではありません。それが得られるのを吉と言うのです。地位も名声も幸福も同じです。

しかしこれらは、自己が直接にタッチしての結果を言うのは、前述のとおりです。

凶ということは、万人が避けたいと思うこと、万人がそれに当たったら困ることが、自己の身に起こることを言うのです。これはもうおわかりでしょう。病災・人災・失財です。これらは、自己が直接起こした結果を言うのです。

親がパカで連帯保証人になり、一家離散した場合、未成年者はいざ知らず、成年者は、凶運とか凶運にみまわれたとは言わないのです。親が凶運であっただけ、その子供は社会生活上の常識的凶事にみまわれただけで、その人の凶事ではないのです。

もっと非情な事があります。

酒乱・変態・なまけ者の夫を持つ女性を、五術では凶運とは言いません。なぜなら、離婚すればすむことなのです。

サラ金をやる息子、なまけ息子を持っている親を凶運とは言いません。カンドウすればすむことなのですから。

およそ五術の吉凶は、自己の一般の行動でできにくいことを云々するのです。

ですから、離婚・カンドウする、は日本で自由にできるのです。できることはしないで、苦しんでいて、それを凶とは言わないのです。これが五術です。そこには、夫婦の情も親子の情も、五術の吉凶の物差しの中にないのです。非情という由縁です。

世の中の人は、自己の苦痛そのものを、直接に凶にむすびつけ、凶運・凶命と言っているにすぎないのです。
自己の才覚で商取引きし、倒産した苦しみは凶です。避けられないからです。

カンドウしてしまえばすむこと、離婚してしまえばすむこと、親と縁を切ってしまえば、親の保証人問題は避けられます。

自己がやれることをやらないで、苦しみのみを考えて凶運とは言わないのです。
人間が行動できないで苦痛をあじわうことを凶と言うのです。(但し、それも、自己に直接に関係のある場合に限る)

五術をやる方は、もう一度、五術の物差しの立場にたって、《本当の吉凶》ということを考えてください。






kososha3-syo





★好評販売中!★

『中国正統・五術占い全書』


定価 15,750円(税込)



香草社の占い《五術運命学》をご理解いただくため、
おすすめの入門書!

占いファンのみなさま、ぜひ、手にとってご一読ください。






gojutu-uranai2

B6判 654ページ(上製・箱入) 佐藤六龍・張耀文著





命・卜・相・医・山のすべて

人間の運命をよくするために、中国先人が考え出した叡智の結晶ともいうべき
5つの方術を、やさしく、しかもすぐ応用できるように説いてあります!





【本書に掲載の方術】

  • ◆命=紫薇・子平(四柱)           
  • ◆卜=六壬・遁甲・断易(五行易)      
  • ◆相=印相・名相・金面玉掌・陽宅(家相)
  • ◆医=方剤・鍼灸               
  • ◆山=天丹法・地丹法・符呪法       


正しい運命学を習得したいと願う人の必読書! 

中国正統の五術に関する入門書!

五術とは占術百般と漢方と仙道の総合開運術です。



人間の運命をよくするために、中国先人が考え出した叡智の結晶ともいうべき五つの方術を、やさしく、しかもすぐ応用できるように説いた五術の集大成の秘書です。 

本書は一般の人々に読んでいただくための、やさしい実用入門書です(まったくの初歩の人が読んでもわかります)。と同時に相当研究された専門家のための秘伝書でもあります。(占術の奥義が説かれています)

本書の内容は、たんに占いだけの狭い分野を説いたものではありません。
「五術」のすべてを、やさしく説いたものです。五術とは「人間の運命のすべてをよくするための五つのわざ・方術」を言います。つまり本書は「人間の幸福のために必要な五つの開運方術」を公開した類のない書です。



■本書は、執筆に三年有余、編集印刷出版(初版時)に一年有余をかけた、650頁を超える大著です。
■やさしく書いてありますから、初心者が読んでもすぐにわかります。
■これまでに斯学を研究されてきた方には、秘伝が満載されています。
■従来の書のように、たんに各占術の羅列ではありません。一つ一つの術の横と縦の関連を説いた五術の集大成の秘書です。


  

《本書の内容》 
 
■運命学・漢方・仙道に初歩の方は、ともかく本書をまず読んでから、各占術の入門書に入ってください。

■ベテランの方・相当に研究した方も、必ず本書をお読みください。本書を読まなければ、中国の正統五術(命・卜・相・医・山)を語る資格はありません。

■本書は、五術の初歩的な解説から、高度なその応用活断の秘伝までを、ことこまかに説いてあります。



〔命術〕生年月日時による宿命推命のすべて
四柱推命術・紫微斗数推命術の入門から奥義の判断法まで、その秘伝がくわしく説かれています。

〔卜術〕 占卜による吉凶判断のすべて
五行易・六壬神課・奇門遁甲術の入門から、その占的別による雑占判断の秘伝までがくわしく説かれています。

〔相術〕 印相・名相・人相・家相などの相術のすべて
奇門遁甲応用による印相・正しい姓名術・六壬応用の金面玉掌流の手相人相・奇門遁甲家相の判断法とその秘伝がくわしく説かれています。

〔医術〕 漢方の方剤と鍼灸のすべて
傷寒論の医方である八綱六経による漢方方剤・六十四卦断易による鍼灸の活用方法がくわしく説かれています。

〔山術〕 能力開発のための仙道のすべて
天丹による呼吸法・地丹による病気治療食餌法と保健食餌法・修密法などの仙道における秘伝が説かれています。




序章 正しい運命学

運命学と五術/透派の五術運命学

第一章 五術の基本思想

五術の基本的考え方/五術の内容と特徴

第二章 命による人間の理解(紫薇斗数推命)

紫薇斗数推命術入門/出生図のつくり方/紫薇斗数推命術判断法(命宮・父母宮・兄弟宮・夫妻宮・子女宮・財帛宮・疾厄宮・遷移宮・奴僕宮・官禄宮・田宅宮・福徳宮)

第三章 命による人間の理解(子平推命術)

子平(四柱推命)術入門/命式のつくり方 子平推命の基本(五行強弱・格局用神・喜神忌神・行運の吉凶・命式の吉凶)/子平推命術判断法(形性・健康・六親・成敗・寿夭)

第四章 卜による事態の予測と処置(六壬神課)

六壬神課入門/六壬課式のつくり方/十二支吉凶関係の見方/十二天将星の吉凶の見方/六親生剋星の吉凶の見方/六壬神課判断法(婚姻・胎産・疾病・願望・就職・求財・家出・訴訟・訪謁・旅行・失物・試験・交易・雇用)

第五章 卜による事態の予測と処置(奇門遁甲術)

奇門遁甲術入門/遁甲盤のつくり方/遁甲吉凶の原則/奇門遁甲判断法(縁談・求縁・結婚・妊娠・安産・療養・求医・交易・訴訟・貸借・試験・訪問・移転)

第六章 卜による事態の予測と処置(五行易)

五行易入門/五行易の基本(用神・強弱・応期)/五行易判断法(入試・就職・求財・婚姻・出産・訴訟・疾病)

第七章 相による物体の観察  

印相入門/名相入門(発音の吉凶・数理の吉凶・字形の吉凶)/人相手相〈金面玉掌〉入門(十二タイプ判断法・玉掌九干線判断・玉掌八門紋判断)/家相〈陽宅〉入門(屋外の見方・屋内の見方・屋外の条件・屋内の条件)

第八章 医による病気の治療  

方剤(方剤治療の根本原則の証・易卦と証・易卦と処方)/鍼灸

第九章 山による人間の完成

天丹法〈築基法〉(関所・静座・呼吸法・河車のまわし方・採薬の方法)/地丹法〈食餌法〉(治療式食餌法・保健式食餌法)/符呪法〈修密法〉 

第十章 五術占例集







新刊『子平論語』入荷いたしました!

★本日、入荷いたしました!★



建て前の人生訓より本音の処世術
孔子もビックリの『論語』読解法


五術流処世術・六龍的人生訓


『子平論語』


― 四柱推命で読み解く『論語』 ―




si-rongo-syo



佐藤六龍 著・A5判・254頁・上製函入  

定価 12,000円(税込)  送料サービス



実におもしろい! 五術を極めたら『論語』がパロディに!

建て前や観念論・空論ではなく、現実に役立つ処世術!

論語の人生訓を笑い飛ばし、この厳しい今を生き抜く力となる五術の
考え方を述べた書。


五術的思考法・六龍先生の人生観が凝縮されています。

生き方術の指南書でもあり、四柱推命の秘伝書でもあります!





■『論語』二十章の各章から二種の原文を選び出し、それを四柱推命術で究明して、該当する四柱八字の特徴を七字の文で簡潔に表現してあります。『論語』の調子のよい文を、そっくり取り、それと同じ文体・調子で「子平論語」を構成したものです。

■『論語』で吉の人物をほめた項は、「子平論語」ではどんな命式になるかを、喜忌格局・命式の特徴をあげて説いてあります。

■『論語』で門人を諫めた項は、「子平論語」では、どこがわるいから孔子から叱られたのかを、四柱推命で説いてあります。



◆第一章「学而」篇より
 
巧言令色鮮矣仁 〈論語〉
身弱印軽食洩身 〈子平〉


現代にもっとも多い、調子のよい軽薄な人間像を、〈論語〉ではズバリ「巧言令色」と四字で断言しています。それを〈子平〉では、数多くの子平命式の中で、右の七字のような命式だと的確に言っています。

子平命式は、わずか干支八字ですが、そこに六親・干合・支合・支冲・強弱・格局・喜忌・干の順悖・それらの結論的な吉凶象意 ― があらわされるのです。〈子平〉は、これらの複雑な事柄をわずか七字の中に凝縮しているのですから、この七字のウラオモテを十二分に汲みとらないといけません。たんに字面(じづら)だけだと、誤釈してしまいます。
そのため、〈子平〉七字を子平推命術で究明して、〈論語〉にあたる部分・意味を、〈子平〉で言う命式構成として、誰にもわかるように箇条書きにしておきました。これに当たらないのは、その〈子平〉でも〈論語〉でもないということです。

★各項目の最後に、その項目に該当する命式例が挙げてあります。





kososha3-syo





☆ 発刊記念割引☆

一般の方:10,800円・ 10%引
※各種会員割引きあり。


◆割引期間中:送料サービス ※価格は税込 
【割引期間:本年9月30 日迄(消印有効)】


お早めにどうぞ!


『子平論語』リーフレット(PDF版)






『日本の五術』 佐藤六龍著(PDF版)ダウンロード販売開始!

『日本の五術』 (PDF版)ダウンロード販売開始!


この記事『日本の五術』は、香草社の会報誌・季刊「五術」に連載された記事です。

一話(PDF版)ずつ、ダウンロード販売いたします。(全十七話)







日本の五術1-8頁
※画像は、見本の1ページです。





【デジタルコンテンツ(PDF)・ダウンロード販売についてのお願い】

◆商品設定の都合上、通常の書籍ご購入時の手順と同様に、「配送方法」・「代金決済方法」が表示されます。
必ず、それぞれ、《代金先払》の範囲で選択してください。(代金引換不可)
《代金先払》は、銀行振込・ゆうちょ銀行振込・クレジットカード決済など。

※送料設定は0円にしておりますが、「代金引換」にした場合、商品代金に、代引手数料のみ加算されてしまいます。ご注意ください。

◆デジタルコンテンツのダウンロード販売商品は、他の物販商品と同時に購入することができません。
単独で購入し、ご決済ください。




※『日本の五術』第一話〜第七話は、以前、他のダウンロード販売サイトで販売しておりました。
ご購入済みではないことをご確認の上で、ご購入ください。






【五術対談】 佐藤六龍・山内久司 - 季刊「五術」昭和57年6月号掲載文から抜粋 -


【五術対談】

- 季刊「五術」昭和57年6月号掲載文から抜粋 -



佐藤六龍
山内久司



佐藤 「命」ということについてはどうですか。

山内 「命」というものが、自然の中で存在するかどうかというと、
これは存在するのがあたりまえで、その命がたどれるか、たどれな
いかの話しなんです。四柱推命的命ということからは少しはずれま
すが、例えば私自身が生きてきた過程、自然運行、つまり、太陽が
廻り、月が廻り、潮が満ち引き、というさまぎまの自然運行の中で
生き、存在しているわけです。太陽は1日8時間なり10時間なり陽
を照らして帰って行く、私もそうした自然のサイクルの中で動いて
行かざるを得ないでしょう。私が持っている一個一個の細胞の構造
も、今、現に判明している天体の運行と同じ動きをしているといい
ますよね。ですから、自然の中でしか動いていないことは確かなん
です。そのことを運命と捉えるのか、自然の中の一個体と捉えるの
か、考え方、切りこみ方の違いだと思います。自然の中で動いてい
る一個体の私としてみれば、自然の中の一個体であると考えてもよ
いわけで、その中のどの部分を命として分類できるか、ということ
が、命の問題であり、当然、「命」はあると思います。

ただ、人間活動の中で「命」を分類したのが、四柱推命だと思いま
す。もっとたくさんの別な命もあると思います。人間活動ではなく
て、例えばものすごい長いスパンの中で、大きな人間が、個ではな
く集団の、国がどう動いていくかという命もあると思うんです。

それはありますよね。そうしたさまざまの分類の仕方が、大宇宙の
中で僕らが存在している存在の在り方をどこで切り取っているかと
いうのが、命の在り方だと思います。運命学、四柱推命学の切り取
り方というのはたいへん明解で、十干、十二支を組み合わせるとい
うことと、人間活動の範囲に集中して自然の範囲を切り取っている
ということですね。この人間活動に集中しているところが好きです
ね。これを無茶苦茶に切り取ったりすると、迷信や宗教になるわけ
です。さまざまの自然運行、状況と人間の営みをきれいに分類しな
いで、でたらめにくっつけているわけです。これは下手すると、世
の中のことは何もわからないという不可知論に陥ることになる。

不可知論に陥ると、これは人間の知性の崩壊だと思いますね。やは
りどこかで運命の法則性、生きている法則性をつかみとりたいとい
うのはあるわけです。今の段階では、四柱推命が見事につかみとっ
ているのではないかと思います。

佐藤 先ほど先生が、四柱推命は大自然の中のある一部の命をつか
まえたとおっしゃいましたが、六壬命理というのは、自分と三課、
配偶者との関係を中心にした命理、紫薇というのは、自分と対平均
的な社会というのを十二宮に分けて見ていくわけでしょう。同じ命
であっても、中国というのは、四柱推命を頂にして、何を中心に命
を展開していくかという位置づけがきちんとしていますね。中国の
「命」というのはすばらしいなと思いますね。だってそうでしょう。
西洋にもこんなすばらしいものがあるんでしょうかね。

山内 おそらくないでしょうね。西洋占星術も、実星を観測してあ
る種の法則性を認めようと方向性みたいなものはあります。ただ、
それが一つの世界観にはなっていないわけです。そのことから発展
して、恩恵、哲学にまで昇華させる芽がないのです。

佐藤 人生観とか、社会観とかにつながらないわけです。ところが
四柱推命の考え方というのは、あらゆる物事の考え方に通じるわけ
です。

山内 四柱推命というのは、そういう点もっともすぐれた運命学だ
と思います。

佐藤 漢方はどうですか。

山内 漢方は分類原理がいちばん即物的に出来上ったものだと思い
ます。

病気というものに比して、運命というものはつかみとりにくいもの
ですよね。運命とぃうのは、実感としてわかりにくい部分がありま
すよね。例えば頭が痛いというのは、明解に寒気がするとか、ある
いは寒気より灼熱感が強いとかいうことが皮膚感覚としてあるわけ
です。先生がよく遁甲などで、この方向を使ったら膚で感じるとか
おっしゃいますね。天盤・地盤八門は感じるが、八神や九宮はあま
り膚で感じないと。膚で感じないというのは、象意としてはある、
結果としてはあるわけですが、それがわからないということですね。

例えば、悪い運の年が来た時、遁甲で防いだとしますね、そうする
と、悪かった、悪くなかったというのがわからないわけです。運命
学では、健康体がどんなものか誰にもわからないため、−周で感じ
にくいわけです。

それが漢方薬というのは、膚で感じる最たるものでしょう。健康体
であった時、突然寒気が出て来たという具合にはっきりとわかるわ
けです。

この寒気が出て来た時、最初病邪が表である段階から、寒であるか、
燥であるか湿であるかというふうに分けていく、分類していく方法
は、最も膚で感じる分類の仕方だと思います。

膚で感じにくい四柱推命ですら信じているのですから、いわんや漢
方薬をや、というところです。

佐藤 とすると、日本の漢方医学というものは、どういうものでし
ょうね。

山内 神殺派で、傷官があれば首切役人であったというふうに、風
邪をひいたら葛根湯という具合に盲滅法やっているわけです。日本
の漢方は、神殺派の運命学と同じですね。分類されていないわけで
す。分類されていないものというのは、まったく役に立ちませんね。
山ほど情報があっても情報が多ければ多いほど、分類されていない
ものというのは役に立ちません。

佐藤 うち(香草社)で『千字文詳解』という本を出した伏見先生
が言ってましたね。東和医学協会の理事長の所へ行った帰りのこと
なんですが、「佐藤くん。あれはあれで医者かね。この薬を飲ませ
て効かないからあの薬という、この薬とあの薬の関連性がまったく
ないんだよ」ということなんです。

山内 『漢方療法入門』などという本が出ていますが、あれでよく
人が死なないなと思いますね。石膏をやたらと寒症の人に与えてい
るんです。逆に言えば、日本の漢方薬ほ質が悪くて効かないのでは
ないかと思うくらい、無茶苦茶与えているんですよね。この無茶苦
茶与えているという意味では神殺派でも同じですね。例えば、喜ぶ
食傷か忌む食傷かを一切言わずに、食傷はどうだ、と言えるのは、
風邪には葛根湯だというのと等しいですよね。分類がなされてない
んですね。情報にではなく、分類された情報に価値があるわけで、
分類は中国の知恵ですからね。仕事の話しになりますが、朝日新聞
に行くでしょう、そうするとあの新聞記事を記事ごとに切り抜いて、
分類整理されているわけです。病気というのがありますね、その中
でもスモン病ならスモン病で分類されているわけです。

日本の神殺派の運命学や日本の漢方というものは、新聞を山にして
積んでいるようなものですね。日本の漢方というのは、情報分類を
一切していないところが、情ないと思いますね。

ただ日本の情報分類というのは、きわめて単純でわかりやすく分類
はしているんですがね。五術というのは、分類が縦横斜めにきちん
としていて、世界観にまで通じるでしょう。誰が考えたんでしょう
ね。長年の知恵でしょうかねえ。すばらしいですね。

佐藤 すばらしいですね。しかも私が面白いと思うのは、同じ五術
でも紫薇なら紫薇の中に命とトと相がきちんとしているんですよね。
例えば紫薇の命で、紫薇星と天府星は、一緒になっても、紫薇星と
と太陽星は一緒にならないでしょう。そうすると、ちゃんと紫薇の
漢方でも紫薇の病状と太陽の病状は絶対に同時に起り得ないんです。
ただし紫薇の病状と天府の病状はいつでも起り得るわけです。

そういうふうに、紫薇の星の配合と同じに薬方も家相もすべて整理
されているわけです。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





★占術家必読の名著★


『五術占い全書』




uranaizennsyo3

B6判 654ページ(上製・箱入) 佐藤六龍・張耀文著


復刊希望の多数の声にお応えして、2008年に香草社から復刊!

旧『中国正統 五術占い全書』(二冊組)の本誌の方だけを復刊いたしました。
もう1冊の別冊図表は、すでに
『増補・五術万年暦』の書名で、増補版(平成35年
までの干支万
年暦掲載)を刊行済です。




【命・卜・相・医・山のすべて】

◎人間の運命をよくするために、中国先人が考え出した叡智の結晶ともいうべき
5つの方術をやさ
しく、しかもすぐ応用できるように説いてあります!



【本書に掲載の方術】

◆命 = 紫薇・子平(四柱)
◆卜 = 六壬・遁甲・断易(五行易)
◆相 = 印相・名相・金面玉掌・陽宅(家相)
◆医 = 方剤・鍼灸
◆山 = 天丹法・地丹法・符呪法




正しい運命学を習得したいと願う人の必読書! 
中国正統の五術に関する入門書!



五術とは占術百般と漢方と仙道の総合開運術です。

本書は一般の人々に読んでいただくための、やさしい実用入門書です(まったく
の初歩の人が読ん
でもわかります)。

と同時に相当研究された専門家のための秘伝書でもあります。(占術の奥義が
説かれています)

本書の内容は、たんに占いだけの狭い分野を説いたものではありません。

「五術」のすべてを、やさしく説いたものです。五術とは「人間の運命のすべてを
よくするための
五つのわざ・方術」を言います。

つまり本書は「人間の幸福のために必要な五つの開運方術」を公開した類のな
い書です。




■本書は、執筆に三年有余、編集印刷出版(初版時)に一年有余をかけた、
650頁を超える大著で
す。

■やさしく書いてありますから、初心者が読んでもすぐにわかります。

■これまでに斯学を研究されてきた方には、秘伝が満載されています。

■従来の書のように、たんに各占術の羅列ではありません。一つ一つの術の横
と縦の関連を説いた
五術の集大成の秘書です。










【五術対談】佐藤六龍・山内久司 - 季刊「五術」昭和57年3月号掲載文から抜粋 -

【五術対談】


- 季刊「五術」昭和57年3月号掲載文から抜粋 -




佐藤六龍・山内久司




佐藤 「五術」ということに対してどんな感じを受けましたか。

山内 私は実はここ(東洋五術運命学協会)に来る前に、神殺派の
運命学を一年間習ったのです。というより、一年分の月謝を払った
ので、疑問を持ちつつも、最後には何かあるのではないかと思って
受けたわけです。結局、何も整理されていないし、矛盾撞着だらけ
だし、その辺で、運命学というか、五術というか、その頃は「五術」
という言葉は知らなかったわけですが、すっきりしなかったのです。

一つの例を掲げれば、四柱推命で、傷官が年千にある人は先祖が首
切役人であったというようなことを言うわけです。しかし、年干に
傷官を持っている人はたくさんいるわけで、世の中首切役人ばかり
になってしまいます。先祖を十代さかのぼって見てみれば、十人に
一人年干に傷官を持つ人がいれば、世の中すべての人が先祖は首切
役人だということになってしまいます。それでそのことを聞いたわ
けです。そしたら「それは長男の場合だ」とか、いろいろ言い逃れ
て明確な答がないわけです。それでバカバカしくなって・・・。

八字の命式、十二運を出し、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるで、とに
かく盲滅法打って、そのうち七割当たった、六割当たったと言って
いるようなもので、これはにせものではないか、四柱推命というの
は論理のまやかしになっているのではないかと思っていたわけです。
がなんとなくひっかかってて・・・。

たまたま、神戸の本やで『五術占い全書』を見たんです。それがき
っかけです。まず「五術」とは何だろうと思いました。とにかく、一度
買って帰ってみようということで買ったわけです。

当時3500円だったですかね。『五術』の本誌の方の説明の前文
(序章)を読んで、あれ、これは今までやっていたのと違うんじゃ
ないか、という気がし、命卜相医山という五つの術が関連しあって
いるというのが、おぼろげながらあれを読んでいるとわかるわけで
す。漢方薬にいたるまでが、きっちり体系の中にある。あの第一線、
第二線、第三線とあって、その下に五行易があるという図表などを
見て、これはかなり論理的に整理されたものではないかということ
を感じてやってみようと思ったわけです。

実際やってみて、遁甲なり、四柱なり、漢方の本も読んでみて、分
類整理の巧みさみたいなものには驚きましたね。世の中には必ずど
こかに真理があるわけですね。その真理を盲滅法たどっていく方法
もあれば、うまく整理していく中で真理にたどりつける方法もある、
というよりも、世の中の実体というものを、実体というのは、東洋
的に考えようが西洋的に考えようが同じなわけです。ただ、それを
どう整理し、分類するかということにかけて「五術」というのはス
ゴイなと思ったのです。ものごとを分類整理する仕方みたいなもの
が一番優れているのではないかと。それが「五術」に見事に整理さ
れているというのにびっくりしたわけです。

佐藤 中国の先生がこう言いましたね。世間の人々はよく中国の学
問は優れていると言うが、中国人が自信を持って言えるのば、分類
法であり、整理法である。その他はそんなに優れているとは思わな
い。思考法にしてもです。ただ、分類法は世界にないものを中国は
持っている。こういうことを言いましたね。

山内 スゴイですね。まず、陰陽に分類するということから始まる
わけです。この陰陽の分類の仕方というのは、今のコンピューター
がそうですね。プラスとマイナスしかないわけですから。

今は、西洋の学問が、初めにテーゼがあって演繹するのではなく、
分類しながら一つのテーマを求めていく、という方向にどんどん変
わっていると思います。そういう意味では、中国人の学問、知恵み
たいなものは、壮烈なものだと思います。たとえば、漢方薬の考え
方でも、薬の成分を抽出するのではなく、これは熱に効くか、効か
ないかで分けていく、そして人間の体質を熱寒実虚燥湿に分けてい
く、それと同時に薬もそれによって分けていく、それを総合的につ
なぎ合わせると一つの処方になっている。


この中国の考え方はスゴイなと思うわけです。

私達が学校で習った論理学というのは、西洋論理学です。たとえば
病気の原因を探り出さないと治せない、世の中のできごとの原因を
探らないとなおせない。世の中で起こっていることは、原因があっ
て起こるのだから、探らないとなおせない。三段論法もそうでしょ
うし、全部そうなんですよ。ところがそうではなく、つまり原因を探る
のではなく、世の中の事象を分類整理して箱の中にきれいに入れ
ていくみたいな形です。漢方薬の成分の抽出ではなく、作用の分
類ですね。こういう考え方は、これからの世の中で、もっとも新し
い思考法、哲学としてあるのではないでしょうか。

佐藤 ジャーナリストの最先端にいらっしゃる山内先生が「五術」
に興味を持たれたということで、その点をじっくり聞いてみたくて
こんな企画を出したわけなんです。

たしかに今の先生の話しのとおり、中国での整理分類法は、現代に
通用するものですね。

山内 今は西洋的知性、マルキシズムだって、資本主義だってそう
だと思いますが、本質論が大事ではない時代なんですね。これは私
の考え方なのですが、人間が本質とは何かを考えること自体が、膨
大な自然現象なり何なりを人間の頭で切り取ってしまっていること
であり、中国人はこんなバカなことはしないわけです。ありのまま
を分けていく、分けていく中で、何かの実体をみきわめていく、人
間ともっとも関係した部分を自然と捉えていく、これはスゴイと思
います。

生物学の世界でも、ダーウィンの進化論が西洋ではもっとも重要視
されています。自然淘汰されていって人間はできてきた。あるいは
悪い部分は切り捨てられ、弱者は滅んで強者が残っていく。これが
ダーウィンの自然淘汰の説なのです。これは逆に言うと、分類法を
一切やっていないわけです。生物というのは、弱者、強者だけで淘
汰されていかないんですね。分類されて住み分けていくわけです。

山の中に住んでいる動物、あるいはどこかに住んでいる動物という
ふうに、自然が分けているわけです。このことを言い出したのは、
京都大学の生物学の今西錦司先生です。住み分け理論という。弱い
部分も強い部分も同居して住んでいて、自然というものはトータル
にあって、自然がそれを分割していく、これが今の生物学の本流を
占めているわけですよ。
というふうに、いろいろ考えて僕の今の思考体系というか、哲学と
いうのは、五術が考え方の基本になっているわけです。

         以下次号





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





★占術家必読の名著★

『五術占い全書』



uranaizennsyo3

B6判 654ページ(上製・箱入) 佐藤六龍・張耀文著


復刊希望の多数の声にお応えして、2008年に香草社から復刊!

旧『中国正統 五術占い全書』(二冊組)の本誌の方だけを復刊
いたしました。
もう1冊の別冊図表は、すでに『増補・五術万年暦』の書名で、
増補版(平成35年までの干支万年暦掲載)を刊行済です。





【命・卜・相・医・山のすべて】

◎人間の運命をよくするために、中国先人が考え出した叡智の結晶
ともいうべき5つの方術をやさしく、しかもすぐ応用できるように説い
てあります!


【本書に掲載の方術】

◆命 = 紫薇・子平(四柱)
◆卜 = 六壬・遁甲・断易(五行易)
◆相 = 印相・名相・金面玉掌・陽宅(家相)
◆医 = 方剤・鍼灸
◆山 = 天丹法・地丹法・符呪法


正しい運命学を習得したいと願う人の必読書! 
中国正統の五術に関する入門書!


五術とは占術百般と漢方と仙道の総合開運術です。

本書は一般の人々に読んでいただくための、やさしい実用入門書です
(まったくの初歩の人が読んでもわかります)。
と同時に相当研究された専門家のための秘伝書でもあります。(占術の
奥義が説かれています)

本書の内容は、たんに占いだけの狭い分野を説いたものではありません。

「五術」のすべてを、やさしく説いたものです。五術とは「人間の運命の
すべてをよくするための五つのわざ・方術」を言います。

つまり本書は「人間の幸福のために必要な五つの開運方術」を公開し
た類のない書です。


■本書は、執筆に三年有余、編集印刷出版(初版時)に一年有余をか
けた、650頁を超える大著です。

■やさしく書いてありますから、初心者が読んでもすぐにわかります。

■これまでに斯学を研究されてきた方には、秘伝が満載されています。

■従来の書のように、たんに各占術の羅列ではありません。一つ一つ
の術の横と縦の関連を説いた五術の集大成の秘書です。








平成27年4月11日(土)開講!《占い教室・科目のご案内》(大阪・淀屋橋)

いよいよ、今週末 4月11日(土)・12日(日) 開講!!


《占い教室・科目のご案内》 
(大阪・淀屋橋)

※新入会の方が受講できる初等科・普通科クラスです。



運勢を占う 【四柱推命初等科】

誕生の年月日時間を使って、その人の一生を占うのが、「四柱推命術」
です。

自分の運命の全てがわかります。

そして、父母兄弟との縁、配偶者との縁がわかります。
才能は? 出世は? 成功できるか? 財産は? 幸福になれるか?  
寿命は?
良い運の時期はいつ?…人生最良の時を知り、その時を謳歌しましょう。
悪い運の時期はいつ?…困難がふりかかる時期を知り、最善の対処法
で切り抜けましょう。

自己の器を知ることは、最大の防御であり、発展のチャンスです!

「四柱推命術」は、生きるための力強いパ−トナ−です。



開運・運勢好転の術 【奇門遁甲初等科】

◇開運発展の驚異の吉方秘法です。
吉運を呼ぶ方位がわかります。

◇自分に良い作用を与えてくれるような方位を選んで行動をし、希望を
達成させるための占術。
―  引越・入学就職試験・見合・商談・交渉……のような明確な目的をも
って、自宅から別の場所へ移動する場合に吉方を使用し、運勢を好転さ
せるための術です。

◇財・地位・職業などの目的別による希望達成の遁甲使用法をわかり
やすく講義します。

◇奇門遁甲には動かなくても吉方使用の効果が出る遁甲独自の座山
遁甲方位もあります。(高等科で学びます)

■気学の六倍の精密度! 五黄・暗剣もまったくおそれません!



運勢を占う 【紫薇推命初等科】

◇東洋独特の星を用いたやさしい占術です。
星の名前と意味さえ覚えれば、誰でも、その日から占えます。

◇性格・才能・六親関係(親子・兄弟・夫婦の間の仲の良悪や恩恵の度合い)・
財運・適職・趣味・部下運・不動産 ― など、事こまかにわかります。病気は
病名までわかり、配偶者の容貌や好みまでわかります。

■とくに占術家志望の人には最適の占いです。いろいろな占事(12の項目)が
わかるので、お客さまによろこばれるアドバイスができます。




物事や事件の対処法を占う 【五行易初等科】

大切な物を無くしてしまった…いつ、どこで見つかるか?
家人が家を出てしまった…どこへ行ったのか、いつ頃戻ってくるか?
いい縁談があり、見合いをした…結婚へとうまくいくだろうか?
親が病気になった…回復するだろうか?いつごろ治るだろうか?
子供が事件を起こしてしまった…ゴタゴタせず、うまく解決できるだろ
うか? ものごとの対処法をあなたに授けます。
五行易は、あなたを助ける羅針盤です。

※講習会では、サイコロ3個(教室で配布)を使って易卦をたてます。


saikoro



事件を占う 【十二支占断科】 (六壬占ト)
           
対人関係に強みを発揮する占術です!

■十二支を用いますから、むつかしくありません。誰でも習得できます。

■占断依頼の多い対人関係一切のことが事こまかにわかる、他に類
を見ない占いです。

■恋愛・結婚・三角関係・争い・取引・対人関係などのすべてが手に
取るように占えます。 (例:配偶者や恋人の浮気相手までわかります)

■その他、あらゆる人事百般が占えます。






《大阪教室》 その他の開講科目(中級〜上級クラス)

・五行易高等科
・四柱紫薇実占例科
・紫薇推命高等科
・子平大法顕
・四柱推命高等科
・四柱推命女命賦科




(詳細は、 《香草社ホームページ》 をご覧ください)




※詳細は、お問い合わせください。
「資料請求フォーム」 をご利用ください。









佐藤六龍・占い教室 《平成27年4月新開講》 説明会のご案内



◆佐藤六龍・占い教室 《平成27年4月新開講》 説明会◆



★強制的なご入会の勧めはいたしません★


数ある占い教室の中で「香草社がお教えする正統の五術運命学」を
ご理解いただき、開講科目それぞれの内容をご案内するための楽
しい会です。

お気軽にご参加ください。



趣味や実用として身につけたい方

ゆくゆくは職業にしたいとお考えの方

本業をやりながら、占いを副業にしたいとお考えの方

悩み多い人々の役に立っていきたいとお考えの方

知っているといないとでは、人生の明るさに大きな違いが出る!「五術運命学」という先達の知恵。





・・・・・・・・・・・・・・・・・




【東京教室・日程】

◆日 時:平成27年3月7日(土)13:00〜14:00

◆講 師:陽 政道先生

◆参加費:500円(税込)当日会場でご納入ください。
※入会者にはご返金します(受講費用に充当します)

◆会 場:東京・渋谷 香草社3階講習室

◆内 容:占い教室・説明会(「五術運命学」という占い)

◆贈 呈:古代中国の大予言書『「推背図」開封』(佐藤六龍著・徳間書店刊)1680円・
『開運五術暦 平成27年版』定価810円



◆《東京教室・説明会・リーフレットPDF・ダウンロード》

◆《東京教室・説明会・会場地図PDF・ダウンロード》





【大阪教室・日程】

◆日 時:平成27年3月14日(土)10:30〜11:30

◆講 師:田淵英宗先生

◆参加費:500円(税込)当日会場でご納入ください。
※入会者にはご返金します(受講費用に充当します)

◆会 場:大阪市中央区淡路町  AAホール7階

◆内 容:占い教室・説明会(「五術運命学」という占い)

◆贈 呈:古代中国の大予言書『「推背図」開封』(佐藤六龍著・徳間書店刊)1680円・
『開運五術暦 平成27年版』定価810円


◆《大阪教室・説明会・リーフレットPDF・ダウンロード》

◆《大阪教室・説明会・会場地図PDF・ダウンロード》




《占い教室・説明会》 申込フォーム


電話:03-3464-4405
fax:03-3461-1091
E-mail:info@kososha.com


※参加希望の方は、必ず、事前にお申し込みください。

※詳細は、お問い合わせください。
「資料請求フォーム」 をご利用ください。







《佐藤六龍・占い教室・東京教室・新開講科目のご案内》


◆佐藤六龍・占い教室 《東京教室》 科目のご案内◆


※新入会の方が受講できる初等科・普通科クラスです。





運勢を占う 【四柱推命初等科】

誕生の年月日時間を使って、その人の一生を占うのが、「四柱推命術」です。
自分の運命の全てがわかります。

そして、父母兄弟との縁、配偶者との縁がわかります。

才能は? 出世は? 成功できるか? 財産は? 
幸福になれるか?  寿命は?

良い運の時期はいつ?…人生最良の時を知り、その時を謳歌しましょう。
悪い運の時期はいつ?…困難がふりかかる時期を知り、最善の対処法で
切り抜けましょう。

自己の器を知ることは、最大の防御であり、発展のチャンスです!

「四柱推命術」は、人生を生ききるための力強いパ−トナ−です。






開運・運勢好転の術 【奇門遁甲初等科】

◇開運発展の驚異の吉方秘法です。
吉運を呼ぶ方位がわかります。

◇自分に良い作用を与えてくれるような方位を選んで行動をし、希望を達成
させるための占術。
―  引越・入学就職試験・見合・商談・交渉……のような明確な目的をもって、
自宅から別の場所へ移動する場合に吉方を使用し、運勢を好転させるため
の術です。

◇財・地位・職業などの目的別による希望達成の遁甲使用法をわかりやすく
講義します。

◇奇門遁甲には動かなくても吉方使用の効果が出る遁甲独自の座山遁甲
方位もあります。(高等科で学びます)

■気学の六倍の精密度!五黄・暗剣もまったくおそれません!






運勢を占う 【紫薇推命初等科】

◇東洋独特の星を用いたやさしい占術です。
星の名前と意味さえ覚えれば、誰でも、その日から占えます。

◇性格・才能・六親関係(親子・兄弟・夫婦の間の仲の良悪や恩恵の度合い)
・財運・適職・趣味・部下運・不動産 ― など、事こまかにわかります。
病気は病名までわかり、配偶者の容貌や好みまでわかります。

■とくに占術家志望の人には最適の占いです。いろいろな占事(12の項目)が
わかるので、お客さまによろこばれるアドバイスができます。






物事や事件の対処法を占う 【五行易初等科】

大切な物を無くしてしまった…いつ、どこで見つかるか?

家人が家を出てしまった…どこへ行ったのか、いつ頃戻ってくるか?

いい縁談があり、見合いをした…結婚へとうまくいくだろうか?

親が病気になった…回復するだろうか?いつごろ治るだろうか?

子供が事件を起こしてしまった…ゴタゴタせず、うまく解決できるだろうか? 

ものごとの対処法をあなたに授けます。

五行易は、あなたを助ける羅針盤です。

※講習会では、サイコロ3個(教室で配布)を使って易卦をたてます。






手相をみる 【東洋流手相科】

手のひらで、その人の出世・結婚・恋愛・家庭生活・財運・才能・対人
関係・人気・趣味・病気まで、あらゆることがわかります。

どんなに自分を飾っている人でも、手のひらをみればそこにその人の
ありのままの情報がぎっしりと詰まっています。

手相を身につけることで、円滑な交友関係が築けます。処世術として
もお勧めの占術です。

誰もが自分の運勢傾向を知りたがります。手相を知っていれば人が
集まる場所での話題には事欠きません。人気者になること間違いなし!






家相をみる 【奇門遁甲家相科】

家族の平穏無事・学業成就・商売繁盛・立身出世・病気平癒などの希望
をかなえる良い家相の家を造りましょう。家は日々の暮らしの土台です。

毎日、家族に笑顔を呼び込む吉の家相であることが、即!家族ひとりひ
とりの豊かな人生につながっていきます。良い家相の家は、運勢が良く
ない人の凶兆を抑えてくれます。また、運勢が良い人の吉兆をさらに増
幅してくれます。

風水原理に基づいた正しい家相術です。






《東京教室》 その他の開講科目(中級〜上級クラス)


・奇門遁甲高等科
・遁甲日盤命理科
・紫薇推命高等科
・四柱推命中等科
・四柱推命高等科
・四柱推命継善編科
・子平二十一大吉局秘奥科
・子平大法群





★【占い教室・説明会】のご案内はこちらをご覧ください。








月別アーカイブ
お知らせ



12月初旬刊!
《佐藤六龍先生遺稿》
少部数限定発行!

『子平比翼推命術』


- 透派 十干推命の真髄 -


佐藤六龍著
(A5判・上製函入)
定価 9,720円(税込)


《発刊記念割引》
(2019/2/28まで)
一般の方:8,740円(10%引)
会員の方:7,770円(20%引)
※送料サービス


「比翼」とは、命中における二つの六親星(変通星)の関係を指し、それが命式にとって吉い作用をしている場合を言います。「官殺生印・食傷生財・財旺生官」の三種です。

本書では、この三種の「比翼」に、それぞれ成立の五条件というものを設けて、明確に定義しています。そして、どのような三干の組み合わせが比翼の吉命として成立するのか、具体的に記述してあります。たんに五行的な生剋ではなく、十干の特質と作用の有無から見た比翼の関係です。









フリーダイヤル
0120-289-850

livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード