日本の占い界を牽引した佐藤六龍師の著書100余冊を好評販売中!

師の膨大な知識を、占いを研究するみなさまへ

わかりやすく伝達する【占い教室】は、

東京(渋谷区)で開講中!
 


【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

漢方

 【 誰でも応用できる「易医漢方」 】  (香草社会報誌・季刊「五術」掲載文から抜粋)

 【 誰でも応用できる「易医漢方」 】    佐藤六龍著

     (香草社会報誌・季刊「五術」平成16年9月号に掲載文から抜粋)




日本は周易が非常に盛んです。五術家も一般教養人も好きです。

しかし占術としては最低というより、論ずるに足りな い愚劣なもので、占いとしては
使用にたえないものであることは、何度もこれまで記してきました。

江戸時代の周易の人々は、この周易を使って薬を用い病を治す「易医」という書を
数多く書いています。これは日本独特のものです。 中国や当流では周易ではなく、
易卦を符号化して、コンピュータと同じ原理を用いて漢方薬を用いる「易医」という
も のを考え出しました。 病人を診、漢方薬を用いるのに、易卦をたてるのではなく、
病人の病状体質を、易卦に符号化して、漢方薬を用いるの です。

易医というと、易卦をたてる、と勘違いする人が多いのですが、そんな偶発的なこと
で、病気が治るものではあ りません。 易卦は六爻あって一卦となり、基本卦が八卦
で六十四卦の易卦が構成されます。これに病状体質をあわせたものが、本 当の
易医なのです。

病人をまず「陰陽」に分け、次に「四要」を分け、次に「経絡」を分け、「熱寒」を分け、
「実虚」を分け、「風水燥 湿」を分けるのです。

つまり病人の体質・病状を六段階に分けるのです。符号として陰陽に分けます。
そうしますと、 六段階ですから、六爻におさまり、一つの易卦になります。 そして、
その易卦にはそれぞれ漢方薬の処方が配されていますから、すぐ病人にあった
処方が得られるわけです。

サラリーマンの人がカゼをひいたとき、カゼはひいたがまだ勤めに出ている(元気
があるから陽)、会社を休んで床に ついた(元気がないから陰) − これで上爻
がきまります。
次に苦痛部を調べます。のどが痛い、腹が痛いで外側なら陽、下痢なら陰 − 
これで五爻が決まります。
次に病気の位置を陰陽に分けます。(略)
次に病症の熱と寒を陰陽に分けます。
次に病気の勢いを実と虚の陰陽に分けます。
次に病気の原因、寒さにあたったのか、冷えすぎたのか、というのを陰陽に分けます。

こうして陰陽を六回分け、一つの易卦を出していくのが易医です。

熱があるが会社に出た「陽」、頭がガンガンする「陽」、初期である「陽」、のどが
かわいて水を飲む「陽」、日頃元 気である「陽」、残業して夜おそく風にあたった
「陽」、で、乾為天という易卦になります。 処方は、大青竜湯という処方になり、
これを二服も飲めば、汗が出ていとも簡単に治ります。

要は、易医は、病位の陰陽・病位の四要・病位の経絡・病症の熱寒・病勢の実虚
・病因の風水燥湿を、陰陽の記号に分 けてみる方法で、原理を知りますと、誰でも
応用できるのが、易医漢方のすばらしさです。



※詳しくは、『中国易医漢方術』をご覧ください。  


ekii





















香草社の漢方書シリーズ、好評販売中です!














 

【鬼の手相(相)】(香草社・会報誌・季刊「五術」昭和56年12月号掲載文から抜粋)



【 鬼の手相(相) 】
     佐藤六龍著

(香草社・会報誌・季刊「五術」昭和56年12月号掲載文から抜粋)




私が鬼の手相を見たわけではありません。鬼とはかくいう私(六龍)です。昭和二年生まれで
53才まで、医者にかかったのは歯医者だけです。寝こんだのは、今から六年前に八日間、
風で熱を出し寝たのが一回。これまで六時間の睡眠で馬車馬のごとく行動して来た私が、
熱を出して生まれて始めて病院に入院という始末。いわゆる「鬼のカクラン」です。

病名は、腎盂腎炎というもの。腎臓の中のふくろ状の部分で、腎臓から排泄された尿をこの
腎盂の所に集め、そこから膀胱へ送り出す役目の臓器です。ここに雑菌が熱のためについ
てしまいおこる病気です。

火曜日も朝四時に目がさめ、五時の一番電車で会社に行き、原稿を書き、夜まで元気いっ
ぱいに仕事をし、十一時に寝ましたが、水曜日の六時ごろ熱っぽくて目がさめ、便所に行き
ました。小水が赤く少ししか出ません。おかしいと思ったら、それで発病。十五分おきに尿意
をもよおすが、痛みだけで小水が出ない上に熱ばかり高くなります。

漢方でいうと、「陰・血・心・熱・実・湿」 の証であり、方剤は「大黄牡丹皮湯」になるはずです。
ともかく薬を飲む前に西洋医にと考え病院に行きましたら、腎盂腎炎で自宅療養などとんで
もない、即日入院でその場から病室につれこまれてしまいました。本当に鬼のカクランです。

すこしでも身体の不調があれば、漢方の薬もありますし、香草社の仙道食の腎源もあるの
ですから……、ところが前の日まで元気いっぱい、朝目がさめたら病気、というのですから
手のうちようなし。後の事ですが、くやしくで入院中にこれまで習った漢方仙道のノートを読
みかえしてみました。

やはり、ちゃんとありました。
 
熱証・実証は日頃丈夫で元気であり、また治療も短期間で簡単になおるが、病気は急に来
るし、手遅れで死亡する事が熱実証の特色とありました。

私の場合もこれです。入院して抗生物質のテンテキをしてもらい寝ているだけです。
まさか大黄牡丹皮湯の煎薬を持っていくわけにはいかないし、といって手軽な漢方エキス剤
はまったく効果がありませんから困ってしまい、香草社の「腎源」をこっそり持ちこみ、人の
三倍ぐらい飲みました。

テンテキも効いたのでしょうし、「腎源」も効いたのでしょう、三日目から熱もさがり、小水も
どんどん出るようになり、色もきれいになり、医者も首をかしげるくらいの早さでした。
しかし、小水の検査では、まだ白血球がたくさんでており、体内で病菌と闘っていることが
わかり、退院はまだまだということでした。

考えてみれば、53年間不眠不休だった疲れが一度に出たのです。そこで一つゆっくり休
ませてもらう気持ちになり、ゆとりが出てきました。ここから、いよいよ鬼の手相です。

入院という大病ですから、人相や手相には必ず出るはずと考え、一生懸命に自分の人相
をみました。鼻は疾厄宮ですから見ますが出てません。出費の時や支払いの時はおもしろ
いくらいはっきりと赤点なり赤色で出るのですが、今度の病気については出ていません。
耳もまったく変化ありません。

特に腎盂炎ですから、腎臓系の疾病で耳にあらわれる筈です。しかし耳の色もまったく変
りありません。どうも顔には今度の病気は出ていないようでした。

手相を検討してみました。疾病をみる癸儀線(玉掌流)はこれまた異常なしです。どこかに
この大病(?)の印が出てなければ、といろいろ考えてみますが出ていません。
 
そのうち、大きな変化に気づきました。まったく病気に関係のない線に大変化が出ている
のです。
それも両方の手にです。西洋流でいう感情線、玉掌流でいう丁奇線(掌の横にはしる三大
線の一番上の線)に変化が出ているのです。

私の丁奇線は両方とも先端が二又にわかれています。玉掌流でいうと丁奇線が丁状紋に
なっているということ。奇門遁甲でいうと天地盤が丁丁という事。つまり知的面での吉相と
いう手相です。別に私は頭がよいわけではありませんが、運命学が飯より好き、それも理
論面のしっかりした占術が好き、人に教える事も好き、好き嫌い上手下手は別として一応
著作をなんとか物にしている、占術以外でも本は大好きという特性を持っていますが、こ
れがすべて玉掌にあらわれていたのです。

つまり丁奇線の先端が二又にわかれている相(丁丁)がそれにあたります。

ところが、入院して手をみますと、両方の手とも、この二又がまったく消えてしまい、丁奇線
の末端が弱々しく一本になっているのです。つまり丁奇線の丁状紋がなくなっているのです。
これ以外手の線にはまったく変化はありませんでした。この丁奇線の変化は病気にはまっ
たく関係はありませんが、私にはすぐにわかりました。

疾病や入院という事によって思考力(つまり丁奇の作用状態)がなくなっている − という
事をあらわしているのです。私の腎盂炎そのものは手相にあらわれでいませんが、病気に
よって知能が弱っている、物の考え方ができなくなっている − 事を手相にあらわしている
のでしょう。

鬼のカクランで鬼の手相とはこんな次第です。私は思考力が弱っているという点を百も承知
で本を入院中読みまくりました。これまで時間がなく読めなかった本を手当たり次第に読み、
夜中に何度も看護師さんにしかられました。しかし、本というのはつくづくありがたいものだと
いう事をさとりました。良書も悪書も、読めば読むほど人生にプラスになるという事を、丁奇
が弱っていながらさとった次第です。(それは悪書偽書が多く、それによって人生を見る目
がこえてくる意で、一般の人がいうような本によって知性が高まるなどという事は、私には
まったくありません)






《やさしい漢方の話(2)・生姜(しょうが)は怖い》


   やさしい漢方の話し(2) 

 【生姜(しょうが)は怖い】

        佐藤六龍


誰でも健康で長生きしたい!はわかりますが、現代ではあまり
にもそれが安易に考えられているのではないでしょうか。

テレビでの健康食品のコマーシャルの多さにはあきれるばかり
です。そこには常識も真の健康も、片鱗さえうかがえません。

今は生姜(しょうが)がおおはやり。これを飲めば、たちどこ
ろに冷えが治る! ― というのです。

漢方では千八百年前から、この生姜をあらゆる漢方処方に使用
してきました。人間に効果があるのはわかっていたのです。

しかし、使い方にコツがあるのです。下手に使うと害や苦痛が
あるのです。これを今の人は知らないのです。

第一、生姜を単味(一種類だけ用いること)で用いることは絶
対にありません。今流行のように粉末(生姜一種の)や、すっ
たのを用いては、さほどの効果はありませんし、害の方が多い
のです。こうした微妙な使い方を説いたのが正式の漢方なので
す。

今度発刊された『中国正統 漢方秘法・口伝集』には、それら
がくわしく述べられています。これは、正式漢方の口伝なので
す。

「二番煎じ」という語があります。今では悪い意味に使用され
ています。「以前の繰り返しで新味のないもの」というバカに
した語です。ところが漢方では、「頭煎・次煎・三煎」と言っ
て、病症・体質によってそれらを使い分けていて、けっして二
番煎じ(次煎)が悪いのではないのです。

むしろ、漢方の真実はこの二番煎じにあるのです。

これも『中国正統 漢方秘法・口伝集』にはくわしく述べてあ
ります。

まだ五術を修得しない六十年前の事。家内(文栞)に「小柴胡
湯」を煎じて服用させ、持ち前の貧乏性から、色が出るからも
う一度煎じて、二番煎じを作り、私が服用していたのです。そ
の後、中国師にめぐり会い、こう言われました。

「佐藤さん、あなたが丈夫なのは、奥さんの小柴胡湯の次煎
(二番煎じ)を飲んでいて、効き目の薄い頭煎を奥さんに飲ま
せていたからなのだよ!」と。

そして、この三薬の服用区別をことこまかに教えていただいた
のです。ここで私は目が開けたのです。漢方の秘伝・口伝はむ
つかしいものと思っていたのに、生姜の使い方・二番煎じ・脈
の見方のインチキ ― など。それから私は必死に漢方を学ん
だものです。


私は本年、八十四歳と五ヶ月。悪いところは、頭と口の二点で
す。野菜は一切口にしない。トウフ、酢の物、味の薄いものは
大嫌い。味が濃く、塩気の強いものが大好き。腹八分目どころ
か、腹十二分の満パイにしての毎日。こんなことをしても、漢
方はしっかり服用しているから丈夫に過ごせたのでしょう。


今、ゴマがセサミン云々と騒がれてますが、漢方では千八百年
前からゴマ仁として処方にあるのです。私はゴマ・クルミ・山
芋の粉末を三食ごとに服用しています。セサミン云々は昔から
あったのです。漢方の偉大さで、私は丈夫に過ごしてこられま
した。 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




★『漢方秘法・口伝集』の詳細、および、ご購入は、香草社オンライン書店 にてどうぞ!




kanpohihou





















《やさしい漢方の話・体力減退の方のために》



   《やさしい漢方の話》

【体力減退の人のために(医)】     張 明澄


    (季刊「五術」平成1年12月号掲載記事より)



普通の病気とちがって、体力減退は、ただ薬に頼ってばかりでは、
思うようになりません。

体力を強めるには、漢方薬を服用するほか、まず第一に、睡眠点
数を増やすことです。

睡眠点数は、

 1時から3時までが2点
 3時から5時までが3点
 5時から7時までが2点
 7時から9時までが2点
9時から11時までが3点
11時から13時までが3点
13時から15時までが3点
15時から17時までが2点
17時から19時までが2点
19時から21時までが2点
21時から23日時までが2点
23時から1時までが1点

というようになります。

普通の人は、だいたい8点ほど寝ていますが、それを10点ほど寝
ますと、体力が非常に強くなります。
反対に、8点も寝ていないと、いま体力が弱くなくとも、これから弱く
なっていきます。


猛烈社員はよく残業して、夜十二時に寝て、朝六時には起きますか
ら、

0時から1時までが0.5点
1時から3時までが2点
3時から5時までが3点
5時から6時までが1点

ですから、6点半しか寝ていないことになり、早くから体力が弱ま
り、未老先衰(いまだ老けず先に衰える)になります。

睡眠点数をじゅうぶん取るほか、体質を悪くして体力を弱める食
べものを、なるたけ避けなければなりません。これらの食べものを
体質別に挙げますと、

熱実タイプの人は牛肉・アルコール類・タバコ・塩分のきつい物

熱虚タイプの人はニンニク・コーヒー・タバコ・甘すぎたり酸っぱ
すぎたりする物

寒実タイプの人は玄米、ハチミツ・ハトムギ・小麦

寒虚タイプの人はハトムギ・ニンニク・タバコ・コーヒーというよう
になります。

ニンニク・玄米・ハチミツ・ハトムギ・小麦などは、日本では正しく
ない知識によって、健康食品と誤解されています。ですから、体
質の合わない人は、間違って食べすぎないように、くれぐれも気を
つけてください。

心有余而力不足(心に余りあれど力は足らず)にならない、あるい
は、それをなおす漢方薬は、熱実タイプ(冬でも冷たい飲物が好
きで暖房を嫌がり、元気があり、便秘がちの人は柴胡加竜骨牡
蛎湯

寒実タイプ(夏でも温かい飲物が好きで冷房を嫌がり、元気があり、
無汗傾向)の人は桂枝加竜骨牡蛎湯

熱虚タイプ(冬でも冷たい飲物が好きで暖房を嫌がり、疲れやすく、
多汗傾向)の人は清心蓮子飲

寒虚タイプ(夏でも温かい飲物が好きで冷房を嫌がり、疲れやすく、
軟便がち)の人は杞参腎気丸をそれぞれ服用します。

柴胡加竜骨牡蛎湯には、竜骨・牡蛎・柴胡・茯苓・半夏・生姜・大
棗・大黄が入ります。

桂枝加竜骨牡蛎湯には、竜骨・牡蛎・桂枝・炒芍・甘草・生姜・大
棗・大黄が入ります。

清心蓮子飲には、麦冬・茯苓・黄・枸杞・人参・黄耆・甘草・蓮
肉が入ります。

杞参腎気丸には、山薬・茯苓・山茱・枸杞・人参・黄耆・丹皮・蓮
肉が入ります。

分量の割合は、その人によって調整した方がより効果的です。特に
実タイプ用の柴胡加竜骨牡蛎湯・桂枝加竜骨牡蛎湯には〈大黄〉が
入りますから、下痢になりやすく調整が必要です。

また、枸杞は日本産や韓国産は効果が低く、中国産の良質のもので
なければいけません。黄耆・蓮肉は必ず修治加工してあるものを使
うこと。市販品の蓮肉は芯が抜いてないため、逆効果になり、黄耆
も加工してないと効果が望めません。

普通は一日三回、少くとも一日二回、根気よく服用すれば、かなら
ず元気が出てくるようになります。

よく眠ってよい漢方薬を飲んで、悪い健康食品を避けて、どんどん
元気になってください。






★新刊のご案内★  平成23年11月末刊行!

kanpohihou

 日本にない本物の中国医学!
                    
 中国正統  『漢方秘法・口伝集』   

 張 明澄 口述 ・ 佐藤六龍 著        

 A5判・並製本・328ページ・定価12,600円(税込)

 《発刊記念割引あり》 平成24年1月31日迄
   









                                                           
 佐藤六龍先生が張明澄師から三十数年にわたり伝授された
 中国正統漢方の秘法・口伝を、ここに、すべて公開 !!

 ★正しく、伝え、研究される機会を逸した日本漢方界に、正統漢方を披瀝★



ご購入は、 《香草社オンライン書店》 からどうぞ!





月別アーカイブ
お知らせ


6月の新刊!

『続・占いを愛した人たち』


― 五術家列伝・珍談奇談 ―

明治大正昭和に活躍した名物易者の話




定価 2,800円(税込)


7/31まで発刊記念割引
2,520円(税込)








★復刊★


体質を常態と病態に分けて
食物を効率的に摂る法


『五行別食事療法』



(定価 3,240円)







★10月開講★

【占い教室】(後期)

《H30.10月〜H31.3月》

五行易高等科 (月2回)
紫薇推命高等科(月2回)
四柱推命高等科(月1回)
四柱推命中等科(月2回)
奇門遁甲高等科(月2回)
二十八宿生日推命科(月1回)
※二十八宿生日推命科のみ
どなたでも受講可。








※詳細はお問合せください。
フリーダイヤル
0120-289-850






livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード