【閉店のお知らせ】
弊社は諸般の事情により、5/31をもって解散することになりました。
それに伴い、当オンライン書店は、4/30(火)午後5時をもちまして
閉店いたします。
長きにわたりご愛顧を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。







【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

占い

『奇門天地書別巻極奥秘訣・全五巻』のおすすめ!(書物がお好きな方は、ぜひこの機会に和綴じの本を!)




『奇門天地書別巻極奥秘訣・全五巻』




※全巻一括でご購入の方に、布張りの「特別ケース」をお付けします。



数ある遁甲の秘法を縦横に活用しての開運秘法
現実に活用できる方位の取り方のあらゆる秘伝
奇門遁甲のあらゆる秘伝の集大成ここに完成す



非常にわかりやすい秘法ですが、
遁甲の作盤法(立向盤と座山盤)が完全にでき、
奇門遁甲の初歩の知識のある方のみにお頒けします。

本書は一般の出版物とは異なり、
他では絶対に見られない門外不出の一大秘伝書です。
ゆえに本書を、体裁・頁数・定価などの点で他書と
比較しての云々はご容赦ください。

本書は原稿枚数や本の厚さよりも、
内容で皆さんに喜んでいただきたいと
考えているものなのです。


奇門遁甲をこれから学ぶ方や遁甲盤の作り方の不明な人は、
次の三冊を先にお読みください。

「奇門遁甲活用秘儀」
「奇門遁甲天書評註」
「奇門遁甲地書評註」

その上で本書にお入りください。


なお、本書で奇門遁甲をマスターされた方は、
さらに「奇門大法心得」を読まれ、その上で
「奇門遁甲造作法」
(伝授書・特定の人にのみ秘授します)
を身につけることにより、遁甲術は完全に卒業です。

本秘伝書は、全五冊になっていますから、
巻一から順番にお読みください。

内容は一巻ごとに全然別な秘伝が述べてありますが、
巻一から順に入らないとその活用ができません。



本書は、正式の名称を「都天撼竜経八十一論」といい、奇門遁甲の秘伝の集大成書として古くから有名なものです。劉伯温の奇門遁甲地書評註には、「天地の綱紀を正し、陰陽の経緯を明らかにし幽深にして元に迫る(略)。本書の原理を用いると、禍福を変えることが手のひらを反すが如くたやすくなり、貧富などどうでもよい、というようになる」と手放しで賞賛している珍書です。

中国ではこの原本はどこにもありますが、その原本が非常に難解で、その用い方や応用法が説かれていないため、一般には広まらず、その解釈書なり解釈可能者なりが珍重されていたのです。

今回、占術の名門透派十三代掌門・張耀文先生に無理にお願いして公開していただきました。もちろん、遁甲研究者なら誰にでもわかるように平易に解説してあり、その日から実行応用活断が容易です。











『奇門天地書別巻極奥秘訣・巻一』





数少ない吉格を、ある干によって代用する使用法
彼我の関係を、立向と座山の二盤によって知る法


奇門天地書別巻極奥秘訣(巻一)は、
原本の「都天八卦・入地三元・行軍三奇」の三章を公開したものです。



〔都天八卦〕

これは、奇門遁甲術における吉方の使い分けを、求官(職業)・求安(家庭、治病、結婚)・求智(学問、入学)・求財(財運)の人間の四大欲望に分け、それに用いる八門と九干の使い分けが説かれています。

さらに、この章の最大眼目である、遁甲方位でなかなか吉方位がないのを、たやすく吉方位として用いる秘法が説かれています。この秘法によって、前述の四大欲望の吉方使用法が、これまでの遁甲術よりも数倍たやすくなります。


〔入地三元〕

これは、奇門遁甲術における地相家相のすべてを説いたものです。土地の良否吉凶から竜の流れ、穴の成敗を説き、家相におけるあらゆる現実的な見方を説いたものです。


〔行軍三奇〕

これは、奇門遁甲術における立向方位と座山方位の使い分けと、その組み合わせ方位盤による特殊な方位の使い方を説いたものです。この章は、その日から我々が用いることのできる、最も現実的でかつ成功につながる、またとない方位応用法です。

特に相手のある場合は、自分が使う方位によって相手(彼)と当方(我)の強弱優劣勝敗がわかり、それによる対処法ができる一大秘法で、九干・九星・八門・八神によるその立向座山の特殊方位盤の作り方と応用法が説かれています。





『奇門天地書別巻極奥秘訣・巻二』






遁甲極秘の最大凶方使用による目的達成法公開
九宮の上下盤による家相方位の細密鑑定法奥義


奇門天地書別巻極奥秘訣(巻二)は、
原本の「選宅三白・循行太白之書」の二章を公開したものです。



〔選宅三白〕

これは、奇門遁甲術を方位と家相に使用するときの、九宮(日本でいう九星のことで一白から九紫まである)の用い方の秘伝を公開したものです。これを「俟星法」といい、斯術を知らなければ、方位も家相も正しい判断はできません。

一般の方位家相には、ある一つの方位に一つの九宮(九星のこと)しか入れていませんが、この「俟星法」では八方位の一つ一つの方位に、天盤と地盤に分けて二つの九宮(九星のこと)を入れ、それで正しい判断をします。

この「俟星法」では、これらの九宮(九星のこと)の天盤地盤に、さらに納甲(十二支と六親を配すること)してくわしく事象判断をしますが、本書ではその吉凶の判断法がくわしく説いてあります。


〔循行太白之書〕

これは、奇門遁甲の中で最も方位効果の強く恐ろしいとされている「庚儀」の使い方を説いたもので、中国では一般の人には悪用されるのを恐れて一般には公開されてない秘法です。これは、「庚儀」の強烈な作用や凶格を用いて、他人を自己の意のままにすることのできる方術のため、とかく悪用されがちのものです。

他人を害するための方位(殺害・傷害・病気・是非)/女性を意のままにするための方位/男性が女性を求めるための方位/他人に無理強いをするための方位/男女の仲をさくための方位/頭の悪い子や不良子女を良くするための方位





『奇門天地書別巻極奥秘訣・巻三』






地相における竜穴水とその有情無情の見分け方
遁甲奥秘の巒頭理気による凶地凶家相の救済法


奇門天地書別巻極奥秘訣(巻三)は、
原本の「入山撼竜之訣・転山移水九字元経」の二章と
「巒頭理気による凶格救済法の表解」を公開したものです。



〔入山撼竜之訣〕

これは、奇門遁甲術における地相の見方を説いたもので「竜・穴」についてくわしく述べてあります。これまで難解とされてきた「竜・穴・竜の動き・竜の有情と無情」などを、現実的に見る方法を説いた秘書です。

平地における竜の見つけ方/竜の動きの決め方/有情無情の見分け方


〔転山移水九字元経〕

これは、奇門遁甲術における家相と地相の吉格と凶格をくわしく述べ、さらにその凶格と凶相を居ながらにして簡単に吉格吉相にする方法を説いた、またとない転禍為福の秘法の公開です。

もともと地相家相の凶相は、移転以外にはその救う道がないとされていました。しかし本書による方法を手軽に用いれば、たちどころにその凶相を吉相にすることができます。本書では、賤竜のふせぎ方、凶穴のふせぎ方、夭砂のふせぎ方、貧水のふせぎ方――にはじまり、便所・書斎・客間・倉庫・台所・寝室などの凶相のなおし方、ふせぎ方をくわしく説いてあります。


〔表解〕

表解として、地相家相のあらゆる凶格をあげ、その凶作用をくわしく説いてあります。さらにそのふせぎ方として、巒頭と理気による二つの救済法で吉格を上手に応用し、凶相を五年間ずつおさえる秘法を公開してある、またとない秘書です。

屋外の竜・穴・砂の凶兆とその補法/大門の凶格とその救法の吉格/便所の凶作用と救法/書斎・客間・倉庫・台所・寝室の巒頭理気による救法――などの秘伝公開




『奇門天地書別巻極奥秘訣・巻四』





奇門遁甲術による目的別の住居地を選定する法
六十四卦方位による特別建都盤の作成法の公開

奇門天地書別巻極奥秘訣(巻四)は、
原本の「建国安邦万年鏡」の一章を公開したものです。




〔建国安邦万年鏡〕

これは、奇門遁甲術における特別方位区分と特殊盤について述べた章です。一般的な奇門遁甲方位は、八方位のその区分を八卦方位(四十五度)と十二支方位(三十度)に分けますし、奇門遁甲家相方位は、八方位のその区分を二十四山方位(十五度)に分け、家相における門の向きと家屋の向きから奇門家相盤を作ります。

こうした方位盤に対して、本書で述べる方法は、八方位区分を六十四卦に分け、さらにこれまでとちがった時間単位を中心にして、局数・天地・八門・九星・九宮・八神の各遁甲虚星を配佈する特別な奇門遁甲建都盤の作り方が述べられています。

占術の特別の時間単位/六十四卦と六十干支/天乙の求め方/大八門のおき方/九星旋転式のおき方/世運による九宮のおき方




『奇門天地書別巻極奥秘訣・巻五』





奇門遁甲術を活用して財と智を身につける秘法
遁甲における立向座山家相巒頭理気の使い分け


奇門天地書別巻極奥秘訣(巻五)は、
原本の「九宮入福救貧生仙産聖」の一章と
「求財求智の立向座山の方位使用法表解」を公開したものです。




〔九宮入福救貧生仙産聖〕

これは、奇門遁甲術における奥義の使用法をしめくくりとして説いた章です。題名の狷福救貧瓩狼畉發瞭杞短藩冓法を、狎言膸裟鮫瓩狼畸劼瞭杞短藩冓法を、ことこまかに述べたものです。

さらに立向盤と座山盤と家相盤のそれぞれの使い分けや、「三奇・六儀・九星・八門・九星・八神」の使用密法を目的別に説いた秘書であり、遁甲活用の実践の書です。

八門と地盤の甲尊の配合吉凶/八門と天盤の丙奇の配合吉凶/八門と天盤の丁奇の配合吉凶/貴・財・智を目的とした方位の取り方/天盤と八神の配合の吉凶/三奇六儀と八神の配合の吉凶/理気における求智求財の八門八神の選び方


〔表解〕

立向の取引/立向の試験準備/立向の悪習矯正/立向の智恵増進/座山の取引成功/座山の商売繁昌/座山の試験準備/座山の悪習矯正/座山の智恵増進/家相盤の求財部屋/家相盤の勉強部屋










オススメの書『紫薇斗数鑑法全書』在庫寡少!



★ 在庫寡少 ★


『紫薇斗数鑑法全書』






張耀文・佐藤文栞著
 (A5判・函入り・404頁)


誰もが知りたい自己の運命の吉凶成敗富貧のすべてを
こと細かに判断できる中国占星術の王者・紫薇斗数推命術
のすべてをここに公開。


推命術の中で一番やさしい星占いの秘法です。
本書を読んだその日から応用判断が可能です。
星それぞれの判断法を平易に説いてあります。


※弊社の書籍はすべて新品ですが、保管上の事情から
函に汚れがある場合があります。
ご了承の上でお申し込みくださいますようお願いいたします。



〔ご注意〕
本書は誰にでもわかるやさしい紫薇斗数推命術の本ですが、
出生図の作り方は書いてありませんから、
それらは「紫薇斗数推命術」
「五術占い全書」によってください。

なお、「紫薇斗数推命合婚法」(品切)
併読されますと理解を早めます。




■誰にもある人間の大きな欲望について、それらがことこまかに知ることができたら ―― と思うのは当然です。それを究明した占術がこの紫薇斗数推命術なのです。

■人間の三大欲望といわれる財欲・色欲・名欲は、この紫薇斗数推命ではとりわけよく的中する宮(十二宮といって運命を見る部位)として古くから取り上げられ、十分な研究がなされて来ました。

■財欲は財帛宮にあらわれます。ここに入る星とその星の強弱と星の配合によって、貧富の度合い、収入の大小、金銭のもうけ方と使い方 ―― などがわかります。

■色欲夫妻宮と福徳宮にあらわれます。夫妻宮の星でどんなタイプの異性を好みどんな人に惹かれるかがわかります。またそこの星の強弱によって結婚の吉凶がわかりますし、星の配合によって家庭生活がわかります。さらに相手との出生図の対照によって、男女合い性の良悪を知ることができます。また福徳宮によって、異性にもてるかどうかもわかります。

■名欲は官禄宮にあらわれます。どの方面に向き、どの程度の出世・名声・権威をつかむことができるか ―― がわかります。



【紫薇斗数鑑法全書 内容】


■推命術の中で紫薇斗数推命術は、なぜやさしく、しかも的中するのか ―― これは判断する星をたくさん出すからです。四柱推命術はたんに干支八字を基本にします。それに対してこの紫薇斗数推命は主星副星その他の星を三十有余も出し、その星の吉凶で見ますから誰にも判断できます。

さらに人間の運勢を十二の項目にわけて、誰にも判断できます。その項目に関する場所にどんな星が入っているのかを見ますから、運勢判断に感とかコツというようなものを必要としません。極端な言い方をしますと、誰でも、人間の運勢に関する十二の事柄だけは確実に判断できるといえます。

■紫薇推命は、干支よりも星を重要視しますから、星の象意さえ覚えますと、いろいろのことこまかな事相判断ができますし、むずかしい理論を必要としない利点があります。




【 内 容 】


第一章 紫薇諸星吉凶の見方

本章は、紫薇斗数推命術に関する諸星の意味とその吉凶の見方が説かれてあります。すなわち、紫薇系と天府系の主星と副星と雑曜星の三十四星のくわしい吉凶の見方とその象意が述べてあります。例 ―― 太陰星の見方。


第二章 命宮と諸星の判断法

本章は、命宮にあらゆる諸星が入った場合のその判断法がくわしく説かれてあります。命宮は人間の才能容貌とその人自身の一生を司る運命の吉凶が集中している最も重要な部位です。この重要な部位に諸星が入った場合の吉凶の判断法を男性女性にわけて述べてあり、さらに行運の吉凶も述べてあります。例 ―― 命宮に入った武曲星・男命における武曲星の特徴・女命における武曲星の特徴・武曲星の行運


第三章 十二宮と諸星の判断法

本章は、命宮以外の十二宮にあらゆる諸星が入った場合のその判断法がくわしく説かれてあります。十二宮には人間の運命と密接な関係にある事象があらわれますが、宮自体に特徴があり、そこに入る諸星の意味が宮によってちがってきます。例えば紫薇星は吉星ですが、命宮に入って初めて吉であり、疾厄宮に入った時はさほど吉星の作用をしません。貧狼星は凶星で命宮に入った時はあまりよくありませんが、財帛宮や官禄宮に入った時は悪さよりも吉作用が出ます。これらの十二宮と諸星の吉凶の関係の見方が述べられてあります。例 ―― 財帛宮における諸星の吉凶


第四章 主星と他星との配合吉凶

本章は、主星と他星との配合によっておこる吉凶のちがいについてその判断法がくわしく説かれてあります。吉星も他星との配合によって凶となり、凶星も他星との配合によって吉となります。これらの諸星の配合の事相の吉凶が述べてあります。例 ―― 天相星の吉凶。


第五章 紫薇推命鑑定法の要訣

本章は、紫薇斗数を使用して推命する場合の鑑定法の秘訣をいろいろの角度からくわしく説かれてあります。主星の特徴や十二支との関係、十二宮の見方の要点などがまとめられてあります。例 ―― 紫薇諸星概略/紫薇諸星と十二支/十二宮の見方の順/職業と紫薇諸星/男女命式の異同/命身財田の各宮の見方/命式の格/大運の見方/七殺星の見方


第六章 紫薇推命古今口訣集

本章は、昔からの紫薇斗数推命に関する名論文を集め、それを平易に解説してあります。形性賦には主星による性格容貌の見方、増補太微賦・太微賦には主星の特徴とその吉凶の見方、星垣論には主星の配合の吉凶、斗数準繩・斗数発微論・重補斗数殻率には斗数の見方のコツ、斗数骨髄賦には職業と紫薇の関係、女命骨髄賦註解には女性の家庭的吉凶の見方、太微賦註解には吉凶の激しい命式 ―― などの特色ある紫薇推命に関係のある見方が述べられています。








気学愛好者必携の書『気学活用秘儀』残2冊!


★在庫残2冊★

気学愛好家必携
気学の入門書

『気学活用秘儀』








佐藤六龍著 A5判・並製本・314頁



開運の占術といわれる人気随一の気学を集大成したもので、
本書により、
全くの初歩から吉方位活用の奥義まで習得できます。




自己の希望目的を確実に達成できる、それは気学によって吉方を用いることです。

無から有を出すとまで言われた開運の方位学は、一白から九紫までの九星を上手に活用することにより、自己の限界をこえない希望であるなら、その成就は意のままです。

財を求める者には財を、地位を求める者には地位を、健康を求める者には健康を



 ― のすべてが可能なのです



一、全くの初歩の方でもわかります。

一、やさしい入門から奥義までくわしく説いてあります。

一、日常生活から、開運の応用法までこと細かに記してあります。




■方位の吉凶 ■日常生活と方位 
■方位による各種判断
■運勢好転法 ■事業商売成功法 
■方位活用の秘訣














秘伝書『玉人星鬼造作密訣』のおすすめ!


秘伝書『玉人星鬼造作密訣』
(奇門遁甲丁奇造作法)






佐藤六龍・張 耀文著
(大判・上製本・外函ボール)


『奇門遁甲造作法』で唯一もれていた「丁奇造作法」の公開。

丁奇を目的とした造作法のすべてを詳述。


また、丁奇の「知能開発」の万能ともいうべき特性を活用して、
求智以外のあらゆる希望目的を達成する法、
つまり丁奇を他干の代理として作用を出させる秘法を公開。
記のお申込資格を満たし




【伝授書の内容】


〔上巻 予辞〕

本章では五章にわけて、造作法に用いられる材料をことこまかに説いてあります。

遁甲造作法に用いられる資材は、羅経と五種類の資材です。
即ち、曲直材・炎上材・稼穡材・縦革材・潤下材の五種です。

これらの資材をそれぞれ使いわけする秘法が具体的に説かれています。

1、希望目的別による、造作法資材のえらび方が説かれてあります。
2、格局別による、造作法資材のえらび方が説かれてあります。
3、希望目的の速効性と持続性による、造作法資材の使いわけが説かれてあります。 
4、格局別による、造作法資材の加工方法が具体的に説かれてあります。
5、格局別による、造作法資材の処理方法が具体的に説かれてあります。
6、格局別による、造作法資材の寸法が具体的に説かれてあります。
7、造作法資材の色彩・形態の使いわけが説かれてあります。
8、年盤・月盤・日盤・時盤による造作法資材の区別が説かれてあります。

以上のように、本章では造作法に使用する羅経以外の資材を、あらゆる面から具体的に用いる術法を説いたものです。


〔中巻 正言〕
本章では丁奇の「丁」の四数をとり、四章にわけて丁奇を目的とした造作法のすべてをことこまかに説き、本秘伝書の圧巻ともいうべき章です。各章ごとに、用盤・格局・術法・解説と事項をわけ、具体的に造作法のすべてを説いてあります。

用盤では、たんなる盤の選定法ではなく、それぞれ目的や事象にあわせた年月日時の立坐の使いわけを述べてあります。

格局では、たんなる吉格をえらぶのではなく、目的の状態にあわせた吉格の使いわけが述べてあります。

術法では、羅経以外の造作法資材について、種類や処理法や行法が述べてあります。

解説では、用盤・格局・術法の三点をあらゆる面から究明した解説がなされてあります。即ち、希望目的や速効性持続性の問題や格局と造作法資材との関連などを、すぐに実行応用できるように平易に解説してあります。特に術法については、どのように造作法資材を
加工し処理し、どのような方法で造作するかが説いてあります。


〔下巻 補語〕
本章では丁奇の「知能開発」の万能ともいうべき特性を縦横に活用して、求知・声誉・創作・科第以外の希望目的の成就達成法の数々を詳しく説いた章です。つまり、丁奇を用いて他干(甲尊から壬儀まで)の代理としての作用を出す造作法のすべてです。


〔実例 造作指導書〕  図解入り
本章は、透派五術の理論と術法のすべてを大成した稀代の知識をほこる始祖初代・梅素香が実際に行った丁奇造作法の実例集です。
正式名を「如願以償書」といい、図解と文章で詳しく説明した指導書です。「願いの如く以て償う」という意で、この造作法を行えば、何でも願いが意のままになる、ということです。

まず最初に七言絶句の詩で造作法のしかたが述べてあり、どんな場所に、どういう格局で、どんな処理法を施した造作法の資材を使用するか、という事が述べてあります。

次に図が書かれてあり、造作法の資材の埋め方をどのようにするか、という具体的な事が文章と絵で説明されてあります。

次にこの造作法をしたその効果を証明する七言絶句の詩が明確にその目的成就を証明してあります。(すべて平易な日本文)



【丁奇造作法とは】


本秘伝書は、中国五術の名門・透派に代々伝えられた「奇門遁甲」の最高奥義ともいうべき「遁甲造作法」の中の『丁奇造作法』を説いた、世に二つとない秘伝書とも言うべきものです。

もともと、この『丁奇造作法』は、この密法を行うことにより、他の人よりも知能がよくなり先見の明がきいてきて、成功疑いなしというすばらしい造作法のため、代々の掌門以外は絶対に目に触れないようにされてきたものです。

これについて前著『透派密法・奇門遁甲造作法』の中で、「丁奇」は、遁甲術では「求智」を主とする項目です。「丁奇」を活用することによれば、知能がよくなり、目先がきいてきます。つまり、「丁奇」の造作法を公開してしまいますと、遁甲を知っている者よ
り利口になってしまうわけで、師より弟子が、占術者より一般人が、著者より読者が、一歩すすんでしまうため、これは掌門以外は絶対にもらさない秘法なのです……。

と述べておきました。しかし、『丁奇造作法』の公開の要望がとみに高まり、またこの乱世に掌門一人だけの伝承というのでは、何かの手違いがあった場合、せっかくの密法もこの世から消えうせるおそれがあり、あえて公開していただくことにしました。

本秘伝は、度々述べましたように五術中では最高の秘伝で、「丁奇」により知能さえよくしてしまえば、この世で不可能な事はないことになるわけです。つまり、人間のよくなるという五欲達成、諸希望成就はこの「丁奇」だけですべてまかなえるのです。





【玉人星鬼造作密訣の特徴】


『丁奇造作法』を透派では正式に『玉人星鬼造作密訣』としています。〈玉人星鬼〉は四つの単語からなる題名です。

「玉」とは玉女守門格。「人」とは人遁格。「星」とは星奇得使格。
「鬼」とは鬼遁格。───の吉格のことです。これはすべて「丁奇」で構成された吉格ですから、『丁奇造作法』の正式名称としているのです.。

一、この密訣は、奇門遁甲における造作法のすべての方法を具体的に説いたものです。
一、丁奇を用いての造作法が、ことこまかに述べてあります。
一、造作法の資材(羅経とそれ以外の材料)のえらび方とその用い方が効果別に説いてあります。
一、造作法の資材の形態や色や数量と効果の関係が説かれてあります。
一、造作法の資材の処理法と埋め方が効果別に説いてあります。
一、目的別の造作法については八門との関係による資材や処理法による効果的造作法が詳しく説かれてあります。
一、実例を五種類あげてあり、そこに図解入りで造作法の手順とその埋め方、埋める位置などが詳しく説いてあります。




〔お申し込み資格〕

本秘伝書の造作法は、奇門遁甲と子平推命を縦横に駆使しなければ
完全に用いられないため、次の資格のある方のみに伝授します。

「奇門遁甲造作法」の伝授をうけられた方で、「四柱年運鑑定秘法」
当社より直接購入した方を、本秘法伝授を受ける資格とします。




【ご注意】
本書は占術の最高秘伝書であり、一般の単なる書籍ではありません。
故に内容とその価値と伝授料とご自分の斯術に対する理解能力を、
十分に納得がいくまでご検討の上、お申し込み下さい。
また、頁数や他書との比較で伝授料を云々されることをご容赦下さい。
ご購入後の返本・お取りかえはいたしません。(落丁・乱丁を除く)





《 購入ご希望の方は、お問合せください 》













秘伝書『奇門遁甲造作法』のおすすめ








秘伝書 『奇門遁甲造作法』


立向座山、年月日時の盤の選び方、
目的にあった格の選び方、
居ながらにして行う造作密法、
つまり、どんな物を、どんな方法で、
どんな事をするかを詳述。





(B5判・346頁・上製・美麗函入り・定価 75,600円)



【遁甲造作法とは】

「造作法」とは、
中国方位学の「奇門遁甲術」における
最高の奥義に属するもので、中国では、
これまで絶対に一般公開されなかった
密法です。

さて、この「造作法」とは、次のようなものです。



一、この密法は、ある「時期」に、ある「方位」に、ある「物」を、
ある「方法」で行う特殊な密法をいいます。

一、人間のあらゆる希望目的を達成させる密法です。

一、自己が移転移動しなくても、移転移動と同じ吉方位使用効果、
またはそれ以上の吉方位使用効果を上げる特殊な密法です。

一、自己の最大希望目的に合わせて、その方位使用を手軽に
行う特殊な行法です。




【伝授書の内容(概要)】


この密法は、五術の名門透派の奥義書『奇門大法』と活用奥義書『奇門大法心得』の一番の秘奥口訣である「奇門遁甲造作法」を、だれにでも(ただし遁甲術習得者)すぐ理解でき、しかも活用できるように、具体的にその応用実践法を述べた一門の伝授書です。

甲尊には求官の法を、乙奇には求安その他一法を、丙奇には求財その他二法を、戊儀には求医その他四法を、己儀には求情その他五法を、庚儀には求寿その他六法を、辛儀には求道その他七法を、壬儀には求勝その他八法を、癸儀には求秘その他九法を ― それぞれ説いてあります。つまり十干別に十干の数(種類)だけ、合計五十一法の「奇門遁甲造作法」が公開されています。

この「奇門遁甲造作法」を上手に行うことにより、人間の可能なかぎりの希望を達成することができます。


*   *   *   *   *  



なお、本書には「遁甲造作法」を行いやすいように次のような項目をあげ、
その方法を具体的に述べてあります。

用盤 ― 造作法を行う年月日時の各盤と、その立向盤座山盤との使いわけが説いてあります。

格局 ― 四十格・八門などの格局の中から、目的に合わせて格を選ぶ方法が説いてあります。

術法 ― 居ながらにして行う造作密法のやり方をといたもので、どんなものをどんな方法でどんなことをやるかが説いてあります。

備註 ― 造作法を行ううえの注意が説いてあります。





〔お申し込み資格〕
本書は奇門遁甲の最高奥義を説いたものですから、
内容と価値と伝授料とをご自分の納得がいくまで
ご検討のうえ、お申し込み下さい。







◆『奇門遁甲造作法』ご購入資格◆ 

以下の書籍を当社から直接購入した方。

下記11冊(奇門別巻五巻を含む)は、ただいま、10%割引中!

奇門遁甲活用秘儀 5,040円
奇門遁甲天書評註 5,040円
奇門遁甲地書評註 5,040円
奇門遁甲推命術 4,535円
奇門遁甲家相術奥義  5,250円
奇門大法心得   8,600円
奇門天地書別巻極奥秘訣 全五巻 
各 14,700円(73,500円)
※奇門別巻は、一巻ずつの購入可



《 購入ご希望の方はお問合せください 》





『増補・五術万年暦』(B級品)在庫2冊!




『増補・五術万年暦』

★B級品★






佐藤六龍・張耀文著 (B6判 函入り 399頁)






『増補・五術万年暦』完品(7,350円)とほぼ変わりません。
表紙のビニールカバーに、製本時の接着剤の跡(透明)が
少々付いているだけです。
透明な接着剤なので、角度によってわかる程度です。

価格設定は、完品の10%引です。
クーポンコード 5050 の入力で、
さらに、10%引になります。




1921年(大正10年)から2023年(平成35年)までの干支万年暦


全運命術の応用に必要な基本図表と万年暦を記載した書です。
これ一冊でなんにでも役にたちます。



◆二十四節気と毎日の干支と毎日の旧暦と毎日の日の九星
◆年月日の完成された「奇門遁甲盤」
◆六十干支別の四課三伝十二天将配布の完成された「六壬課式表」
◆五行断易六十四卦の納甲表   
◆紫薇斗数推命術に必要な図表




************






本年もよろしくお願いいたします








謹賀新年


5月31日まで、よろしくお願いいたします。











オススメ!『立向座山月盤便覧』(遁甲ポケット便覧月盤20年暦)





























★『羅経』の予約注文を承ります★




★『羅経』の予約注文を承ります★ 








年内 12/25 までに、
《専用ご注文フォーム》から
ご希望のサイズ
(5寸・6寸・7寸・8寸・1尺2寸)
と枚数をご連絡ください。


代金のご納入は1/31までとなります。
お支払方法は返信メールに記載いたします。

ご注文品は、ご入金確認後および2月の発送となります。



この予約注文以降は、
仕入先の都合により予告なく販売を
中止する場合がございます。
あらかじめご了承ください。











秘伝書『玉人星鬼造作密訣』のご紹介


秘伝書

『玉人星鬼造作密訣』





佐藤六龍・張耀文著
(大判・上製本・外函ボール)

定価 75,600円(税込)


『奇門遁甲造作法』で唯一もれていた「丁奇造作法」の公開。
丁奇を目的とした造作法のすべてを詳述。
また、丁奇の「知能開発」の万能ともいうべき特性を活用して、
求智以外のあらゆる希望目的を達成する法、つまり丁奇を
他干の代理として作用を出させる秘法を公開。



※本書は、秘伝書のため、
下記のお申込資格を満たした方のみへの販売となります。
必ずご確認の上、お申し込みくださいますようお願いいたします。


◆お申し込み資格◆
以下の書籍を当社から直接購入した方。
秘伝書・奇門遁甲造作法   54,000円
四柱年運鑑定秘法 11,550円





【伝授書の内容】

〔上巻 予辞〕

本章では五章にわけて、造作法に用いられる材料をことこまかに説いてあります。

遁甲造作法に用いられる資材は、羅経と五種類の資材です。
即ち、曲直材・炎上材・稼穡材・縦革材・潤下材の五種です。

これらの資材をそれぞれ使いわけする秘法が具体的に説かれています。

1、希望目的別による、造作法資材のえらび方が説かれてあります。
2、格局別による、造作法資材のえらび方が説かれてあります。
3、希望目的の速効性と持続性による、造作法資材の使いわけが説かれてあります。 
4、格局別による、造作法資材の加工方法が具体的に説かれてあります。
5、格局別による、造作法資材の処理方法が具体的に説かれてあります。
6、格局別による、造作法資材の寸法が具体的に説かれてあります。
7、造作法資材の色彩・形態の使いわけが説かれてあります。
8、年盤・月盤・日盤・時盤による造作法資材の区別が説かれてあります。

以上のように、本章では造作法に使用する羅経以外の資材を、あらゆる面から具体的に用いる術法を説いたものです。


〔中巻 正言〕

本章では丁奇の「丁」の四数をとり、四章にわけて丁奇を目的とした造作法のすべてをことこまかに説き、本秘伝書の圧巻ともいうべき章です。各章ごとに、用盤・格局・術法・解説と事項をわけ、具体的に造作法のすべてを説いてあります。

用盤では、たんなる盤の選定法ではなく、それぞれ目的や事象にあわせた年月日時の立坐の使いわけを述べてあります。

格局では、たんなる吉格をえらぶのではなく、目的の状態にあわせた吉格の使いわけが述べてあります。

術法では、羅経以外の造作法資材について、種類や処理法や行法が述べてあります。

解説では、用盤・格局・術法の三点をあらゆる面から究明した解説がなされてあります。即ち、希望目的や速効性持続性の問題や格局と造作法資材との関連などを、すぐに実行応用できるように平易に解説してあります。特に術法については、どのように造作法資材を
加工し処理し、どのような方法で造作するかが説いてあります。


〔下巻 補語〕

本章では丁奇の「知能開発」の万能ともいうべき特性を縦横に活用して、求知・声誉・創作・科第以外の希望目的の成就達成法の数々を詳しく説いた章です。つまり、丁奇を用いて他干(甲尊から壬儀まで)の代理としての作用を出す造作法のすべてです。


〔実例 造作指導書〕  図解入り

本章は、透派五術の理論と術法のすべてを大成した稀代の知識をほこる始祖初代・梅素香が実際に行った丁奇造作法の実例集です。
正式名を「如願以償書」といい、図解と文章で詳しく説明した指導書です。「願いの如く以て償う」という意で、この造作法を行えば、何でも願いが意のままになる、ということです。

まず最初に七言絶句の詩で造作法のしかたが述べてあり、どんな場所に、どういう格局で、どんな処理法を施した造作法の資材を使用するか、という事が述べてあります。

次に図が書かれてあり、造作法の資材の埋め方をどのようにするか、という具体的な事が文章と絵で説明されてあります。

次にこの造作法をしたその効果を証明する七言絶句の詩が明確にその目的成就を証明してあります。(すべて平易な日本文)



【丁奇造作法とは】

本秘伝書は、中国五術の名門・透派に代々伝えられた「奇門遁甲」の最高奥義ともいうべき「遁甲造作法」の中の『丁奇造作法』を説いた、世に二つとない秘伝書とも言うべきものです。

もともと、この『丁奇造作法』は、この密法を行うことにより、他の人よりも知能がよくなり先見の明がきいてきて、成功疑いなしというすばらしい造作法のため、代々の掌門以外は絶対に目に触れないようにされてきたものです。

これについて前著『透派密法・奇門遁甲造作法』の中で、「丁奇」は、遁甲術では「求智」を主とする項目です。「丁奇」を活用することによれば、知能がよくなり、目先がきいてきます。つまり、「丁奇」の造作法を公開してしまいますと、遁甲を知っている者よ
り利口になってしまうわけで、師より弟子が、占術者より一般人が、著者より読者が、一歩すすんでしまうため、これは掌門以外は絶対にもらさない秘法なのです……。

と述べておきました。しかし、『丁奇造作法』の公開の要望がとみに高まり、またこの乱世に掌門一人だけの伝承というのでは、何かの手違いがあった場合、せっかくの密法もこの世から消えうせるおそれがあり、あえて公開していただくことにしました。

本秘伝は、度々述べましたように五術中では最高の秘伝で、「丁奇」により知能さえよくしてしまえば、この世で不可能な事はないことになるわけです。つまり、人間のよくなるという五欲達成、諸希望成就はこの「丁奇」だけですべてまかなえるのです。



【玉人星鬼造作密訣の特徴】

『丁奇造作法』を透派では正式に『玉人星鬼造作密訣』としています。〈玉人星鬼〉は四つの単語からなる題名です。

「玉」とは玉女守門格。「人」とは人遁格。「星」とは星奇得使格。
「鬼」とは鬼遁格。───の吉格のことです。これはすべて「丁奇」で構成された吉格ですから、『丁奇造作法』の正式名称としているのです.。

一、この密訣は、奇門遁甲における造作法のすべての方法を具体的に説いたものです。
一、丁奇を用いての造作法が、ことこまかに述べてあります。
一、造作法の資材(羅経とそれ以外の材料)のえらび方とその用い方が効果別に説いてあります。
一、造作法の資材の形態や色や数量と効果の関係が説かれてあります。
一、造作法の資材の処理法と埋め方が効果別に説いてあります。
一、目的別の造作法については八門との関係による資材や処理法による効果的造作法が詳しく説かれてあります。
一、実例を五種類あげてあり、そこに図解入りで造作法の手順とその埋め方、埋める位置などが詳しく説いてあります。



〔お申し込み資格〕

本秘伝書の造作法は、奇門遁甲と子平推命を縦横に駆使しなければ完全に用いられないため、次の資格のある方のみに伝授します。
「奇門遁甲造作法」の伝授をうけられた方で、「四柱年運鑑定秘法」を当社より直接購入した方を、本秘法伝授を受ける資格とします。
初心者は順をふんだ研究後にお申し込みください。



【ご注意】

本書は占術の最高秘伝書であり、
一般の単なる書籍ではありません。
故に内容とその価値と伝授料と
ご自分の斯術に対する理解能力を、
十分に納得がいくまでご検討の上、
お申し込み下さい。

また、
頁数や他書との比較で伝授料を云々されることを
ご容赦下さい。

ご購入後の返本・お取りかえはいたしません。
(落丁・乱丁を除く)











《購入ご希望の方は、お問合せください》

フリーダイヤル : 0120-289-850




月別アーカイブ
お知らせ



最新刊!
《佐藤六龍先生遺稿》
少部数限定発行!

『子平比翼推命術』


- 透派 十干推命の真髄 -


佐藤六龍著
(A5判・上製函入)
定価 9,720円(税込)


《発刊記念割引》
(2019/2/28まで)
一般の方:8,740円(10%引)
会員の方:7,770円(20%引)
※送料サービス


「比翼」とは、命中における二つの六親星(変通星)の関係を指し、それが命式にとって吉い作用をしている場合を言います。「官殺生印・食傷生財・財旺生官」の三種です。

本書では、この三種の「比翼」に、それぞれ成立の五条件というものを設けて、明確に定義しています。そして、どのような三干の組み合わせが比翼の吉命として成立するのか、具体的に記述してあります。たんに五行的な生剋ではなく、十干の特質と作用の有無から見た比翼の関係です。






フリーダイヤル
0120-289-850

livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード