【光山流 人相活断大事典】 

    再版いたしました!


誰にでもすぐに応用できる光山流相法の秘書
人相の入門から細事判断までの最高奥義公開
気色血色画相の見方の修練法とその活断法

近世の大名人・大熊光山先生著 

入門から苞、気色、血色、画相のすべて 



人相活断大事典


大熊光山著  佐藤文栞編 (本書と図表の二冊組)
本編367頁・別冊図表(人相図・手相図他)161頁 
定価13,650円(税込) A5判・並製本 


占術が初めての人でもわかる平易な人相秘書
本書を読んだその時から応用活断が可能です
日本における人相学の秘法を集大成した稀書

ご購入は、香草社オンライン書店 《こちら》 からどうぞ。



ninsou2




■本書は、やさしい文章で占術に興味をお持ちの人はだれでもすぐ理解できる
ように述べてあります。
■本書は、二部構成になっています。前半は、初心者入門者用の人相の基本
を光山流として整理して述べてあります。
後半は、人相練達の士のための人相の最高奥義を光山流として公開してあり
ます。
■人相に初めての方、少し研究した方――は、本書の最初から順序よく読み進
みますと、人相の基本・形貌・部位・気血色の見方のすべてが習得できます。
研究者の便をはかり、別冊人相図八百四十九図を添付してあります。
■人相練達の士は、日本にある気色・血色・画相の見方のすばらしい秘伝が身
につきます。
■気色血色画相を研究したい人、または究明したがまだ見られないという人――は、
本書の気色・血色・画相論に述べてある鍛錬法によって、それらが見られるよう
になります。
■光山流相法の特色は、江戸時代からの人相のあらゆる秘伝がきれいに整理
され、しかも適中するものだけが取り上げられているという点にあります。占いで
よく当たるということくらい魅力のあるものはありません。光山相法はともかく実
験してみれば、すぐわかります。それは、長い間の光山先生の実験と学理上の
納得のいく説明がされているからです。
 中国五術の透派・張耀文先生も日本の占術は一つとして満足なものはないが
光山相法(他の人相はもちろんだめである)だけは、すばらしいの一語につきる、
と述べられていました。

《 あとがき より 》 
 本書に述べられている事は、どれ一つをとってもすばらしい内容のものです。
というのは、これまでの人相の秘伝を大熊光山先生が実際に試してみて、それ
を一つ一つ光山流相法として編纂しなおしてあるからです。

 林文嶺翁の秘伝も、山口千枝翁の秘伝も、その他江戸時代より伝えられたあ
らゆる秘伝が、すべて光山流としてまとめられているのです。

 本書には二つの特色があります。
 一つは、初学者向きの人相の基本がことこまかに述べられています。
 二つは、奥伝者向きの画相の見方、気色や血色の学び方と見方、人相によ
る諸雑占法のすべてが、ことこまかに述べられています。ですから、本書を十
分に習得することにより、人相の堂奥に達することは誰でも可能です。

(略)光山先生は気色画相の人相判断を「誰にも出来るのであり、決して霊感
とか妄想ではない。ただ画相気色を見る目の修練を十分にやるだけである。
画相気色が難しい、というがそれは目を慣らさないからだ。タクシーの運転手
の人が夜の対向車のライトに目がくらまないと同じように人相を見るためには、
画相気色の目を作ることだ。
それをやらないで画相や気色は妄想、などと言っているのは怠慢である」と断
言しておられました。

 昔の光山先生の勉強時代の話です。初代目黒玄竜子先生に火事の相を教
えてもらったら、その翌日から一週間のおひまをいただき、新聞を開いては火
事にあった家を探して出かけていったそうです。

 そして火難の相は火事にあった一週間後ぐらいでも出ているから、火事場に
いって、その人の相を見て火難の相を体得したということです。
 また、同じようにして死相病相を教われば、翌日から大病院の待合室や死体
安置室、葬儀屋に出かけていき、そこに出入りする人の顔に、病相死相が出
ているかどうかを確かめ、人相を究明したそうです。
 年忌や法事の相を教われば、上野の寺に行き、そこに集まる人の相を見て、
本当に教わったとおりの年忌や法事の相が出ているかどうかを実験したそう
です。

 光山先生の人相のすばらしさは、こうした血の出るような尊い実験を積み重
ねたところにあるのです。
 ゆえに光山相法はよく当たるのです。本書に述べられている、一見して不思
議そうに思える人相判断の秘伝は、一つとして空理空論や適中しないものは
述べてありません。

 私(六龍)は短い期間(十五年余)でしたが、大熊光山先生に師事し、人相と
五行易の教えを受けました。今もってこれを生涯の徳としています。その間、
先生は何日も私の家に泊まられることがありましたが、本書に書かれている
人相のあらゆる見方を、先生が実地に応用して活断しているのを目の当たり
に見ることが出来ましたし、また私も身をもって体験もしたものなのです。(略)

〔入門基本篇〕 三停論/五岳論/紋理篇/欠陥論/赤脈論/十二宮論/
十三部位論/挙動論/天真論/相格論/女人相法/
〔血色・気色・画相篇〕 気色観法と鍛錬法/気色・血色の判断法/画相の
見方
〔観相奥義篇〕 光山流主要四十部位論/主要四十部位の見方/天中より
地庫までの主旨
〔当用血色篇〕 血色の種別/神動線の根底/血色の習性/鑑定上の注意
/苞の種類
〔当用事項鑑定秘伝〕 目的希望/事業職業/就職/昇進/退職免職/縁
談/金談/交渉掛合/訴訟/出願許可/試験/移転/建築増作/火難水
難盗難/色情/散財遺失/手形印章/その他七十九項目の鑑定法
                   

★再版『人相活断大事典』について★ 

再版『人相活断大事典』は、初版の本書籍の本文を画像にして印刷、再版した
ものです。
そのため、一部の活字に少々不明瞭な点がございます。
判読に支障はございませんが、あらかじめ、ご了承の上で、ご注文くださいます
ようお願いいたします。
乱丁・落丁以外の返本お取り替えはいたしません。

初版本は17,850円(税込)でしたが、再版分は、並製本であり、前述のよう
な印刷事情がございますので、お求めやすい価格13,650円で販売させてい
ただきます。