【閉店のお知らせ】
弊社は諸般の事情により、5/31をもって解散することになりました。
それに伴い、当オンライン書店は、4/30(火)午後5時をもちまして
閉店いたします。
長きにわたりご愛顧を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。







【お問合せ・資料請求】

フリーダイヤル : 0120-289-850

四柱推命

本年もよろしくお願いいたします








謹賀新年


5月31日まで、よろしくお願いいたします。











秘伝書『子平金玉満堂秘録』のおすすめ



秘伝書


『子平金玉満堂秘録』







佐藤六龍秘授

(大判・布表紙和綴じ極上製本・オフセット美術印刷・和装美麗帙入り・外函ボール)
  


四柱推命で最も重要な財帛(正財・偏財)について、あらゆる面から究明した秘伝。

子平における貧命と富命の区別・財運の象意・財帛星の順悖・十干別の喜財と忌財の作用。



※本書は、秘伝書のため、下記のお申込資格を
満たした方へのみ販売いたします。
必ず、ご確認くださいますようお願いいたします。

◆お申し込み資格◆
以下の書籍を当社から直接購入した方。
四柱年運鑑定秘法 11,550円
四柱推命実践命譜 13,125円
子平推命合婚法   13,650円
子平推命実占講義 15,750円



― 干関係による富貧の分析とその判断 ―





◆本秘伝書の内容◆


四柱推命術において「財帛」(正財・偏財)ほど重要なものはありません。推命術では変通星はすべて、喜神星なら命中に出てほしい、忌神星なら中心に出ていたら大凶、忌神星は命中にないことが吉兆の条件 ― とされているのは、四柱推命術の常識です。

ところが「財帛」(正財・偏財)にかぎっては、この喜忌の原則があてはまりません。もちろん喜財の財帛星が出ているのが吉兆なのは当然です。しかし財帛星が忌神であっても命中に出ていなければ、その命式の人はよい運勢とはいえないのです。

人間にとっていかにこの「財帛」が大切かということを如実にものがたるのが、この四柱推命の「財帛」(偏財・正財)の原則といえましょう。忌神の財星でも出ていなければだめ、という点がこの財帛の極意なのです。

人間の宿命ともいうべき運勢は、四柱推命術の命式において、

1.財帛星が喜神であること
2.喜神の財帛なら命中に出ていること
3.喜神の財帛なら強いこと
4.忌神の財帛であっても命中に出ていること

の四大条件がなければ、まず人並みの人生は送れない、といっても過言ではないでしょう。
この一番重要な「財帛」(偏財・正財)について、あらゆる面から究明したのが本秘伝です。

一、子平における貧命と不明の区別がとかれています。
一、財運の象意がとかれています。
一、財帛星の順と惇がとかれています。
一、十干別の喜財の作用がとかれています。
 数の多さによる喜財/根の強さによる喜財/他干よりの扶助による喜財/行運による喜財
一、十干別の喜財の作用がとかれています。
 数の少なさによる忌財/根の弱さによる忌財/他干よりの抑制による忌財/行運による忌財
一、財帛の象意がくわしくとかれています。
 楽財の苦財/正財と横財/洩財と保財



【内容(目次抜粋)】

子平財帛星の究明
 子平における財の定義
 富命と貧命
 財を構成する十干
 財帛の基本的象意

甲木の喜財と忌財
 実例1・富屋貧人の命

乙木の喜財と忌財
 実例2・晩景貧賤の命

丙火の喜財と忌財
 実例3・忌財発狂の命

丁火の喜財と忌財
 実例4・食神正財の命

戊土の喜財と忌財
 実例5・身旺財弱の命

己土の喜財と忌財
 実例6・害印貧賤の命

庚金の喜財と忌財
 実例7・先貧後富の命

辛金の喜財と忌財
 実例8・財多身旺の命

壬水の喜財と忌財
 実例9・先富後貧の命

癸水の喜財と忌財
 実例10・制財比劫の命



【子平金玉満堂秘録とは】

「金玉満堂」とは、「金銀財宝が家中に満ちている」という中国の非常にめでたい話です。中国ではお正月にこの語を朱で書き、門口にはって招福財運を願うのです。

中国では昔から「倉稟(そうりん)みつれば礼節を知る」といって、ともかく家の中に財がなければ礼も社会生活もすべてはじまらない、財があってこそ人間生活なのだ、というすばらしい現実的な処世術の哲学をもっています。

四柱推命も同じです。人間の生活に欠くことのできない必須条件を、推命術の変通星にあてはめ、比肩・劫財を実行力/食神・傷官を表現力/偏財・正財を経営力/偏官・正官を奉仕力/偏印・印綬を吸収力として、これらの喜神・忌神を活用しています。

この中で、「財帛」(偏財・正財)は、日干(自己)が他を剋すという、社会生活における対人関係の強弱に主眼をおいた点を重要とし、そこから、あらゆる物質運、運勢の変化運、配偶者運、死期の判定 ― などの数々の秘法を考えたものが、この四柱推命術における「財帛」なのです。
この「財帛」を、あらゆる角度から究明したのが本書です。




【子平金玉満堂秘録の特徴】

一、喜財と忌財とにわけ平易にといてありますから、命式の喜忌さえ取れる人ならすぐわかります。
一、人間の運勢における物質運・財帛に関する一切のことが、収入・支出・蓄財の三方面
から、くわしく述べてあります。
一、財帛に関する種類が、十干関係、命式の配合状態から、実際に応用できるように区別されて書いてあります。
一、甲木の喜財・忌財から癸水の喜財・忌財迄、十章二十節にわけて、平易にといてあります。
一、一章ごとに、実例命式の富命・貧命が参考としてあげられ、解説されています。
一、十干の特殊干関係が事こまかに説いてありますから、財運以外にも、四柱推命術における干関係を本秘法によってマスターすることができます。
一、流年における財が述べてあります。



〔ご注意〕
本書は占術の最高秘伝書ですから、内容とその価値と伝授料とをご自分が納得いくまでご検討のうえ、お申し込み下さい。本秘伝書はその内容で皆様に喜んでいただけるものと確信しております。他書との比較で伝授料を云々されることはご容赦ください。ご購入後の返本・お取り替えはいたしません。(乱丁・落丁を除く)



★購入ご希望の方は、お問合せください★
フリーダイヤル:0120-289-850











全掲載書籍を割引販売中!【オンライン書店】




現在、オンライン書店に掲載の全書籍を
10%引 割引販売中!









各書籍は、売り切れ次第に終了。
在庫限りです。





147-12






★数量限定・最新刊・12/6入荷予定★


子平比翼450-450バナー小



お早めにどうぞ!





新刊 『子平比翼推命術』 佐藤六龍先生遺稿!少部数限定!お早めにお求めください!



★12月初旬入荷予定★



数量限定!




佐藤六龍先生遺稿   少部数限定発行


透派四柱推命の極意

「十干推命」の本領を発揮した秘法

真の「官殺生印・食傷生財・財旺生官」


【 秘法 子平比翼推命術 】

- 透派 十干推命の真髄 -





佐藤六龍著(A5判・上製函入) 定価 9,720円(税込)


《発刊記念割引》 (2019/2/28まで)
一般の方:8,740円(10%引)
会員の方:7,770円(20%引)
※送料サービス



生年月日時の干支八字のみで、人の運命を指し示す「四柱推命」。 

わずか八字で、人間(ひと)の運命を語り尽くす、なんという占術!


それは、宇宙の時間を表記した干支に、なんの手も加えず、
その干支のみを純粋に用いたからこそ、逆に幅の広い、
奥深い「四柱推命」が誕生したのです。







十二支は季節との関係が大きく、十干は宇宙の全体像を現し、さらに十干と十干 の関係性が、この複雑な人間社会を表現しています。この十干というものを熟知してはじめて、「四柱推命」本来の素晴らしさを享受できると言えるでしょう。

「比翼」とは、命中における二つの六親星(変通星)の関係を指し、それが命式にとって吉い作用をしている場合を言います。「官殺生印・食傷生財・財旺生官」の三種です。

本書では、この三種の「比翼」に、それぞれ成立の五条件というものを設けて、明確に定義しています。そして、どのような三干の組み合わせが比翼の吉命として成立するのか、具体的に記述してあります。たんに五行的な生剋ではなく、十干の特質と作用の有無から見た比翼の関係です。


■「官殺正印・食傷生財・財旺生官」の吉命とは、どんな干の組み合わせかが一目で分かります。

■十干の特質・十干と十干の作用の関係が分かります。

■「官殺生印・食傷生財・財旺生官」の実例命式…20例。


◆「天寒地凍・火炎土燥・官殺混雑・木火通明」の命の定義と、実例命式…10例



本書の前に、必ず『四柱推命活用秘儀』 をお読みください。
『四柱推命十干秘解』『四柱推命術極秘伝』『四柱推命術密儀』 をお読みになると、いっそう理解が深まります。








四柱を学ぶならここまでは読んで欲しい!『四柱推命十干秘解』






この秋オススメの一冊!





『四柱推命十干秘解』





佐藤六龍・張耀文著

(A5判・219頁・並製本・平成24年9月再版)




『神峯通考・十干体象詩』註解
『陳素庵・命詩郡芳譜』註解



推命学最高秘伝の十干関係を究明した奥義書。
女性命式判断法の命詩群芳譜の日本初公開書。
唐詩と十干十二支の文字関聯性をといた稀書。

一般の相生相剋とはまったく異なった五行生剋。
命式の決め手となる十干の特色とその応用法。
吉凶さまざまな女性命式の実際の鑑定実例集。




■中国式の正しい四柱推命術は、用神を決めてそれに対する喜神と忌神で、あらゆる吉凶判断が下せますが、やはり最後の決め手となるのは十干です。というのは、十干はこれまで日本で考えられていたような、単なる相生と相剋だけの作用では正しい推命判断は見られないからです。

十干にはそれぞれの特色とその特殊な干の作用があるのです。十干を究明しますと、命式の十干の配合状態、十干同士の相互関係、喜神と忌神の十干の作用――などがそれによってはっきりします。

■本書には、これらの推命術における十干に関するあらゆる事を究明した秘伝が、平易にしかもくわしく述べられています。これらの十干の特性とその作用を無視しては推命術は成り立ちませんし、正しい鑑定はもちろんできません。

■四柱推命を少しやった方は、用神と喜神忌神が大切なあまり、この十干の特性と作用よりも用神忌神喜神が重要であるという風に誤って考えられていました。しかしそれは明らかに間違いです。用神と喜神忌神は推命術の基本ですから、重要とか大切というものではなく、絶対に必要なもので、この用神と喜神忌神が決定しなければ推命は一歩も進まないのです。それに対して、本書に述べてある十干の特性とその作用は、推命を鑑定をする上において、奥義活用法の秘伝なのです。



【内容】

■推命術の鑑定において十干が重要という証拠には、十干の特性とその作用、十干の相互関係――を無視しますと、「貴命と賤命」「富命と貧命」「成功と失敗」「吉命と凶命」のはっきりとした区別の断が下せません。
また、命式に対する「貴賤・富貧・成敗・吉凶・禍福・忙閑・寿夭」の難易大小軽量がまったくわかりません。

■貴命といっても、町のの女性事務員が玉の輿の社長夫人になるのと、無位の女性が一国の皇太子妃になるのとでは、天と地ほどの大きな違いがあります。これを見分けるには、十干の配合でなければ、絶対に見られません。

■財運のある命式といっても、五千万の財運と五億の財運ではその差が大きすぎます。また、その財を築く過程も違います。五千万を稼ぐのに遊びながら楽に儲けた人、五億稼ぐのに血へどをはきながら夜も寝ずに稼いだ人では、その財の大小は別として蓄財の過程における難易が大きく違います。これらを見分けるには、十干の特性とその干関係の作用によらなければ、絶対に見られません。

■以上、本書はこうした十干の特性、その作用、十干同士の相互作用とその作用の傾向、十干に対する十二支の関係とその喜忌の軽重―― というあらゆる面を究明した秘書で、十干推命を研究するためには必読の書といえましょう。



一、各十干の特性がくわしく説いてあります。

例えば、丙火は太陽の火のようなもののため、その特性は他干に強く作用し、五行強弱関係も難しい。

二、各十干に対する十二支の関係とその作用がくわしく説いてあります。

例えば、甲木の根として十二支は、寅・卯・辰・未・亥の各
十二支があるが、甲木に根としての作用は辰と未がいちばん良い。

三、各十干に対するに対する調候作用がくわしく説いてあります。

例えば、甲木に対して、燥と湿の調候関係は、丙火と癸水の寅・亥・未・辰関係である。同様に寒と暖の調候関係は、丙火と癸水の生月十二支関係である。

四、各十干に対する扶の作用と抑の作用がくわしく説いてあります。

例えば、弱乙木を扶するには水性よりも甲木を好み、強乙木をを抑するには金性よりも丙火を好む。

五、各十干の相互関係がくわしく説いてあります。

六、女性の命式をあげて、それをくわしく推命鑑定原則にのっとり判断してあります。

例えば、審事としての命式の五行の強弱・格局をさぐり、用神として扶抑用神と調候用神を決定し、喜忌の十干をあげてある。さらに推命として容貌・性情・六親・夫妻・子女・財帛・健康・福徳の判断を述べてある。

本書は二部に構成されています。
その一部は、推命学の秘書といわれる『神峯通考』という書の巻三にある「十天干体象全編論」というものです。ここには、命式全体の十干の配合状態、用神に対して他の干がどのような作用をし、どのような関係を持つか、というのが述べられています。

残る一部は、中国の推命研究家の間で珍重されてきた写本で『命詩郡芳譜』という女性命式判断法の日本初公開です。
















これは外せない!オススメの入門書『四柱推命活用秘儀』













佐藤六龍著 (A5判・並製本・370頁)



本格的推命の入門から奥義鑑定までのすべて
干支の初歩知識から推命術の原理活用法まで
中国に伝わった本格的な推命術の日本初公開

字の読める人ならばすぐに習得できる推命術
初歩の推命をやった人にはすぐに判断が可能
推命の練達者には未発表のすばらしい極秘伝


本書は占術を初めて研究する人(四柱推命を知らない人はもちろん)を始め、
いま研究中の人、推命術に練達な士に、ぜひ一読をお勧めする日本で初めての、
本格的な四柱推命の入門書であり、秘伝書であり、運命吉凶判断法の奥義です。



◇  ◇  ◇  ◇   



日本でこれまで正しい推命術が普及されなかったのは、推命術の根本的な基本原則がわからなかったからです。(日本にいま流布されている四柱推命と称するものは全部まちがいです)そのために幼稚な変通星や十二運星によるまがいものの神殺推命が横行していました。

また、これら以外の推命術でも「用神・喜神・忌神」の本当の意味が不明なため、用神と喜神を混同したり、用神と喜忌の関係がまるでわからなかったりしたいのです。

こうした推命術の重要な決め手となる「用神・喜神・忌神」があやふやのため、吉凶禍福成敗の断が下せず、空亡(天中殺)だの神殺にたより、あたらない四柱推命を難解である、などと誤解していたのです。

またよく的中し、特に一生の行運は他占術にない的中の妙を発揮します。


  ◇  ◇  ◇  ◇ 



しかしもう心配はいりません。
本書によってそれらが一度に解決しました。
いかなる人(初歩の人)でも本書を手にしたそのときから、
前記の推命術の一番大切な決め手の「用神・喜神・忌神」がわかります。
そして、それによって人間の運命の一切の吉凶成敗禍福の判断が誰にも明確に為せます。



☆四柱推命活用秘儀 内容☆


《本書の特色》

■本書は、400字原稿用紙1000枚におよぶ大部なものですが、誰にも理解していただくように三章(入門・審事・判断)にわけ、わかりやすく実例を挙げて、ことこまかに平易に述べてあります。

■やさしく書いてありますから、初めて占術を研究する人でも、また初歩の研究家でもわかります。(第一篇の入門篇)

■これまで占術をやった方は、第二章の推命術審事篇からお読みになると、推命術の基本原則がのみこめます。

■推命術練達の士は、第三章の推命術判断篇を読まれると、人間の運命の吉凶成敗禍福の味方のコツと決め手の秘伝的推命鑑定法が習得できます。

■本書に述べてある推命術は、中国で数千百年来研究史続けられてきた本格的な正統四柱推命術です。
故に、もっとも由緒ある伝統と、しかも現時点においていちばん新しい推命術の総集です。



【本書の内容】

■推命術の決め手は二つあります。即ち「用神と喜神忌神」です。
用神がわかり、喜神忌神が知れましたら、もう推命術は九割習得したと言えます。
この用神のとり方が平易に書いてあります。

■四柱推命によって正しい鑑定をするためには、「格局・用神・喜神・忌神行運の喜忌」の原則を知らなければなりませんが、本書にはそれらのすべてを、ことこまかに述べてあります。

■推命術判断法のあらゆる秘伝が平易に述べられています。
即ち、顔かたちの見方から性情能力判断のすべて。
財帛における貧富とその出入り。
福徳や疫病に関する見方。
両親縁や兄弟子女縁の見方。
配偶者のタイプ性情や縁とその吉凶の判断法 −− などあらゆる人事の吉凶成敗禍福の鑑定法です。

■わかりやすくするために、実例命式を数多くあげてあります。



四柱推命術による鑑定法のコツ

1.生年月日時それぞれの干支の五行の強弱を知ります。
2.干支五行の強弱によって格局を決定します。
3.格局によって、用神を決定します。
4.用神によって、喜神と忌神を決定します。
5.喜神によって、人事百般の吉現象を判断します。
6.忌神によって、人事百般の凶現象を判断します。
7.喜神と忌神によって、一生のめぐりくる運の吉凶禍福成敗を判断します。

以上が、本格的な正しい四柱推命術のすべてです。
本書にはこれらがくわしく述べてあります。

正しい四柱推命は、用神・喜神・忌神によって、人間の運命のあらゆることがすべて的確にわかります。


即ち、

一、その人の形貌(顔形・体格・五官)がわかります
二、その人の性情(思想・行動力・能力)がわかります
三、その人の財帛(収入・貧富・雇用)がわかります
四、その人の疾厄(健康・病原・死期)がわかります
五、その人の福徳(吉凶・寿夭・晩景)がわかります
六、その人の六親(父親・母親・兄弟)がわかります
七、その人の配偶者(容貌・内助・縁)がわかります
八、その人の子女(多少・素質)がわかります
九、その人の一代の行運(運の吉凶・事業・死期)がわかります




★ご注意(運命学入門者の方へ)
弊社の占術関係の書籍には、干支暦がついておりません。
各占術で共通に使えるように、干支暦および各占術の図表などをまとめて、
「増補・五術万年暦」「増補・五術万年暦・追加版」
として別に出版しております。

各占術を学習される上で、万年暦は必ず必要になりますので、
もし、干支万年暦をお持ちでないようでしたら、合わせて
「増補・五術万年暦」「増補・五術万年暦・追加版」を
購入されることをお勧めいたします。








10月新開講【占い教室】中〜上級クラスのご紹介






最後の開講のため、受講希望者様が多数おいでです。
まもなく締め切らせていただきます。







【二十八宿生日推命科】(月1回)


生時不明の人の宿命判断法


生時がわからなくても占えます!
誕生日を知らない人はいません。
突然の鑑定でもすぐ占えます。



四柱推命術も紫薇斗数推命術も密度の濃いすばらしい推命術ですが、生時のわからない人には用いられません。

この「二十八宿生日推命」は、生時のわからない人のための推命術です。

生年月日をもとに、二十八宿星という、その人の生まれ星を出し占います。
性格・相性・職業運……、さまざまなことがわかります。








【五行易高等科】(月2回)


詳しい判断象意と用神・忌神活用法


実占での迷いが解消! 
判断のコツを公開します!


五行易の「総まとめ」として、判断のコツを公開します。

これまで断易をむつかしいと考えていた方は、本講義で一度にそれらの悩みが解消します。

■卦の見方のコツと、その要点を説きます。
■「原神・用神・忌神の三者の関係」を中心に、光山流断易の秘伝を公開します。
■見てよい象意・見てはいけない象意 ― が、五行易にはあります。それをくわしく説きます。








【紫薇推命高等科】(月2回) 

実占鑑定における星と宮の活用法



基礎理論はわかったが、いざ判断となると
迷ってしまうという方、ぜひご受講ください。

紫薇の判断に自信がもてるようになります。



■紫薇推命の高度な密象秘儀を公開。

■吉星凶星の入り混じりで整理のつかなかった人は、本講義で上手に活用できるようになります。
紫薇を活用できるかどうかは、〈星〉の理解度、〈十二宮〉の究明度によります。


◆二十六星に対する条件を、支・宮・配・化の四方面から理解する秘法

◆十二宮に対する条件を、「甲・乙・丙・丁」の四方面から究明する秘法
を、くわしく説いていきます。









【四柱推命中等科】(月2回)

喜神忌神もすぐわかるようになります

初等科修了者のための仕上げ講座!
これまでの不明疑問が一挙に解決


本講座は「命式」をこれ以上くわしく説明できないというくらい、懇切丁寧に強弱・
格局・用神・喜神忌神を説きあかし、初等科修了者のすべての人が、
四柱がわかるようにする画期的な内容です。



■強弱がすぐわかります。           
■格局が誰でもとれるようになります。
― 内格外格の取り方に、特別な分類法(対照法)を用いますから、内格外格の区別がはっきりします。
■喜神・忌神がはっきりと決定できます。
■人の運勢のすべてが、細かく判断できるようになります。
■実例命式の応用ですから、実占鑑定に参考になります。









【奇門遁甲高等科】(月2回)

立向方位と座山方位の体用二大
方位盤と命式による開運活用法


命式の凶兆をおさえ、吉兆を倍加する開運の術!

奇門遁甲の初等科では、吉方位に動いて開運する方法を勉強しますが、
高等科では、移動をしないで、家に居ながらにして吉方使用ができる方法
(座山遁甲方位)を学びます。


また、個人差と目的別の使用法を詳しく説きます


■遁甲術全般の応用活断の密伝までを公開。
■四柱推命術の命式に合わせて、命式の凶兆をおさえ、命式の吉兆を倍加させる、奇門遁甲の最高密儀の地盤干の用い方を公開。
■命式の凶兆がおさえられます。









【四柱推命高等科】(月1回)

命式の吉凶の幅と命式の良悪の質を判断する十干推命

四柱推命に熟達するには、十干の特質を十分に知ることが必要です。
この高等科では、四柱推命における十干の性質や作用の強弱などに
ついて、くわしく勉強します。



命式の喜神忌神に十干の特有な見方を活用して判断する、高等推命法です。
十干には五行の生剋以外に、作用・強弱・順悖の三大特別鑑法があります。
喜神の正財星でも、丁庚の財と辛甲の財では、億の大財と千の小財のちがいがある金銭運になります。         

こうした吉凶の質や幅を、十干によって究明するすばらしい推命判断法です。

■実例命式を豊富に入れて、やさしく説きます。








【四柱行運吉凶古歌集覧科】(月1回)

四柱推命行運の特別秘伝

★ 「行運吉凶古歌集覧」の運晦歌・運通歌・刑剋歌・刑妻歌の漢文進呈


子平術の極め手は、 「運(宿命)の吉凶の断(先天)」「行運の事象の推移(後天)」にあり、
この二点において他占術の追随をゆるしません。

本講義は、行運(後天的な運)において、人間がまきおこすさまざまな吉凶事象について説いた秘伝です。

●運晦歌は、忌神運の事象を述べたものです。 
●運通歌は、喜神運の事象を述べたものです。
●刑剋歌は、父母を剋す年と自己の寿命を述べたものです。
●刑妻歌は、妻を剋す年を述べたものです。









【十干象意・子平遁甲応用科】(月1回)

十干対十干の二干関係の象意・作用の総まとめ


各十干の特性・二干の干関係を、四柱推命の観点からみた象意と、
奇門遁甲の天地盤の作用からみた象意を組み合せ、
簡潔に4文字熟語3語にまとめたものです。


【例】  ○甲加己為根制鬆土 共協互恵 欣欣向栄
     ×己加甲為永不発芽 太公招親 剪刀鉄掃


熟語を紹介したうえで、田淵英宗先生が、わかりやすく説明してくださいます。
四柱判断の象意としても、遁甲の天地盤の吉凶作用の象意としても使用できます。

■十干の特質がすっきりと分かるようになります。
■干関係が体用順悖も含めて総合的に身につきます。







《詳細はこちらをどうぞ》







【占い教室】10月新開講科目!(中級〜上級クラス)








【五行易高等科】(月2回)

詳しい判断象意と用神・忌神活用法

実占での迷いが解消! 
判断のコツを公開します!

五行易の「総まとめ」として、判断のコツを公開します。

これまで断易をむつかしいと考えていた方は、
本講義で一度にそれらの悩みが解消します。


■卦の見方のコツと、その要点を説きます。
■「原神・用神・忌神の三者の関係」を中心に、光山流断易の秘伝を公開します。
■見てよい象意・見てはいけない象意 ― が、五行易にはあります。それをくわしく説きます。








【紫薇推命高等科】(月2回) 

実占鑑定における星と宮の活用法

基礎理論はわかったが、いざ判断となると、
迷ってしまうという方、ぜひご受講ください。
紫薇の判断に自信がもてるようになります。



■紫薇推命の高度な密象秘儀を公開。

■吉星凶星の入り混じりで整理のつかなかった人は、本講義で上手 に活用できるようになります。紫薇を活用できるかどうかは、〈星〉の理解度、〈十二宮〉の究明度によります。

◆二十六星に対する条件を、支・宮・配・化の四方面から理解する秘法
◆十二宮に対する条件を、「甲・乙・丙・丁」の四方面から究明する秘法
を、くわしく説いていきます。







【四柱推命中等科】(月2回)

喜神忌神もすぐわかるようになります

初等科修了者のための仕上げ講座!
これまでの不明疑問が一挙に解決

本講座は「命式」をこれ以上くわしく説明できないというくらい、
懇切丁寧に強弱・格局・用神・喜神忌神を説きあかし、
初等科修了者のすべての人が、
四柱がわかるようにする画期的な内容です。


■強弱がすぐわかります。           
■格局が誰でもとれるようになります。
― 内格外格の取り方に、特別な分類法(対照法)を用いますから、
内格外格の区別がはっきりします。
■喜神・忌神がはっきりと決定できます。
■人の運勢のすべてが、細かく判断できるようになります。
■実例命式の応用ですから、実占鑑定に参考になります。








【奇門遁甲高等科】(月2回)

立向方位と座山方位の体用二大
方位盤と命式による開運活用法

命式の凶兆をおさえ、吉兆を倍加する開運の術!

奇門遁甲の初等科では、吉方位に動いて開運する方法を勉強しますが、
高等科では、移動をしないで、
家に居ながらにして吉方使用ができる方法(座山遁甲方位)を学びます。
また個人差と目的別の使用法を詳しく説きます。

■遁甲術全般の応用活断の密伝までを公開。

■四柱推命術の命式に合わせて、命式の凶兆をおさえ、命式の吉兆を倍加させる、

奇門 遁甲の最高密儀の地盤干の用い方を公開。

■命式の凶兆がおさえられます。









【四柱推命高等科】(月1回)

命式の吉凶の幅と命式の良悪の質を判断する十干推命

四柱推命に熟達するには、十干の特質を十分に知ることが必要です。
この高等科では、四柱推命における
十干の性質や作用の強弱などについて、くわしく勉強します。


命式の喜神忌神に十干の特有な見方を活用して判断する、高等推命法です。
十干には五行の生剋以外に、作用・強弱・順悖の三大特別鑑法があります。
喜神の正財星でも、丁庚の財と辛甲の財では、
億の大財と千の小財のちがいがある金銭運になります。         


こうした吉凶の質や幅を、十干によって究明するすばらしい推命判断法です。

■実例命式を豊富に入れて、やさしく説きます。









【四柱行運吉凶古歌集覧科】

四柱推命行運の特別秘伝


★ 「行運吉凶古歌集覧」の運晦歌・運通歌・刑剋歌・刑妻歌の漢文進呈


子平術の極め手は、
 「運(宿命)の吉凶の断(先天)」「行運の事象の推移(後天)」にあり、
この二点において他占術の追随をゆるしません。

本講義は、行運(後天的な運)において、
人間がまきおこすさまざまな吉凶事象について説いた秘伝です。


●運晦歌は、忌神運の事象を述べたものです。 
●運通歌は、喜神運の事象を述べたものです。
●刑剋歌は、父母を剋す年と自己の寿命を述べたものです。
●刑妻歌は、妻を剋す年を述べたものです。









【十干象意・子平遁甲応用科】


十干対十干の二干関係の象意・作用の総まとめ


各十干の特性・二干の干関係を、四柱推命の観点からみた象意と、
奇門遁甲の天地盤の作用からみた象意を組み合せ、
簡潔に4文字熟語3語にまとめたものです。

【例】  ○甲加己為根制鬆土 共協互恵 欣欣向栄
     ×己加甲為永不発芽 太公招親 剪刀鉄掃

熟語を紹介したうえで、田淵英宗先生が、わかりやすく説明してくださいます。
四柱判断の象意としても、遁甲の天地盤の吉凶作用の象意としても使用できます。

■十干の特質がすっきりと分かるようになります。
■干関係が体用順悖も含めて総合的に身につきます。

















10月新開講!【二十八宿生日推命科】(生まれた時間がわからない人のための推命術)










【二十八宿生日推命科】

(月1回)


生時不明の人の宿命判断法


生時がわからなくても占えます!
誕生日を知らない人はいません。
突然の鑑定でもすぐ占えます。



四柱推命術も紫薇斗数推命術も
密度の濃いすばらしい推命術ですが、
生時のわからない人には用いられません。

この「二十八宿生日推命」は、
生時のわからない人のための推命術です。

生年月日をもとに、二十八宿星という、
その人の生まれ星を出し占います。
性格・相性・職業運……、
さまざまなことがわかります。


















整理して成功するか?佐藤六龍著



整理して成功するか?

佐藤六龍著

(季刊「五術」平成20年6月号掲載文から抜粋)



東京のテレビで、大成功者の永森某という人が、成功と金もうけの秘訣を、声高々に話していました。冷静な頭で考えてみますと、なんでこんなバカが大成功者なのだろうか? 
― と考えてしまいました。45分を、ありきたりの話を力説するだけです。人のやらない事をやる・職場を整理整頓する・道具はおく場所をきめておく……どれをとっても五術上からみますと、まったく成功には関係ない点ばかりです。

そして今が成功のチャンスである、どこの会社でも私の言ったこの事をやれば大成功する、日本だけではない、外国でもやっていける ― というのです。

私は、いつも思うのですが、こうした人々は、運なり運命というものを、まったく考えないようです。私が言うのは、占術の運なり運命を言うのではありません。(もちろん五術上から言えば成功には、この占術の運が入っているのですが)。占術とは別に、運なり運命なりチャンスなりがある、ということをどうして認めないのだろうと、不思議に思うのです。

たびたび記すことですが、任天堂の社長は、はっきりと努力やアイデアとは別に運(占術の運ではないらしい)が大切だ、という事を述べています。

この番組では、成功者の社長と作家の村上龍が出ていたのですが、さすがに村上龍は最後におもしろい事を相手に言い出しました。

「誰でもあなたのような事をすべてやり出したら、どうなるのですか?」 ― 言外には、誰でもやれる職場の整理整頓、道具の置き場所の管理などは、皆がやり出したらどうなる?というより、もっと別な成功の因があるのでは? ― という意らしいのです。
 
「いや、そうなったら、競争がはげしくなり、成功しにくくなります 」 ― という歯切れのわるい解答でした。

占術の運でも、占術以外の運でも、それを認めていたら、村上の説には明確に答えられるはずです。どうして一般の成功者は、大きな意味の運を考えないのでしょう。




ribon




五術占い全書925-300syo











月別アーカイブ
お知らせ



最新刊!
《佐藤六龍先生遺稿》
少部数限定発行!

『子平比翼推命術』


- 透派 十干推命の真髄 -


佐藤六龍著
(A5判・上製函入)
定価 9,720円(税込)


《発刊記念割引》
(2019/2/28まで)
一般の方:8,740円(10%引)
会員の方:7,770円(20%引)
※送料サービス


「比翼」とは、命中における二つの六親星(変通星)の関係を指し、それが命式にとって吉い作用をしている場合を言います。「官殺生印・食傷生財・財旺生官」の三種です。

本書では、この三種の「比翼」に、それぞれ成立の五条件というものを設けて、明確に定義しています。そして、どのような三干の組み合わせが比翼の吉命として成立するのか、具体的に記述してあります。たんに五行的な生剋ではなく、十干の特質と作用の有無から見た比翼の関係です。






フリーダイヤル
0120-289-850

livedoor プロフィール

kososha

記事検索
QRコード
QRコード