◇◇◇◇◇ 書籍のご紹介 ◇◇◇◇◇


  【 四柱推命活用秘儀 】


本格的推命の入門から奥義鑑定までのすべて
干支の初歩知識から推命術の原理活用法まで
中国に伝わった本格的な推命術の日本初公開

si-katu
  












  A5判・函入り   佐藤六龍著  定価 5,040円(税込)


字の読める人ならばすぐに習得できる推命術
初歩の推命をやった人にはすぐに判断が可能
推命の練達者には未発表のすばらしい極秘伝

本書は占術を初めて研究する人(四柱推命を知らない人はもちろん)
を始め、いま研究中の人、推命術に練達な士に、ぜひ一読をお勧め
する日本で初めての、本格的な四柱推命の入門書であり、秘伝書で
あり、運命吉凶判断法の奥義です。

日本でこれまで正しい推命術が普及されなかったのは、推命術の根
本的な基本原則がわからなかったからです。(日本にいま流布され
ている四柱推命としょうするものはぜんぶまちがいです)そのため
に幼稚な変通星や十二運星によるまがいものの神殺推命が横行して
いました。

また、これら以外の推命術でも「用神・喜神・忌神」の本当の意味
が不明なため、用神と喜神を混同したり、用神と喜忌の関係がまる
でわからなかったりしたいのです。
こうした推命術の重要な決め手となる「用神・喜神・忌神」があや
ふやのため、吉凶禍福成敗の断が下せず、空亡(天中殺)だの神殺
にたより、あたらない四柱推命を難解である、などと誤解していた
のです。

またよく的中し、特に一生の行運は他占術にない的中の妙を発揮し
ます。

しかしもう心配はいりません。本書によってそれらが一度に解決し
ました。
いかなる人(初歩の人)でも本書を手にしたそのときから、前記の
推命術の一番大切な決め手の「用神・喜神・忌神」がわかります。
そして、それによって人間の運命の一切の吉凶成敗禍福の判断が誰
にも明確に為せます。


☆四柱推命活用秘儀 内容☆


《本書の特色》

■本書は、四百字原稿用紙千枚におよぶ大部なものですが、誰にも
理解していただくように三章(入門・審事・判断)にわけ、わかり
やすく実例を挙げて、ことこまかに平易に述べてあります。

■やさしく書いてありますから、初めて占術を研究する人でも、ま
た初歩の研究家でもわかります
(第一章の入門篇)

■これまで占術をやった方は、第二章の推命術審事篇からお読みに
なると、推命術の基本原則がのみこめます。

■推命術練達の士は、第三章の推命術判断篇を読まれると、人間の
運命の吉凶成敗禍福の味方のコツと決め手の秘伝的推命鑑定法が習
得できます。

■本書に述べてある推命術は、中国で数千百年来研究史続けられて
きた本格的な正統四柱推命術です。
故に、もっとも由緒ある伝統と、しかも現時点においていちばん新
しい推命術の総集です。


【本書の内容】

■推命術の決め手は二つあります。即ち「用神と喜神忌神」です。
用神がわかり、喜神忌神が知れましたら、もう推命術は九割習得し
たと言えます。
この用神のとり方が平易に書いてあります。

■四柱推命によって正しい鑑定をするためには、「格局・用神・喜
神・忌神行運の喜忌」の原則を知らなければなりませんが、本書に
はそれらのすべてを、ことこまかに述べてあります。

■推命術判断法のあらゆる秘伝が平易に述べられています。
即ち、顔かたちの見方から性情能力判断のすべて。
財帛における貧富とその出入り。
福徳や疫病に関する見方。
両親縁や兄弟子女縁の見方。
配偶者のタイプ性情や縁份とその吉凶の判断法−−などあらゆる人
事の吉凶成敗禍福の鑑定法です。

■わかりやすくするために、実例命式を数多くあげてあります。


四柱推命術による鑑定法のコツ

1.生年月日時それぞれの干支の五行の強弱を知ります。
2.干支五行の強弱によって格局を決定します。
3.格局によって、用神を決定します。
4.用神によって、喜神と忌神を決定します。
5.喜神によって、人事百般の吉現象を判断します。
6.忌神によって、人事百般の凶現象を判断します。
7.喜神と忌神によって、一生のめぐりくる運の吉凶禍福成敗を判
断します。

以上が本格的な正しい四柱推命術のすべてです。本書にはこれらが
くわしく述べてあります。

本書を読んだ後には「四柱推命十干秘解 四柱推命術奥義◆四
柱推命術極秘伝・増補四柱推命五大秘伝集ぁ四柱推命術密儀ァ
(番号は読む順)の各書によって十干の秘義による推命術をマスター
してください。

正しい四柱推命は、用神・喜神・忌神によって、人間の運命のあら
ゆることがすべて的確にわかります。

即ち、

一、その人の形貌(顔形・体格・五官)がわかります
二、その人の性情(思想・行動力・能力)
三、その人の財帛(収入・貧富・使用)
四、その人の疫厄(健康・病原・死期)
六、その人の六親(父親・母親・兄弟)
七、その人の配偶者(容貌・内助・縁份がわかります
八、その人の子女(多少・素質)
九、その人の一代の行運(運の吉凶・事業・死期)がわかります。