秘伝書


『子平金玉満堂秘録』







佐藤六龍秘授

(大判・布表紙和綴じ極上製本・オフセット美術印刷・和装美麗帙入り・外函ボール)
  


四柱推命で最も重要な財帛(正財・偏財)について、あらゆる面から究明した秘伝。

子平における貧命と富命の区別・財運の象意・財帛星の順悖・十干別の喜財と忌財の作用。



※本書は、秘伝書のため、下記のお申込資格を
満たした方へのみ販売いたします。
必ず、ご確認くださいますようお願いいたします。

◆お申し込み資格◆
以下の書籍を当社から直接購入した方。
四柱年運鑑定秘法 11,550円
四柱推命実践命譜 13,125円
子平推命合婚法   13,650円
子平推命実占講義 15,750円



― 干関係による富貧の分析とその判断 ―





◆本秘伝書の内容◆


四柱推命術において「財帛」(正財・偏財)ほど重要なものはありません。推命術では変通星はすべて、喜神星なら命中に出てほしい、忌神星なら中心に出ていたら大凶、忌神星は命中にないことが吉兆の条件 ― とされているのは、四柱推命術の常識です。

ところが「財帛」(正財・偏財)にかぎっては、この喜忌の原則があてはまりません。もちろん喜財の財帛星が出ているのが吉兆なのは当然です。しかし財帛星が忌神であっても命中に出ていなければ、その命式の人はよい運勢とはいえないのです。

人間にとっていかにこの「財帛」が大切かということを如実にものがたるのが、この四柱推命の「財帛」(偏財・正財)の原則といえましょう。忌神の財星でも出ていなければだめ、という点がこの財帛の極意なのです。

人間の宿命ともいうべき運勢は、四柱推命術の命式において、

1.財帛星が喜神であること
2.喜神の財帛なら命中に出ていること
3.喜神の財帛なら強いこと
4.忌神の財帛であっても命中に出ていること

の四大条件がなければ、まず人並みの人生は送れない、といっても過言ではないでしょう。
この一番重要な「財帛」(偏財・正財)について、あらゆる面から究明したのが本秘伝です。

一、子平における貧命と不明の区別がとかれています。
一、財運の象意がとかれています。
一、財帛星の順と惇がとかれています。
一、十干別の喜財の作用がとかれています。
 数の多さによる喜財/根の強さによる喜財/他干よりの扶助による喜財/行運による喜財
一、十干別の喜財の作用がとかれています。
 数の少なさによる忌財/根の弱さによる忌財/他干よりの抑制による忌財/行運による忌財
一、財帛の象意がくわしくとかれています。
 楽財の苦財/正財と横財/洩財と保財



【内容(目次抜粋)】

子平財帛星の究明
 子平における財の定義
 富命と貧命
 財を構成する十干
 財帛の基本的象意

甲木の喜財と忌財
 実例1・富屋貧人の命

乙木の喜財と忌財
 実例2・晩景貧賤の命

丙火の喜財と忌財
 実例3・忌財発狂の命

丁火の喜財と忌財
 実例4・食神正財の命

戊土の喜財と忌財
 実例5・身旺財弱の命

己土の喜財と忌財
 実例6・害印貧賤の命

庚金の喜財と忌財
 実例7・先貧後富の命

辛金の喜財と忌財
 実例8・財多身旺の命

壬水の喜財と忌財
 実例9・先富後貧の命

癸水の喜財と忌財
 実例10・制財比劫の命



【子平金玉満堂秘録とは】

「金玉満堂」とは、「金銀財宝が家中に満ちている」という中国の非常にめでたい話です。中国ではお正月にこの語を朱で書き、門口にはって招福財運を願うのです。

中国では昔から「倉稟(そうりん)みつれば礼節を知る」といって、ともかく家の中に財がなければ礼も社会生活もすべてはじまらない、財があってこそ人間生活なのだ、というすばらしい現実的な処世術の哲学をもっています。

四柱推命も同じです。人間の生活に欠くことのできない必須条件を、推命術の変通星にあてはめ、比肩・劫財を実行力/食神・傷官を表現力/偏財・正財を経営力/偏官・正官を奉仕力/偏印・印綬を吸収力として、これらの喜神・忌神を活用しています。

この中で、「財帛」(偏財・正財)は、日干(自己)が他を剋すという、社会生活における対人関係の強弱に主眼をおいた点を重要とし、そこから、あらゆる物質運、運勢の変化運、配偶者運、死期の判定 ― などの数々の秘法を考えたものが、この四柱推命術における「財帛」なのです。
この「財帛」を、あらゆる角度から究明したのが本書です。




【子平金玉満堂秘録の特徴】

一、喜財と忌財とにわけ平易にといてありますから、命式の喜忌さえ取れる人ならすぐわかります。
一、人間の運勢における物質運・財帛に関する一切のことが、収入・支出・蓄財の三方面
から、くわしく述べてあります。
一、財帛に関する種類が、十干関係、命式の配合状態から、実際に応用できるように区別されて書いてあります。
一、甲木の喜財・忌財から癸水の喜財・忌財迄、十章二十節にわけて、平易にといてあります。
一、一章ごとに、実例命式の富命・貧命が参考としてあげられ、解説されています。
一、十干の特殊干関係が事こまかに説いてありますから、財運以外にも、四柱推命術における干関係を本秘法によってマスターすることができます。
一、流年における財が述べてあります。



〔ご注意〕
本書は占術の最高秘伝書ですから、内容とその価値と伝授料とをご自分が納得いくまでご検討のうえ、お申し込み下さい。本秘伝書はその内容で皆様に喜んでいただけるものと確信しております。他書との比較で伝授料を云々されることはご容赦ください。ご購入後の返本・お取り替えはいたしません。(乱丁・落丁を除く)



★購入ご希望の方は、お問合せください★
フリーダイヤル:0120-289-850